車検に必要な書類

  1. トップページ
  2. 車検に必要な書類

車検を受けるには、必要な書類を揃えなければなりません。とはいっても、その書類が何なのかを詳しく把握している方は少ないはず。そこでここでは、“車検に必要な書類”について詳しくご紹介します。車を所有している方、これから所有しようと考えている方は、このページを参考に必要な書類を把握しておきましょう。

車検までに用意しておきたい3つの基本書類

車検を有効期限までに受けなかった場合、“公道を走行することができなくなる”といった罰則が課せられます。これを回避するためにも、そして何の支障もなく車の走行を楽しむためにも、車検は有効期限までに受けたいものです。そのためには、前もって以下にて紹介する書類を揃えておく必要があります。

・車検証

車検証は、車が安全に走行できることを証明する書類です。該当車に関する詳しい情報が記載されています。この書類は、車に常備しておかなければならず、万が一書類をなくした場合には、早期で再発行をしてもらう必要があります。車検では車検証を確認して、記載内容と車の状態に相違がないかを確認します。

・自動車損害賠償責任保険証明書

車を所有している方には、自賠責保険への加入が義務付けられています。そのため車検では、自賠責保険に加入しているかどうかを確認します。その際、加入の証拠を裏付けるのが“自動車損害賠償責任保険証明書”です。万が一この証明書の内容にミスなどがあると、車検を受けられなくなってしまうため、事前にチェックしておくことが大切です。なお、ミスがある場合は加入している保険会社に訂正してもらう必要があります。

車検では、紹介した3つの書類以外にも、安全な車かをチェックするために必要な自動車検査票、自動車重量税を納めるために必要となる自動車重量税納付書などを用意することがあります。そのため車検を受ける際は、事前に利用する場所へ必要書類の確認をしておくことが大切です。

・自動車納税証明書に注意!

車検を受ける際に必要な書類のなかでも、“自動車納税証明書”を提示する際には注意が必要です。というのも、自動車納税証明書の不備が原因で車検を受けることができないというケースが多いためです。

不備として多いのは、“納税証明書の有効期限が過ぎている”、“領収書のみを持ってくる”など。有効期限は納税証明書に記載がありますから、事前にきちんと確認しておきましょう。また、領収書だけの提示では車検を受けることができません。領収書と納税証明書は一組となっているため、納税証明書を切り離さずそのまま提示するようにしましょう。

万が一納税証明書をなくしてしまった場合には、県税事務所にて再発行の手続きが可能です。車検を受けるまでに、再発行の手続きを済ませておくようにしましょう。

スムーズに車検を受けるために

車検は基本的に2年に1回ということもあり、人によっては必要書類を忘れてしまいがちです。また、初めて車検を受ける方にとっては、「何が必要なのか分からない」ということもあるかもしれません。今回紹介した必要な書類を把握しておけば、いざ車検を受けるとなったときに、きっと役立てることができるはずです。車検をよりスムーズに済ませることができるよう、今一度必要になる書類を確認しておきましょう。