特集記事

新型ジムニーシエラはなぜ人気?納期情報やおすすめのポイントをまとめてみました

ジムニーシエラはなぜ人気?

20年ぶりのフルモデルチェンジで話題の新型ジムニー&ジムニーシエラ。
2018年7月の販売開始から2年以上経ちますが、それでもいまだ約1年の納車待ちになるほどの人気ぶりです。

  • ジムニーってどんな車?
  • ジムニーかシエラ、どちらを買おうか悩む…
  • そもそもジムニーとシエラって何が違うの?

という方に、今回は新型ジムニーシエラを中心に、ジムニー&ジムニーシエラの機能や特徴などをご紹介いたします。

新型ジムニーシエラの最新納期情報

まずは新型ジムニーシエラの最新納期情報から。

新型ジムニーシエラの納期は販売店やボディカラーにもよりますが、おおよそ約1年待ちの状況です。
2020年10月現在、カミタケでのジムニーシエラの納期は以下の通りです。

AT車 MT車
ワントーンカラー 約11ヶ月 約6ヶ月
ツートーンカラー 約1年 約1年

※納期は時期によって変動する可能性がございます。予めご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

日本一の急勾配「暗峠」を新型ジムニーシエラで走ってみた!

新型ジムニーシエラが実際に走る様子を動画でご紹介いたします。

新型ジムニーシエラなら急な坂道も余裕なのでは?
というわけで女子2人が「暗峠」にチャレンジ!果たしてその結果は……?

(くらがり)(とうげ)は大阪府東大阪市と奈良県生駒市を結ぶ国道308号線にある峠です。

夜景が綺麗なことで有名な暗峠ですが、道が狭く急勾配が続く「酷道」としても名高く、なんと最大斜度は37%という日本一の急勾配です!運転に自信の無い方は車ではなくハイキングがおすすめです。

新型ジムニー&ジムニーシエラの特徴

本格的なクロカン車(※)として名高いジムニー&ジムニーシエラ。
その特徴であるラダーフレーム構造やパートタイム4WDについてご紹介いたします。

※クロカン車とは?
簡単に言うとオフロード性能を重視したクルマを指します。広義ではSUVの一種ですが、ラダーフレーム構造などの特徴から一般的なSUVとは区別されます。

パートタイム4WD

出典:ジムニー シエラ 走行・環境性能 | スズキ

パートタイム4WDとは、通常の舗装路では2WDで走行し、未舗装路や雪道など滑りやすい路面を走るときに、必要に応じて手動で4WDへ切り替えを行う方式です。
パートタイム4WDでは、前輪か後輪のどちらかが空転しても駆動力を確保することができるため、悪路走破性に優れているというメリットがあります。

2WDと4WDが切り替えられるようになっているのは、

  1. 燃費の向上
  2. タイトコーナーブレーキング現象(※)の防止

の2つが主な理由です。

(※)タイトコーナーブレーキング現象とは?
4WDの状態で乾いた舗装路を走行中に、ハンドルをいっぱいに切って旋回を行なうと、ブレーキがかかったような状態になることがあります。この現象をタイトコーナーブレーキング現象といいます。これは故障ではなく、前後輪の回転差が原因で生じる現象です。

パートタイム4WDのモード切り替え操作を行なうのが副変速機です。
2WD⇔4WDの切り替えはトランスファーレバーを操作して行います。(スイッチ式のタイプもありますが、新型ジムニーシエラはレバー式が採用されています)

2WD⇔4H(4WD-High)の切り替えは100km/h以下の直進時であれば走行中に行うことができます。また、4L(4WD-Low)の切り替えは停止して行なう必要があります。

