車種カタログ

新型レヴォーグの特徴は?内外装や機能など気になるポイントをチェック!

新型レヴォーグ内外装・機能紹介

日本カーオブザイヤー2020-2021に輝いた新型レヴォーグ。

  • アイサイトX
  • ドライバーモニタリングシステム
  • 大型ディスプレイ&フル液晶メーター

など注目の装備・機能や、最上級グレード「STIスポーツ」のエクステリア&内装など、高評価にも納得の新型レヴォーグの特徴と魅力をご紹介します。

新型レヴォーグの特徴

まずは注目のアイサイトXや地図表示が可能なフル液晶メーター、顔認証システムなど、新型レヴォーグの特徴をまとめてみました。

11.6インチの大型ディスプレイ

レヴォーグの11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ画像:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/equipment

11.6インチの大型センターインフォメーションディスプレイはナビの進行方向先が見やすい縦型で、ナビをはじめ、車両の設定、エアコンの温度調整、テレビ、ラジオなど、さまざまな機能が内蔵されており、タブレット感覚で直感的な操作が可能です。

また、スマホと連携できる「Apple CarPlay(アップルカープレイ)」「Android Auto(アンドロイドオート)」に対応しており、スマホにインストールされた対応アプリをディスプレイに表示して使用することができます。

その他、走行中でも安全に操作できる音声認識機能も搭載しており、エアコンの温度設定などを音声操作することができます。

標準装備:GT EX、GT-H EX、STI Sport EX
オプション設定:GT、GT-H、STI Sport

12.3インチのフル液晶メーター

レヴォーグの12.3インチフル液晶メーター画像:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/equipment

スバル初採用となる12.3インチのフル液晶メーターでは、

  • 2眼メーターを表示するノーマル画面
  • ナビ情報と連携した地図を表示する地図画面
  • アイサイトの状況を表示するアイサイト画面

の3つのモードを切り替えて使用することができます。

標準装備:GT EX、GT-H EX、STI Sport EX

ドライバーモニタリングシステム(顔認証)

車に乗り込むと「ドライバーモニタリングシステム」でドライバーの顔を認識し、あらかじめ設定しておいたシートポジションとドアミラーの角度を自動的に再現してくれます。
こちらは最大5名分まで登録可能となっています。

また、アイサイトXとも連携して、ドライバーの状況に応じて注意を促すなど安全運転をサポートしてくれます。

標準装備:GT EX、GT-H EX、STI Sport EX
オプション設定:GT、GT-H、STI Sport
※シートポジションおよびドアミラー角度の再現はGT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EXのみ

レヴォーグ新車低金利Lpバナー

新世代アイサイト&アイサイトX

安全性能に定評のあるスバルのアイサイト。
新世代アイサイトでは、広角化された新開発のステレオカメラと前後左右4つのレーダーを組み合わせることで、従来では対応しきれなかった交差点の右左折時や、見通しの悪い場所での出会い頭など、より幅広いシーンでの衝突回避をサポートしてくれます。

また、新型レヴォーグのEXグレードには新開発の高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」が採用されています

アイサイトXは何が違う?

新世代アイサイトに、GPSや準天頂衛星みちびきによる位置情報、3D高精度地図データを活用した高度運転支援システムを搭載し、高速道路での運転をサポートしてくれるのがアイサイトXです。
渋滞時のドライバーの負担を大幅に軽減してくれる、注目の「渋滞時ハンズオフアシスト」や「渋滞時発進アシスト」など、アイサイトXの専用機能をご紹介します。

レヴォーグのハンズオフアシストイメージ画像:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/safety/safety2_2

渋滞時ハンズオフアシスト
高速道路走行中、渋滞などで時速50km以下で前走車がいる場合に、作動条件が満たされると、ハンズオフ(手放し)での走行が可能です。

渋滞時発進アシスト
高速道路走行中、渋滞などで先行車に続いて停止した後、停止から約10分以内であれば先行車に追従しドライバーの操作なしで自動的に再発進してくれます。

アクティブレーンチェンジアシスト
高速道路などを時速約70~120kmで走行中にウインカーを出すだけで、システムが周囲の状況を確認して車線変更可能かどうかを判断し、車線変更を行います。

カーブ前速度制御
高速道路走行中、進入するカーブのカーブ曲率にあわせて速度を適切に制御してくれます。

料金所前速度制御
高速道路走行中に料金所が近づくと、ETCゲートを安全に通過できる約20km/h程度に減速してスムーズに通過し、通過後は再度加速を行ってくれます。

ドライバー異常対応システム
ドライバーモニタリングシステムと連携し、アイサイトXのハンズオフ走行中にドライバーの前方不注意が続いた場合や、アイサイトのツーリングアシスト作動中にハンドル操作が一定時間検知されない場合、警告表示や警報音でドライバーに注意を促します。
それでも反応が無い場合には、ブレーキ制御による減速・停止を行い、ハザードランプやホーンで周囲に異常を知らせてくれるので、運転中の急病など万が一の時も安心です。

コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」

レヴォーグのSOSボタン

新型レヴォーグにはDCM(Data Communication Module)という車専用の通信機が搭載されており、24時間365日コールセンターと通信が可能となっています。
新車購入の場合、SOSコールなどの「SUBARUつながる安心パッケージ」を5年間無料で使うことができます。(※無料期間終了後の利用料金は5,500円/年)

標準装備:GT EX、GT-H EX、STI Sport EX
オプション設定:GT、GT-H、STI Sport

基本機能(無料)

  • リコールお知らせ機能
  • ソフトウェア更新

SUBARUつながる安心パッケージ(有料)

  • 先進事故自動通報(ヘルプネット)
    エアバッグが作動するような事故が発生したときに、自動的にコールセンターにつながり警察や救急、医療機関等と連携し、必要に応じて緊急車両やドクターヘリの出動を要請するサービスです
  • SUBARU SOSコール
    急な体調不良などの緊急時に、「SOS」ボタンを押すとコールセンターにつながります。専門スタッフからアドバイスを受けたり、必要に応じて緊急車両の出動を要請するサービスです。
  • SUBARU iコール(安心ほっとライン)
    車両故障などのトラブル時に「i」ボタンを押すとスバル安心ほっとラインのコールセンターにつながります。ロードサービスの取次や状況に応じたアドバイスなど、24時間体制でサポートしてくれます。
  • 故障診断アラート&セキュリティアラート
    車両の盗難警報装置が作動した場合や、故障などで警告灯が点灯した場合に、専用アプリやEメールで知らせてくれます。

SUBARUつながる安心パッケージのお申し込み方法につきましては、スバル公式サイトをご確認ください。

快適な後部座席

レヴォーグの後部座席画像:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package

新型レヴォーグでは、後席の足元にも必要十分なゆとりが確保されています。

後席も快適に過ごせるように、

  • リクライニング
  • 後席シートヒーター
  • アームレスト&ドリンクホルダー
  • 後席エアコン吹き出し口
  • 後席USB電源

といった便利な機能が備わっており、ファミリーカーとしても十分な実用性です。

※後席シートヒーターはGT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EXに標準装備

レヴォーグの後席アームレスト&ドリンクホルダーレヴォーグの後席用エアコン吹き出し口とUSB電源

使い勝手の良いラゲッジスペース

レヴォーグの荷室サイズ

荷室容量は492L、床下のサブトランクもあわせると561Lの大容量で、ゴルフバッグ4つを積載可能です。

  • 広い開口部
  • 大きなサブトランク(69L)
  • 電動リヤゲート
  • 4:2:4の分割可倒式リヤシート

など、ワゴンとしての機能性が追求された使い勝手の良いラゲッジスペースとなっています。

※電動リヤゲートはGT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EXに標準装備

シートアレンジ

レヴォーグのラゲッジスペース

4:2:4の分割可倒式リヤシートが採用されているので、4人乗車時でも真ん中だけを倒してスキー板や釣竿などの長尺物を積むことができます。

また、荷室側からリヤシートを倒せるボタンが備わっており、簡単に段差の無いフルフラットなスペースをつくることができます

最上級グレード「STIスポーツ」の違いとは?

「STIスポーツ」の特徴である電子制御ダンパーとドライブモードセレクトについて、簡単にまとめてみました。

ZF製の電子制御ダンパー

レヴォーグSTIスポーツの電子制御ダンパーイメージ画像:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/stisport/index

新型レヴォーグの最上級グレード「STIスポーツ」の一番の特徴は、ドイツのZF(ザックス)製の電子制御式の可変ダンパーが採用されている点です。
路面や車両の状況に合わせて、リアルタイムにダンパー減衰力を可変制御します。

ドライブモードセレクト

レヴォーグSTIスポーツのドライブモードセレクトスイッチ

電子制御ダンパーの採用により可能となった新設の「ドライブモードセレクト」では、

  • 快適さ重視の「コンフォート」
  • バランスの良い「ノーマル」
  • スポーティな出力特性としながら乗り心地も重視した「スポーツ」
  • スポーツカーのような走りを楽しめる「スポーツ+」
  • 自分好みに設定できる「インディビジュアル」

5つのドライブモードが選択可能で、モードの変更によりクルマのキャラクターを変えることができます。

また、ドライバーモニタリングシステムと連携して、車に乗り込んだユーザーを自動的に認識し、「インディビジュアル」でカスタマイズした自分専用のモードをスイッチひとつで呼び出すことが可能です。

レヴォーグSTIスポーツEXのエクステリア

レヴォーグSTIスポーツのエクステリア

※撮影使用車のグレードは「STI Sport EX」、カラーは「クリスタルホワイト・パール」です。

ボディサイズ

  • 全長:4,755mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,500mm

機械式立体駐車場の1,550mmの高さ制限や、1,850mmの車幅制限もクリアできるサイズとなっています。

その他スペック

  • ホイールベース:2,670mm
  • 車両重量:1,580kg
  • 最小回転半径:5.5m
  • エンジン:水平対向4気筒 1.8L 直噴ターボ
  • 総排気量:1,795cc
  • 最高出力:130kW(177PS)/5,200-5,600rpm
  • 最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/1,600-3,600rpm
  • トランスミッション:リニアトロニック(CVT)
  • 駆動方式:AWD
  • WLTCモード燃費:13.6km/L
  • 使用燃料:レギュラー

