車検に関する基礎知識

  1. トップページ
  2. 車検に関する基礎知識

車を所有している方は、定期的に車検を受ける必要があります。その車検は安全に、そして快適に車を使用していくために大事なもの。そこで、このページでは「車検とはどんなものか?」、「車検の種類は?」など、車検に関する基礎知識をご紹介します。

車検とは“車の健康状態”をチェックするもの

車検とは”自動車検査登録制度”の略です。安全に走行できるかを判断するため、また車の所有を認めてもらうために、専門業者にて行われる点検・整備のことを指します。

もし車検を受けずにいると、車の故障に初期で気付くことができず、路上でエンストを起こすなどトラブルにつながる可能性があります。また、走行時にタイヤが外れてしまい、命に関わる重大な事故に発展してしまう可能性もあります。

車検は、こういったことがないよう、万全な状態で車を走行させるために重要な“車の健康状態”をチェックするために欠かせないものなのです。

以前は、車検が受けられるのはディーラーと民間の整備工場でした。ですが最近では、ガソリンスタンドやカー用品店、車検専門フランチャイズ店などさまざまな場所で受けられるようになっています。いつも利用している馴染み深いガソリンスタンドで、カー用品を購入する際にお世話になっているカー用品店で、などというように、自身で自由に選択できるのです。

新規検査、継続検査、構造等変更検査の違い

車検には、新規検査、継続検査、構造等変更検査の3種類があります。ここでは、それぞれの検査の違いを簡単に説明していきます。

・新規検査

まだ車両ナンバーを設定したことのない車に行われるのが新規検査です。ディーラーから新車を購入する際、車の車両ナンバーを初めて設定することになりますが、新規検査はディーラーが進めてくれるため一般の方が関わる機会は少ないといえます。

・継続検査

多くの方がイメージする車検が、この継続検査のことです。車検証に記載されている有効期限以降も引き続き車を所有する場合には、継続検査を受けることになります。この継続検査は、基本的に車検証の有効期限である1ヶ月前から受けることが可能です。

・構造等変更検査

車の長さや高さなどを変更したときに受けるのが、構造等変更検査です。一般的に車には、安全に走行するために満たしておくべき保安基準(高さや長さ、形状など)があります。そのため、改造後は構造等変更検査を受け、基準を満たしているのか確認する必要があります。

定期的な車検を忘れずに!

車を安全に使用していくなら、定期的に車検を受けることが大切です。安全基準を満たしている車のみ公道の走行が許可されているため、車を所有する方は必ず車検を受けるようにしましょう。それにより、快適なカーライフを送ることができます。