ポイント
  • 舗装路は基本的に2WDで走行
  • 必要に応じて手動で2WD⇔4WDを切り替え
  • 2WD⇔4Hの切り替えは走行中でも可能

リジッドアクスル式サスペンション

ジムニーの伝統である3リンクリジッドアクスル式サスペンション。

左右の車輪が1本の車軸でつながっているリジッドアクスル式サスペンションは、凹凸路で優れた接地性と大きなロードクリアランス(最低地上高)を確保できます。

出典:ジムニー シエラ 走行・環境性能 | スズキ

ラダーフレーム構造

ラダーフレーム構造は馬車の時代から使用されてきたベーシックな車体構造です。

頑丈な梯子(ラダー)型のフレームにエンジンを載せてサスペンションなどを取り付け、その上からボディを被せます。
メリットとしては、フレームとボディが分かれているので、ダメージを受けてボディが凹んでしまっても、フレームが無事であれば走行を続けることができます。

また、新型ジムニー&ジムニーシエラでは、新開発のラダーフレームにより、ねじり剛性が従来よりも50%アップしています。

新型ジムニー&ジムニーシエラの機能

▼左側:ESP OFFスイッチ、右側:ヒルディセントコントロールスイッチ
ジムニーシエラのヒルディセントコントロールスイッチ

ヒルホールドコントロール

苦手に感じる人も多い坂道発進。
新型ジムニー&ジムニーシエラには、坂道発進をアシストしてくれるヒルホールドコントロールが、MT車を含め全車標準装備されています。

急な上り坂での坂道発進時、ブレーキペダルから足を離しても最長約2秒間ブレーキの圧力を保持し、車体の後退を防ぎます。これにより安全でスムーズな坂道発進が可能です。

ヒルディセントコントロール

急な下り坂や滑りやすい路面では、ヒルディセントコントロールのスイッチをオンにします。ブレーキを自動制御することで低い車速が維持されるので、ステアリング操作に集中できます。

ヒルディセントコントロールはスイッチをオンにして、
・4WD
・車速25km/h以下
・勾配約7%以上
の場合に作動します。

クルーズコントロールシステム

ジムニーシエラのクルーズコントロールスイッチ

ドライバーが設定した速度(約45km/h~100km/h)を自動的に維持するので、アクセル操作の負担が減り、高速道路の長距離運転などでの疲労が軽減されます。

クルーズコントロールシステムは新型ジムニーシエラのJC、新型ジムニーのXCに標準装備です。

新型ジムニーシエラの外観・内装・荷室

外観

ジムニーシエラの3アングル
  • ①アプローチアングル:36°
  • ②ランプブレークオーバーアングル:28°
  • ③デパーチャーアングル:50°

内装

荷室

ジムニーシエラの荷室

荷室容量は少ないのですが、後部座席を倒すことで後部座席と荷室がフラットになり、段差のない大きな収納スペースとして使うことができます。
1~2人乗りをメインに考えているならば十分なスペースと言えます。

またシートアレンジで前席までフルフラットになります。ただし段差がかなりできますので、車中泊を楽しむならマットやベッドキットの準備は必須です。

ジムニーシエラとジムニーの違い

▼左側:ジムニー JB64、右側:ジムニーシエラ JB74
ジムニーとジムニーシエラ

新型ジムニーシエラと新型ジムニーの大きな違いは2つあります。

エンジンの排気量

新型ジムニーは660ccのターボエンジンを搭載した軽自動車、新型ジムニーシエラは1,500ccの自然吸気エンジンを搭載した普通車です。
その分シエラの方がパワーがあり、走りに余裕があります。

オーバーフェンダー

▼上:ジムニー、下:ジムニーシエラ
ジムニーとジムニーシエラ

ジムニーと比べてワイドトレッド化され、オーバーフェンダーが取り付けられているシエラ。車幅が広い分、シエラのほうが安定感のある走りとなっています。

オーバーフェンダーとは?

