自動車の知恵袋

車の買い替え時期はいつがよい?おすすめのタイミングとその理由

車の買い替えはいつが良い?

車を長く乗り続けているなら、買い替え時期がいつがよいのか検討するかもしれません。

車の年数や走行距離数が増えているなら、買い替えのタイミングを見計らっていることもあります。

そこでこの記事では、車の買い替え時期について検討すべきいつくかのポイントをご紹介します。

この記事のポイント

・買い替えのメリット・デメリット
・車の買い替え時期
・買い替えの注意点

 

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

買い替えるメリット・デメリット

故障 買い替え

車を買い替えることにはメリットとデメリットがあります。乗り換えたいと思っている理由や現状を比較していくと、本当に乗り換えるべきが判断できるでしょう。

車を替えるメリットとして、新しい車に乗れることでしょう。近年発売されている車の性能は十分高いとはいえ、安全技術が進歩しているので、乗り換えることでより安全な車に乗ることができます。

また環境性能も高まっていることから、燃費のよい車に乗ることも可能です。車を維持するのに無視できない燃料コストを抑えることにつながります。

車検のタイミングで乗り換えるなら車検費用を負担せずに、故障リスクの低い新車に乗ることも可能でしょう。

一方で、車を新たに購入する費用がかかることはデメリットです。一括で購入する予定であれば、まとまった費用を捻出する必要があるでしょう。

ローンの残債があるならば、乗り換えに際して完済する必要があります。手続きが必要なだけでなく、残債返済の手数料も必要になることもあるでしょう。

車の買い替えを考えるべき時期は?

車の寿命として、10年10万kmが不具合なく走れる目安とされてきました。近年発売されている車は性能が高くなってきたことから、まだまだ使えるといえます。しかし車の買い替えを考慮し始めてもよいタイミングがあります。

3年、5年、7年目の車検を受ける前

新車を購入してから、3年目に最初の車検、その後2年ごとに車検を受けます。3年目、5年目、7年目と車検を受けるタイミングで、メンテナンスや車検費用が必要です。

納車からの年数が経過すると、メンテナンス費用が必要となってしまい、思っているよりも費用負担が増える傾向があります。

費用負担と車買い替えのメリットを検討した結果、車検が切れるタイミングで乗り換える方も多いです。

修理費用が高くなる時

一般的に10年10万kmを超えると、修理費用が高くなりがちです。走行距離が10万kmを超えると、エンジンや各所に使われているゴム製品が交換のタイミングを迎えるからです。

タイミングベルトなどの消耗品の交換時期が近付くと、修理の手間が発生するだけでなく、費用も高くなることあります。

車の運転の仕方によっても故障頻度は変わりますが、故障リスクが高くなる10年10万kmは、車の買い替えの目安となります。

ライフスタイルが変わる時

ライフスタイルが変わったタイミングで車の買い替えを検討するかもしれません。

たとえば、引っ越しや職場環境が変わって通勤距離が長くなると、燃費のよい車に乗り換えるメリットが高くなります。同じ距離を移動するにしても、ハイブリッドカーのように燃費のよい車なら、毎月の維持費も安くなるからです。

また軽自動車に乗っていた場合に、5人以上で乗車しなければいけないなら、ミニバンや大型自動車SUVなどに買い替えることもあるでしょう。

自動車税が上がる前

自動車税が上がるタイミングでも、車の買い替えを検討する方も多いです。環境負荷の大きい車に対して、重課されるので自動車税が高くなります。

ディーゼル車 11年超
ガソリン車 13年超
※おおむね15%の重課
軽自動車 13年超

※おおむね20%の重課

 

参考URL:東京主税局くるなび

軽自動車は普通車と比較して、重課される割合が高いので、税率が上がるタイミングで買い替える方もおられます。

メーカー保証が無くなる時

新車を購入すれば新車保証がありますが、一般的に3年もしくは走行距離が6万kmまでが保証対象となります。
消耗部品はオイルなどの対象外のものがありますが、エアコンなど多くの部品が保証対象となるので、安心して車に乗れます。これらのメーカー保証がなくなると、故障した場合に費用が修理費用が高くなるので、保証が無くなるタイミングは乗り換えを検討する目安となるでしょう。

