枚方・交野・寝屋川の軽未使用車・新車ならカミタケモータース

大阪最大級・軽自動車・未使用車専門店カミタケモータース

自動車税のおはなし vol2

2018年5月17日 / 良い情報, 販売, その他 by


こんにちわ。

枚方本店 営業部 WEBスタッフの正木です^^

 

 

前回

https://www.kamitake.net/blog/2018/05/1037/

からの続き

 

 

3月・4月に自動車をご購入・ご納車の方によくある

「下取りに出したはずの車の納税通知書が届いてびっくり!」という話ですが、

トラブルにならないための回避パターンをいくつかご紹介します。

 

■パターン1

(3月末のご納車の場合)下取りの自動車(軽自動車)の移転・抹消を

3月31日までに必ず完了できることを確認する。

→要は4月1日に車の所有が離れていればよいわけですので、

賦課期日までに移転登録や抹消手続き(いわゆる廃車)が完了していれば、

納付書が届くことはありません。(^_-)-☆

 

■パターン2

(4月をまたいでからのご納車の場合その1)

下取りの自動車を抹消登録することの取り決めをしておく。

→年度中に一時抹消or永久抹消(いわゆる廃車というヤツです)を行った場合は、

抹消登録を行った翌月以降の税額が月割りで還付される制度があります。

このとき、きちんと納期限までに全額納付が完了していることが前提ですのでご注意くださいね。

詳しい月割り税額はこちら⇒http://www.jidoushazei.info/zeigaku_tsukiwari.html

 

■パターン3

(①のケースがうまくいかない場合や4月をまたいでからのご納車の場合その2)

そもそもの下取りの価格に含む取り決めをしておく。

→月割り還付の制度がない軽自動車税や、

下取りに値段がついて廃車ではなくオークション出品になる、

という場合でも関係なく

4月1日時点での所有者に納付書が届きます。

この時点で納税義務者は届いた人のところにありますので

これは正直なところ納付するしかありません。

でも、これを見越して下取りの価格がさらに高くついていたら・・・

税金の分も帳消しになるかもしれませんね!(´ω`*)

 

 

車にかかる税金ってややこしいですよね。

今日のお話が皆さんのお役に立てば幸いです。(^o^)丿

詳しいお話はカミタケまで♪

 

ちなみになぜカミタケに自動車税のお問い合わせが増えるのを次号で!