フェンダーとは、タイヤを覆っているボディ部分のことを指し、そしてオーバーフェンダーとは、フェンダーの上に被せることでボディの幅を広げるパーツのことです。
主にタイヤのはみ出しを防ぐ目的で付けられます。

道路運送車両法の保安基準により、タイヤやホイールが車両の外側に突出してはいけないと定められているため、幅広タイヤの装着やワイドトレッド化によりタイヤがフェンダーからはみ出してしまったときに、オーバーフェンダーを取り付けることではみ出しを防ぎます。

軽のジムニーをカスタムしてオーバーフェンダーを付けることもできますが、オーバーフェンダー取り付け後の幅が軽規格を超えた場合、構造変更手続きをして小型自動車登録する必要があります。
構造変更手続きを行わないまま乗っていると、違法改造になるだけでなく、自動車税脱税行為となりますので注意が必要です。

ジムニーとシエラのサイズを比較

新型ジムニーと新型ジムニーシエラの車体サイズを比べると、オーバーフェンダーの分シエラのほうが幅が広く、また専用バンパーの分シエラのほうが長くなります。
車体は同じなので室内の広さは変わりません。

新型ジムニー&ジムニーシエラのボディサイズ等
ジムニーシエラ JB74 ジムニー JB64
全長 3,550mm 3,395mm
全幅 1,645mm 1,475mm
全高 1,730mm 1,725mm
室内 長さ 1,795mm 1,795mm
(XGは1,770mm)
1,300mm 1,300mm
高さ 1,200mm 1,200mm
ホイールベース 2,250mm 2,250mm
トレッド 1,395mm 1,265mm
1,405mm 1,275mm
最低地上高 210mm 205mm
車重 MT 1,070kg
AT 1,090kg
MT 1,030kg
AT 1,040kg
最小回転半径 4.9m 4.8m

ジムニーとシエラの燃費を比較

新型ジムニーシエラ JB74のカタログ燃費
MT AT
WLTCモード燃費 15.0km/L 13.6km/L
市街地モード 12.8km/L 11.2km/L
郊外モード 15.8km/L 14.7km/L
高速道路モード 15.9km/L 14.6km/L
新型ジムニー JB64のカタログ燃費
MT AT
WLTCモード燃費 16.2km/L 13.2km/L
市街地モード 14.6km/L 11.0km/L
郊外モード 17.5km/L 13.9km/L
高速道路モード 16.5km/L 14.2km/L

カタログ燃費を見るとシエラとジムニーの燃費にそこまで大きな差はありません。

燃費が悪い悪いと言われるジムニーですが、実際にジムニーに乗っている方の多くは、そういう車だと割り切っており、燃費はあまり気にしていないようです。

ポイント
  • ロングドライブが多いならパワーのあるシエラがおすすめ
  • 維持費が安いのは軽自動車のジムニー
  • シエラとジムニーの燃費はそれほど変わらない

ジムニーシエラの新旧比較

新型ジムニーシエラJB74と旧型ジムニーシエラJB43はどこが違うのか、簡単にまとめてみました。

  1. エンジンの排気量(JB43は1,300cc、JB74は1,500cc)
  2. JB43の角に丸みのあるスタイルから、JB74は原点回帰のスクエアなスタイルに
  3. 2WD⇔4WDの切り替えが、JB43のスイッチ式からJB74はレバー式に
  4. JB74はJB43と比べて後席の足元の広さがアップ

まとめ

ジムニー&ジムニーシエラは趣味のクルマとしての需要が高い車種であり、普段使いにおいては不便を感じる点は否めません。
また、後部座席の使い勝手や収納スペースを考えると、ファミリーや多人数(3人以上)の利用には不向きな車と言えます。

ただ、これらの不満点を補って余りある魅力として、かっこよくて個性的なデザインや運転の楽しさ、悪路走破性の高さなどがあり、次はどこへ乗って出掛けよう?と、ワクワクするクルマであることは間違いありません。

後悔することのないように、メリットデメリットをしっかり把握してからの購入をおすすめします。

新型ジムニーシエラの購入なら
超低金利1.99のカミタケ特別ローンがお得です!

\ジムニーシエラが月々16,600円~!/
⇒ ローンの詳細はコチラ

ABOUT ME
泉本 光貴
泉本 光貴
自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。