平均的な買い替え時期

車を買い替えるタイミングですが、平均すると7年目~10年目で乗り換える方が多いようです。

自動車検査登録情報協会が発表している平均車齢では、令和2年の乗用車で8.72年でした。自動車の長期使用化は進んでいるものの、8年ほどで乗り換えを検討している方は多いです。

参考URL:自動車検査登録情報協会

メーカー保証が無くなり、部品交換のリスクや市場価値が下がってしまう前に乗り換えを検討するからでしょう。

車は何年まで乗り潰すことができるのか?

近年の車は耐久性が向上しており、ちょっとのことでは故障がないとされています。またメンテナンスを定期的にしている車であれば、10年10万kmを超えても乗り続けることは可能です。

実際に10年、20年、さらにそれ以上も乗り続けている車はめずらしくありません。

消耗部品を交換する必要はありますが、大きな故障もなく20万kmほど乗ったという方もおられます。

もちろん市場価値が大きく下がりますが、「乗り潰す」ために距離や年数によって影響されることは少ないでしょう。

一番お得に買い替えできるベストな時期は?

お得に買い替えできる時期は、売却価格が高くなり、安く購入できる時期です。

当たり前のことですが、「査定価格」と「購入価格」がよい時期は、買い替えのタイミングとなります。

結論からすると、査定価格が高くなると期待できるのは12月~3月、安く買えるのは決算期の3月、9月です。

次の見出しからさらに詳しく説明しますが、車は走行距離や年式によって価値が下がっていくので、乗り換えたいと思ったタイミングで乗り換えることをおすすめします。

高く売れる時期

車が高く売れる時期は、購入が多くなる12月から3月の間です。しかし3月になると需要が落ち着いてくるので、車を売却するタイミングとして少し遅いでしょう。

注意点として、車の車検が多く残っている方が車の価値は高くなることです。車検ギリギリになってしまうと、車の価値が下がってしまいます。

また傷や走行距離が伸びてしまうと、価値が下がります。乗り換えを検討しているなら、1日でも早く査定に出す方が車の価値は高いです。

安く買える時期

新車を安く購入できる時期は、3月と9月です。決算期のためにセールを開催していることがあり、お得に車を購入できることが多い時期となります。また7月や12月のボーナス時期にセールしていることもあります。

ディーラーなどの店舗には、販売目標があるので、決算月を区切りとして目標を達成しなければいけません。そのため、できるだけ多くの車を売りたいのがこれらの時期です。実績を伸ばすために、値引き額が大きくなることもあります。

その他に通勤や通学に車が必要となる人が車を購入するタイミングが3月です。4月からの環境の変化に合わせて、車を購入する需要が高まる時期です。新年度に向けて、販売店がセールをしていることがあります。

安く買える時期でも、納車されるタイミングには注意しましょう。セールが開催されているときに申し込みをしても、納車までに時間がかかることがあります。それで安く買える時期に納車できるように、あらかじめ商談を進めておくとよいでしょう。

新車への買い替え注意点

新車に買い替える際には、いくつかの注意点があります。

  • 納期が長い
  • 査定額に影響する

まず新車の場合には、納期が1~3ヶ月ほどかかります。契約をしても実際に納車されるまでにタイムラグが発生してしまうのです。

納車までの期間で、セール時期を逃してしまうことも考えられますし、車検のタイミングが来てしまうこともあるでしょう。

車検が切れるギリギリになって商談を始めても契約から納車までの期間が長くなってしまうことも。場合によっては、納車まで代車が用意されることもありますが、納車まで待つ必要があるでしょう。

その他に、納期まで車を乗っているなら、下取り時点で傷がついてしまい、査定金額が減額されることもあります。見積査定と同じ金額で下取りしてもらえるように、慎重に車に乗る必要があります。

