発売から人気のトヨタライズ!実際の乗り心地やおすすめポイントをご紹介

TOYOTAライズ

2019年11月の発売から2年以上経つものの、人気の勢いが止まらないトヨタのSUV「RAIZE(ライズ)」。

発売から2年目の2021年11月に、一部改良が実施されて、ハイブリッド車が追加されました。コンパクトSUVにハイブリッドが追加されて、トヨタ車の選択肢が広がります。

ライズの購入をお悩み中の方、これからライズを購入しようと考えていらっしゃる方に、なぜライズは人気があるのか、ライズの内外装や装備、カスタムパーツ、運転してみた正直な感想など、おすすめのポイントを動画とともにご紹介します。

目次

【2021年11月】ライズの一部改良でハイブリッドを設定

2021年11月にコンパクトSUVのライズに一部改良が行われて、新しいグレードが展開されています。

  • 新しいハイブリッドシステム「e-SMARTハイブリッド」搭載
  • ガソリン車が1.2Lエンジンに
  • 予防安全・運転支援システムの強化

    「e-SMARTハイブリッド」搭載

    ライズ

    画像引用元:トヨタ

    OEM供給されているロッキーに新しいハイブリッドシステムが搭載されたことから、準じたものに変更されています。搭載されているエンジンは、1.2Lガソリンエンジンで、シリーズ方式のハイブリッドなので発電のみに使用されます。

    駆動させているのは、最高78kw(106PS)を発生させる電動モーター。低速から中速域にかけて強いモーターなので、街乗りに適したハイブリッドシステムです。スマートペダルを採用したことで、アクセル操作のみで車速をコントロールできます。

    ガソリン車が1.2Lエンジンに変更

    ライズ

    画像引用元:トヨタ

    2WDのガソリン車は、1.0Lガソリンターボ車だったのですが、新開発の1.2Lガソリンエンジンに変更されています。WLTCモードの燃料消費率は20.7km/Lという低燃費になっていますが、動力性能に優れているため低速からしっかり加速してくれます。

    基本性能を向上させ、出力と燃費のバランスが優れた排気量になりました。4WD車は従来の1.0Lターボエンジンを搭載しています。

    予防安全・運転支援システムの強化

    予防安全機能の「スマートアシスト」が全車標準装備されます。さらに夜間の対歩行者検知が可能となる機能が拡充されていますし、標識認識機能の見逃し予防をサポートしてくれるのも特徴。

    電動パーキングブレーキを採用したので、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールに停止保持機能が付きました。渋滞時に快適に運転できる機能です。

    ライズのエクステリア紹介

    SUVらしい力強さに加え、どこか可愛さも感じるデザインで男女問わず人気のライズ。

    ライズ

    ボディサイズ

    • 全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm

    最小回転半径

    • 16インチ仕様のX、Gグレードは4.9m
    • 17インチ仕様のZグレードは5.0m

    コンパクトな5ナンバーサイズのSUVですが、スクエア基調なボディデザインで実際のサイズ以上に大きく見えると評判です。
    最小回転半径は5mと小回りも利き、SUVはカッコいいけれど大きくて運転しづらそう…という方にもおすすめの絶妙なサイズとなっています。

    参考(※ 全長mm × 全幅mm × 全高mm)

    • ダイハツ ロッキー
      3,995 × 1,695 × 1,620
    • スズキ クロスビー
      3,760 × 1,670 × 1,705
    • トヨタ ヤリスクロス
      4,180 × 1,765 × 1,590
    • トヨタ C-HR
      4,385 × 1,795 × 1,550
    • トヨタ RAV4
      4,600 × 1,855 × 1,685

    LEDヘッドランプ
    全グレードでLEDヘッドランプが標準装備です。
    また、Zグレードでは対向車を検知して部分的に遮光してくれる「アダプティブドライビングビーム」が採用されています。

    シーケンシャルウインカー
    Zグレードには「Dフロントシーケンシャルターンランプ」
    いわゆる「流れるウインカー」が採用されています。

    タイヤ&ホイール
    ※Z ガソリン車のアルミホイール

    • Zグレード:
      195/60R17タイヤ&
      17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)
    • Gグレード:
      195/65R16タイヤ&
      17インチアルミホイール
    • Xグレード:
      195/65R16タイヤ&
      17インチスチールホイール

    動画で紹介!ライズの純正エアロ「モデリスタ」

    ライズをもっと自分好みにドレスアップしたい!という方に。ライズは、6種類のカスタムモデルが用意されています。

    • POWER STYLE
    • SPORTY SYYLE
    • PREMIUM STYLE
    • MODELLISTA ADVANCE BLAST STYLE
    • MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE
    • TRD Aggressive Style

    画像:RAIZE(ライズ) カスタマイズラインナップ | MODELLISTA(モデリスタ)

    人気の「モデリスタ/ADVANCE BLAST STYLE」はエッジの効いたスタイリッシュなデザインで、どことなくガンダムっぽさを感じさせる造形です。

    モデリスタ仕様のライズを動画でチェック!

