特集記事

65歳以上の方必見!サポカー補助金でお得に買い替えチャンス


自動ブレーキなどの運転支援システムを搭載した話題のサポカー!

サポカーは魅力的だけれど、気になるのはやっぱりお金のこと。買い替えたいけれど費用が…という65歳以上のドライバーの方に朗報です。

今年2020年の3月から高齢ドライバーのサポカー購入を支援する「サポカー補助金」の申請受付が始まりました。

サポカー補助金とは?

サポカー補助金とは、2020年3月9日申請からスタートし、
政府による65歳以上のドライバー交通事故防止対策の一環として補助金が交付される制度となっております。

サポカー補助金の交付を受ける条件としては、

  1. 対歩行者衝突被害軽減ブレーキ
  2. ペダル踏み毎違い急発進等抑制装置
    ※上記2項目は搭載してる車種や搭載グレード購入時に適用
  3. 後付のペダル踏み間違い急発進等抑制装置
    ※上記はこの装置の購入等に適用

上記①②の両方または①のみを搭載し審査を経た車の購入、③の後付け装置の取り付けが対象となります。

新車購入時だけでは無く、中古車や未使用車購入時でもこの補助金は交付されます。
交付金額は上記3つの項目で異なり、また新車・未使用車・普通車・軽自動車等でも異なります。
金額は2万円~10万円の間となっております。

サポカー補助金の概要

まずはサポカー補助金の概要を簡単にまとめてみました。

補助対象者
満65歳以上のドライバー(2020年度中に満65歳以上となる方)
補助金額

新車・中古車の購入

  1. 対歩行者衝突被害軽減ブレーキ
  2. ペダル踏み毎違い急発進等速性装置

【①+②を搭載】

  • 普通車 ⇒ 10万円
  • 軽自動車 ⇒ 7万円
  • 中古車 ⇒ 4万円

【①のみ搭載】

  • 普通車 ⇒ 6万円
  • 軽自動車 ⇒ 3万円
  • 中古車 ⇒ 2万円

後付け装置の取り付け

  • 障害物検知機能付き ⇒ 4万円
  • 障害物検知機能無し ⇒ 2万円

それぞれの詳しい内容や、

  • 65歳以上とあるが車検証の名義と使用者が異なるときは交付されるのか?
  • 対象となる車やグレードはどれになるのか?
  • 後付ペダル踏み間違い急発進抑制装置はどんなものなのか?
  • 複数台や法人名義でも対象になるのか?

など気になるポイントや疑問もあわせて詳しくご説明いたします!

サポカー補助金の対象者

サポカー補助金の対象者は、
2020年度(令和2年度)中に満65歳以上となる方です。
※2020年度中とは、2020年4月1日~2021年3月31日を指します。なお、2021年4月1日に65歳の誕生日を迎える方も対象です。

ただ、稀にあるケースとして車検証上の使用者と所有者が異なる場合があります。
この場合は対象となるのか?

答えは、申請者と使用者が65歳以上であれば対象になります。
65歳未満の方が親のためにお車を購入した場合などに発生するケースです。

また、対象台数に関しては自家用車は1人につき1台のみ対象になります。

法人の事業用の場合は、65歳以上の高齢ドライバーの人数が上限です。

サポカー補助金の対象車両と補助金額

次にサポカー補助金の対象車両についてです。

まず、サポカー補助金の対象となる安全運転支援システムは以下の2つです。
衝突被害軽減ブレーキ機能
(先行車と歩行者を検知し、警告音やブレーキで衝突回避や被害の軽減をする機能)

ペダル踏み間違い急発進抑制装置機能
(センサーなどで前後の障害物を検知、警告音でお知らせやエンジン・ブレーキの制御をする機能)

①と②どちらも搭載している場合と①のみ搭載している場合で、補助金額が変わります。

  • 軽自動車+新車+上記①②を搭載
    →補助金7万円(普通車の場合10万円)
  • 軽自動車+中古+上記①②を搭載
    →補助金4万円
  • 軽自動車+新車+①のみ搭載
    →補助金3万円(普通車の場合6万円)
  • 軽自動車+中古+①のみ搭載
    →補助金2万円

※対象の新車
2019年12月23日以降に新車新規登録された普通自動車
2019年12月23日以降に新規検査届出された軽自動車

※対象の中古車
2020年3月9日以降に中古車として登録された普通自動車
2020年3月9日以降に中古車として新車検査証交換された軽自動車

注意点として未使用車(新古車)は中古車に分類されます!

サポカー補助金の対象となる車種・グレード等は国土交通省ウェブサイト<外部リンク>または経済産業省ウェブサイト<外部リンク>で確認していただくことができます。

サポカー補助金対象車のおすすめ例

各メーカーごとに膨大な数の車種と衝突防止機能がありますが、
カミタケモータースでよく販売させていただいている、車両の例でご紹介致します。

ダイハツ ミライース

グレード:L SA Ⅲ
(SAⅢが衝突回避支援ブレーキ機能、スマートアシストⅢのことです)
低価格で安全機能が充実、コンパクトなので近場でしか乗らない方におすすめです!

このお車は、①衝突被害軽減ブレーキ機能②ペダル踏み間違い急発進抑制装置機能
どちらも搭載されています!
カミタケモータースで未使用車として購入した場合、補助金4万円です!!

 

スズキ ワゴンR

グレード:HYBRID FX
スズキセーフティサポート装着車(スズキセーフティサポート非装着車も選べます)

こちらのお車の場合、スズキセーフティサポートの機能の一部である「デュアルセンサーブレーキサポート」と「誤発進抑制機能」が①と②の機能のため、サポカー補助金額が未使用車の場合4万円です。もし非装着車を選んだ場合、本体価格が約10万円安くなりますが、補助金を含めると差額は約6万円に縮まるので、これから長く安心して乗るならスズキセーフティサポートが搭載されている方を選んだ方がお得です!

 

他にも対象車両はたくさんあります。
購入の検討材料としてサポカー補助金の対象なのか?金額はいくらなのか?も含めてお車選びをすることで、安心かつお得にお乗り換えいただけます♪

カミタケモータースでは常時約900台の在庫を取り揃えており、お客様にぴったりのお車をいつでもお選び頂くことができます!
在庫情報はぜひ一度公式サイトをご覧くださいませ。

枚方店在庫検索
在庫検索奈良店

サポカー補助金はいつからいつまで?

2020年1月30日に可決・成立した令和元年度補正予算案。サポカー補助金の予算総額は1126.7億円だそうです。

2020年3月9日に申請受付が始まったサポカー補助金は、
2021年2月頃までの実施を予定しているそうですが、申請総額が予算額を超過する場合には申請締切前であっても募集を終了するとのことです。

つまり「いつまで」というのははっきりとわからないため、サポカー補助金の利用をご検討中の方は早めの買い替えがおすすめです!

サポカー補助金の申請方法は?

サポカー補助金の申請は原則としてナンバー登録から1か月以内に行う必要があります。(ただし2019年12月23日~2020年3月末までに登録された車両については4月末まで)

新車・中古車の購入でサポカー補助金の申請に必要な書類は以下の通りです。

  • 申請書
  • 申請者本人の運転免許証の写し
  • 自動車検査証の写し
  • 車両を購入したことが分かる書類(領収書、注文書などの写し)
  • 補助金の振込先の通帳の写し

申請書の様式や記入例、その他詳細は次世代自動車振興センターのウェブサイト<外部リンク>でご確認くださいませ。

ABOUT ME
泉本 光貴
泉本 光貴
自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。