買い替えに未使用車もおすすめ

買い替えを検討しているなら、未使用車もおすすめです。新車と同じように一般のお客様が使用したことはなく、新車と同じ保証を受けられるだけでなく、新車よりも安く購入できます。

価格の面でのメリットがあるだけでなく、未使用車の場合には最短3日~2週間で納車できるので、査定のつくタイミングで乗り換えが可能となります。

新車の人気車種であれば納車まで数か月待つことも不思議ではありません。もし未使用車で気に入ったモデルがあるなら、すぐに納車できるので乗り換えを検討してからスムーズに乗り換えできます。

たとえば車検のときに思った以上にメンテナンス費用がかかって乗り換えを検討するかもしれません。車検のタイミングから乗り換えを検討しだしても、実際に納車されるまで車検の期日が間に合わないということもあるでしょう。

このようなときに未使用車ならお気に入りの車を見つけて、すぐに乗り換えの手続きに移行できます!

もちろん未使用車は登録済みなので、ワンオーナーではないなどの考慮すべきポイントもあります。未使用車については、こちらの記事もご覧ください。

未使用車とは?新車・中古車との違いやメリットデメリット中古車を探しているときによく目にする「未使用車」の文字。 未使用車って何?新車や中古車とどう違うの? 未使用車ってなんで安いの?...

未使用車を検討するなら、在庫が多い店舗でチェックすることをおすすめします。弊社カミタケモータースには常時900台の在庫を取り揃えているので、お客様にぴったりの1台を見つけていただくことができます!

豊富な未使用車の在庫はこちらから!

枚方店在庫検索
在庫検索奈良店

車の買い替え前にやっておくべきこと

買い替えを検討し始めてなら、やっておくべきことがあります。買い取りの相場を確認するだけでなく、ローンの残債や金額、さらに自動車税還付があるか確認します。

自動車税納付の有無

毎年4月1日時点の名義人に納付義務があり、各都道府県に納付するのが自動車税。車の買い替えでは業者に売却するときに、納税証明書が必要ですので準備しておきます。もし見当たらないのであれば、自治体の税事務所に連絡して手続きしましょう。

また廃車のときには残りの期間に合わせて還付されますが、売却の際には公的な還付がありません。しかし買い取り業者との契約書に自動車税に関して記載があるはずです。どのように扱うのか確認しておきましょう。

査定相場の確認

車が売却できるのであれば、現時点での査定相場の確認をしましょう。乗り換えを検討している段階で提示されている下取り価格が妥当な金額なのか確認します。

複数の店舗に査定してもらう方法もありますし、Web上の一括査定サイトを利用しておおよその査定金額を参考にすることもできるでしょう。

残債の確認

ローンの支払いがあるなら、残債がいくらあるのか確認しましょう。ローンの残債より売却代金が高いなら、査定額から差し引きされて売却代金として受け取れます。

ローンの残債に関しては、必要な手続きや手数料について担当者に確認しておきましょう。

書類準備

ここまで確認できれば、書類の準備に入ります。

普通車と軽自動車で必要な書類は以下の通りです。

軽自動車の売買に必要な書類

  • 自動車検査証(現住所、氏名が必要です)
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限を確認しておきましょう)
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

軽自動車の売買に必要な書類

  • 自動車検査証(現住所、氏名が必要です)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書(有効期限をご確認しておきましょう)
  • 印鑑(認印可)
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

注意点

以下の場合には、これらの書類が必要です。

住所変更が一度あった場合:住民票
住所変更を複数回経た場合:戸籍の附票または住民票の除票
ご結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本

買い替えは早めに動き出そう!

いずれにしても、下取りするなら1日でも早い方が高い査定額が規定できます!

さらに車が壊れてから、急に探すよりも早めに探しておくほうが納得の車が見つかるでしょう。

買い替えを検討しているなら、早めに次の愛車探しのスタートをおすすめします。

カミタケモータースでは買取査定も実施中!
更に!乗り換えの場合は査定金額増額!

豊富な在庫の中からすぐに納車できる軽自動車、普通車を探せるのでぜひ買い替えのタイミングにご相談ください♪

 カミタケモータースHPはこちら♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。