エアインテーク

レヴォーグのエアインテーク

ボンネットのエアインテークがスポーティな印象です。

ホイール

レヴォーグSTIスポーツのタイヤ&ホイール

高級感のあるSTIスポーツ専用ホイールです。

STIエンブレム

レヴォーグSTIスポーツのロゴ(フロント) レヴォーグSTIスポーツのロゴ(リヤ)

フロントとリヤそれぞれにSTIのエンブレムが付いています。

マフラー

レヴォーグSTIスポーツのマフラー

マフラーは左右1本ずつの2本出しで、マフラーカッターにはSTIのロゴが入っています。

ヘッドライト

レヴォーグのヘッドライト

コの字型のポジションランプはウインカーに切り替わるダブルファンクションです。
新型レヴォーグに標準でデイライト機能はありませんが、オプションの「LEDアクセサリーライナー」を装着するとポジションランプもデイライトとして点灯します。

その他エクステリア

レヴォーグ新車低金利Lpバナー

レヴォーグSTIスポーツEXの内装

インパネ周り

レヴォーグSTIスポーツのインパネ周り

STIスポーツの内装カラーはボルドー×ブラックです。
フル液晶メーターと大型ディスプレイが近未来的な印象です。

本革シート

レヴォーグSTIスポーツのフロントシート

ホールド感が良く長距離ドライブでも疲れにくいと評判のフロントシート。
STIスポーツには運転席10ウェイパワーシート、助手席8ウェイパワーシートが標準装備です。

※運転席10ウェイパワーシート、助手席8ウェイパワーシートはGT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EXに標準装備

本革巻ステアリングホイール

レヴォーグSTIスポーツの本革巻ステアリングホイール

本革巻シフトレバー

レヴォーグSTIスポーツの本革巻シフトレバー

LEDルームランプ

レヴォーグのLEDルームランプ

その他内装

新型レヴォーグの残念な点は?

その1:オートブレーキホールドの設定がやや面倒

新型レヴォーグのオートビークルホールド(オートブレーキホールド)の設定はナビ画面から行うようになっており、2アクションの画面操作が必要になります。
また、オートビークルホールドの設定はエンジンを切ることでリセットされてオフになるため、乗るたびに毎回設定する必要があります。

1アクションで済む物理ボタンにするか、エンジンを切ってもオンオフを記憶する設定があれば良かったかなと感じました。

その2.燃費が悪い

燃費はWLTCモード燃費で13.6km/L(GT、GT EXグレードは13.7km/L)と正直あまり良くありません。
とは言え、レヴォーグはそもそも燃費性能を期待して乗るような車ではありませんし、実際のところ、燃費が悪いことを理解した上で購入したので気にならない、というレヴォーグオーナーの方が多いようです。

アイサイトX搭載モデル「EX」の違いとは?

新型レヴォーグには「GT」「GT-H」「STI Sport」の3つのグレードがあり、それぞれに価格差38.5万円でアイサイトX搭載モデルの「EX」が用意されています。

EXグレードには、

  • アイサイトX
  • アイサイト視界拡張(デジタルマルチビューモニター、前側方警戒アシスト)
  • 11.6インチの大型ディスプレイ
  • 12.3インチのフル液晶メーター
  • ドライバーモニタリングシステム
  • コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」

の装備・機能が追加されます。
その他、EXグレードにはミラーと後方カメラ映像が切り替えできる「スマートリアビューミラー」がオプションで用意されています。

なお、非EXグレードでは、7インチのサブモニターが標準装備され、標準はオーディオレス仕様です。また、メーターは4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ+アナログ2眼メーターとなります。

新型レヴォーグのグレード構成と価格

グレード 駆動方式
トランスミッション
車両本体価格
STI Sport EX AWD
CVT
4,092,000円
STI Sport 3,707,000円
GT-H EX 3,707,000円
GT-H 3,322,000円
GT EX 3,487,000円
GT 3,102,000円

まとめ

新型レヴォーグは走る楽しさだけでなく、快適な後席や使い勝手の良い荷室、先進かつ充実の安全性能など、クルマに乗る家族みんなが納得できる一台となっています。

レヴォーグはもちろんカミタケでも取り扱っておりますので、購入ご検討の際はぜひ一度ご相談下さい。
また、新車ローンなら超低金利1.99のカミタケ特別ローンがお得です!

\新型レヴォーグが月々35,000円~!/
⇒ カミタケ特別ローンの詳細はコチラレヴォーグ新車低金利Lpバナー

ABOUT ME
泉本 光貴
自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。