枚方・交野・寝屋川の軽未使用車・新車ならカミタケモータース

大阪最大級・軽自動車・未使用車専門店カミタケモータース

正木の教えますコーナー! パドルシフト編

2018年7月19日 / 枚方店, 良い情報, 販売, その他 by


こんにちわ。

枚方本店 営業部 WEBスタッフの正木です^^

 

 

 

 

今日は、パドルシフトのお話です。

写真のような、ハンドルの後ろに「+」とか「-」とかのスイッチがある車を

検討中の方orお乗りの方必見です!^^

 

 

 

軽自動車にも搭載されている車種・グレードが一部存在します!

今日は有効に使うととっても便利なパドルシフトのお話っ(^_-)-☆

 

パドルシフトとはすきなタイミングでギアチェンジができるレバーのことです。

レバーはAT車のハンドル付け根部分に付いています。

これをカチカチと操作することで、MT車のように自在にギアチェンジができます。

 

 

★正木がよく使うパドルシフト使用法★

 

車の運転の仕方として、エンジンブレーキを上手く活用することで

ブレーキパッドの摩耗を抑えることができます。

 

AT車だと、下り坂でアクセルを踏んでいなくても、

車重による慣性で思った以上に速度が出てしまいます。

そこで、必要な時に低速ギアに落とすことで十分なエンジンブレーキを得ることができます。

 

また長い下り坂や山道などでフットブレーキを多用すると、

「ベーパーロック」や「ブレーキフェード現象」が起きることがあります。

こんなときでもパドルシフトでフットブレーキを使わずに減速することで、

安全かつスムーズに減速することができます。

(この時エンジンの回転数が上がってやかましくなることがありますがびっくりしないでください。。。)

 

ただ、もちろんデメリットもあり、

パドルシフトの使い方によってはかえって逆効果になることもあります。(滝汗)

特にパドルシフトを使う際にはギアを一気に下げないよう注意しましょう。

ギアを一気に下げるとエンジンの回転数が急激に高くなり、

ものすんごい音ともにエンジン必要以上の負荷がかかる原因となります。さらに燃費も大きく悪化します。

 

上手に使って周りに自慢しちゃいましょう!( *´艸`)