    カミタケ社員の愛車紹介動画第7弾では、総額約60万円OPフル装備モデリスタ仕様のライズをじっくりレビュー!カスタムパーツに加えて、おすすめのナビやオプションなどもご紹介しています。
    これからライズを購入しようと考えていらっしゃる方、モデリスタ仕様を迷っている方はぜひチェックしてみてください。

    ☆撮影に使用しているライズのグレードは「Z」の4WD、色はツートンカラーの「ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール」です。

    ライズの内装紹介

    マイナーチェンジ後のライズの内装では、ハイブリッドモデルのセンターコンソールの形状が変わっています。電動パーキングブレーキが採用されたため、大きなレバーは必要なくなりました。

    ハイブリッド車には、ハイブリッドシステムインジケーターがメーターに装備されています。モーターの作動状況やバッテリーの充電状態などが表示され、一目で状態が分かります。

    シート

    ライズ

    Z、Gグレードでは前席シートにレッドパイピングが採用されており、赤の差し色がスポーティな印象です。

    本革ステアリング

    Zグレードでは本革巻きのステアリングホイールが標準装備です。

    シートヒーター

    Zグレードと4WD車では「運転席・助手席シートヒーター」が標準装備です。その他のグレードにはオプションで用意されています。

    液晶メーター
    ライズZ、Gグレードでは「LEDデジタルスピードメーター+7インチTFTカラー液晶ディスプレイ」が採用されています。画面表示を4パターンから気分にあわせて選ぶことができます。

    電動パーキングブレーキ
    ライズ

    ハイブリッド車には電動パーキングブレーキが採用されています。

    収納

    画像:トヨタ ライズ | 特長 | トヨタ自動車WEBサイト

    収納はやや少なめながらも使い勝手の良さが考えられています

    アイポイント
    ライズの運転席の着座位置は665mmと高い位置に設定されており、見晴らしが良く運転しやすい高めのアイポイントとなっています。

    後方視界
    大きめのリヤドアガラスやバックドアガラス、さらにリヤクォーターガラスもあり、広い視野を確保することができます。十分な後方視界で駐車する際なども安心です。

    その他内装

    ※画像はマイナーチェンジ前のモデルです。

    ライズ後部座席の乗り心地は?

    ライズの後部座席

    サイズを考えると狭いかなと思っていたライズの後席ですが、実際に座ってみると思っていたよりも広く、膝と前席の間は拳2個分くらいの余裕があります。

    トヨタのSUV「CH-R」と比べてみても、ライズの方が足元空間やヘッドクリアランスがしっかりと確保されており、ボディのコンパクトさを考えれば十分な広さです。

    また、後座のリクライニングは角度は控えめではありますが、2段階で調整可能となっています。

    ライズのラゲッジスペース

    画像:トヨタ ライズ | 特長 | トヨタ自動車WEBサイト

    ライズの荷室は、デッキボード上段で303L、下段にすると369Lまで拡大可能で、しっかりと容量が確保されています。

    ラゲッジ側からリヤシートを簡単に倒すことができ、長尺物も積み込み可能です。
    ただ、車中泊は残念ながら足を伸ばせるほどのスペースが無いので厳しいかなと思います。

    デッキボード上段時

    デッキボード上段+リヤシート前倒し時

    ライズの装備・機能

    全車速追従機能付ACC

    「Z」グレードに全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールが装備されています。電動パーキングブレーキが装備されたので、停止までしてくれるのは、従来のモデルとの違いです。

    BSM(ブラインドスポットモニター)+RCTA(リアクロストラフィックアラート)

    死角になりやすい後方の車両を検知し、車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットモニターはにZ、Gグレードにメーカーオプション設定。さらに、駐車場から後退時に接近してくれる車両をレーダーで検知して警告する、リアクロストラフィックアラートも装備されます。(+66,000円)

    標準装備 オプション メーカーパッケージオプション

    Z G X
    衝突警報機能(対車両・対歩行者)
    衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者[昼夜)
    車線逸脱警報機能
    車線逸脱抑制機能
    ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
    先行車発進お知らせ機能
    ADB(アダプティブドライビングビーム)
    オートハイビーム
    コーナーセンサー(フロント2個/リヤ2個)
    標識認識機能(進入禁止)
    全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール/停止保持機能なし)
    サイドビューランプ
    LKC(レーンキープコントロール)
    BSM(ブラインドスポットモニター)+RCTA(リヤクロストラフィックアラート)
    パノラミックビュー
    スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)

    ライズの走りを動画で確認

    マイナーチェンジ後のライズで燃費検証!

    356km走行してみた結果なので、ライズってどんな車なのか知りたい方やライズのハイブリッドはどうかなとお悩み中の方はぜひチェックしてください。

    動画では内外装の紹介や後部座席の広さレビューに加え、実際に試乗して正直な感想をレポートしています。
    ライズってどんな車なのか知りたいという方や、ライズを買おうかお悩み中の方はぜひチェックしてみてください。

    試乗車種:1.2Lハイブリッド車

    【燃費計測の結果】
    メーター燃費
    20.4km/L
    ガソリン満タン法
    18.25km/L

     

    試乗したグットポイント
    アダプティブ・クルーズ・コントロール
    3段階で車間距離が離れている
    全車速追従機能付ACC
    停止までしてくれる

    ライズの良い点悪い点

    ライズの走行性能や乗り心地について、実際に運転してみて感じた良い点と悪い点をまとめてみました。

    良い点
    • モーターによる軽快な加速
    • スマートペダルでアクセルだけで操作できる
    • アイポイントが高く運転しやすい
    • 扱いやすいコンパクトサイズで小回りが利く
    悪い点
    • 加速しているときにエンジンの音が聞こえる(ハイブリッド車)
    • スマートペダルの操作が敏感

    ライズのカラーバリエーションと人気色

    ライズの売れ筋カラーは、

    • シャイニングホワイトパール
    • ブラックマイカメタリック

    の2色で、やはり定番の白と黒が人気色となっています。

    ライズのボディカラーのバリエーションはほかにも、

    • 兄弟車ロッキーには設定の無い「ターコイズブルーマイカメタリック」
    • 女性人気も高い「ナチュラルベージュマイカメタリック」
    • ベーシックで汚れの目立ちにくい「スムースグレーマイカメタリック」

    など、モノトーンが8種類、ツートンが3種類の全部で11種類です。

    モノトーン
    • シャイニングホワイトパール
    • ブラックマイカメタリック
    • スムースグレーマイカメタリック
    • ファイアークォーツレッドメタリック
    • ナチュラルベージュマイカメタリック
    • マスタードイエローマイカメタリック
    • レーザーブルークリスタルシャイン
    • ターコイズブルーマイカメタリック
    ツートン
    • ブラックマイカメタリック × スムースグレーマイカメタリック
    • ブラックマイカメタリック × シャイニングホワイトパール
    • ブラックマイカメタリック × ターコイズブルーマイカメタリック

    モノトーンの「シャイニングホワイトパール」「レーザーブルークリスタルシャイン」は33,000円、ツートンの「ブラックマイカメタリック ×スムースグレーマイカメタリック」「ブラックマイカメタリック × ターコイズブルーマイカメタリック」は55,000円、「ブラックマイカメタリック × シャイニングホワイトパール」は77,000円の有料色となります。

    ライズのグレード構成と価格

    駆動方式は、2WDと4WD、さらにハイブリッド(2WD)が設定されています。

    ライズのグレード一覧
    グレード 駆動 車両本体価格
    Z ハイブリッド2WD 2,328,000円
    G ハイブリッド2WD 2,163,000円
    Z ガソリン2WD 2,039,000円
    Z ガソリン4WD 2,299,200円
    G ガソリン2WD 1,857,000円
    G ガソリン4WD 2,133,700円
    X ガソリン2WD 1,707,000円
    X ガソリン4WD 1,984,800円

    ハイブリッドは1.2Lハイブリッド、ガソリン2WDは1.2Lガソリン、さらに4WDは1.0ターボエンジンと駆動方式によってパワーユニットが異なります。

    まとめ

    • 街乗りにちょうどいい5ナンバーサイズハイブリッドSUV
    • コンパクトながら意外と広い室内空間
    • 主要グレードが200万円前後のリーズナブルな価格設定
    • 排気量1L、車両重量1t以下(※4WD車を除く)で維持費が安い

    と、魅力いっぱいのライズ。

    ライズはもちろんカミタケでも取り扱っておりますので、購入ご検討の際はぜひ一度ご相談下さい!
    また、新車ローンなら超低金利1.99のカミタケ特別ローンがお得です!

    \ライズが月々17,000円~!/
    ⇒ カミタケ特別ローンの詳細はコチラ

    目次
    閉じる