自動車の知恵袋

12か月点検って必要なもの?法定点検で求められていることや実施場所は?

12ヶ月点検

車を所有しているなら、法律で定められているタイミングで車検を受ける必要があります。車検だけでなく、車は「法定点検」で安全に走行できるか確認する必要があるのです。

法定点検は12か月点検と24か月点検があります。車検のタイミングで受ける24か月点検は問題なくても、12か月点検は本当に必要なのかと疑問に感じるかもしれません。

そこでこの記事では、費用もかかる点検が必要な理由や実施できる場所について詳しくご紹介します。

愛車を万全の状態で乗るために、また車の異常を早期発見するために欠かせない、点検のポイントを見ていきましょう。

\ 車検や点検もスピーディに終わる!/
車検のコバック枚方店

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

法定点検とは?

法定点検とは、道路運送車両法によって義務付けられているもので、自家用車の場合には1年ごとの12か月点検と、2年ごとの24か月点検に分かれています。事業用自動車の場合には、3か月点検や6か月点検もあります

2年ごとに行う24か月点検は、車検と併せて実施されるので、普段意識することは少ないでしょう。車を所有しているなら、12か月点検を必要なタイミングで行うように心がけましょう。

車検との違い

車検は車が保安基準に適合しているかを確認しますが、法定点検では故障がないことを確認するためのものです。車検の場合には、車の構造や装置なども含めて検査しており、点検とは異なった性質のものです。

車検と併せて行う24か月点検では、12か月点検よりも多い56項目を点検します。車の各部品が損傷していたり、異常摩耗していないかを確認するのです。

もちろん車検に通っているので、安全に運転できるというものではなく、車検を受けた後でも法定点検をしたり定期的な点検が不可欠となります。

法定点検の必要性

12か月点検を行うことで、定期的なメンテナンスを受けられますし、車の各部品の状態を把握できます。

交換が必要な部品は点検のタイミングで交換できること、また他の部品に影響が出ないように異常の早期発見が可能となります。

実際に点検する項目は以下の通りです。

装置 点検項目
かじ取り装置 パワーステアリング装置 ①ベルトの緩み及び損傷
制動装置 ブレーキ・ペダル ②遊び及び踏み込んだときの床板とのすき間
③ブレーキの効き具合
駐車ブレーキ機構 ④引きしろ
⑤ブレーキの効き具合
ホース及びパイプ ⑥漏れ、損傷及び取付状態
マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ ⑦液漏れ
ブレーキ・ドラム及びブレーキ・シュー ⑧ドラムとライニングとのすき間
⑨シューの摺しゆう動部分及びライニングの摩耗
ブレーキ・ディスク及びパッド ⑩ディスクとパッドとのすき間
⑪パッドの摩耗
走行装置 ホイール ⑫タイヤの状態
⑬ホイール・ナット及びホイール・ボルトの緩み
動力伝達装置 クラッチ ⑭ペダルの遊び及び切れたときの床板とのすき間
トランスミッション/トランスファ ⑮油漏れ及び油量
プロペラ ドライブ・シャフト ⑯連結部の緩み
電気装置 点火装置 ⑰点火プラグの状態
⑱点火時期
⑲ディストリビュータのキャップの状態
バッテリー ⑳ターミナル部の接続状態
原動機 本体 ㉑排気の状態
㉒エア・クリーナ・エレメントの状態
潤滑装置 ㉓油漏れ
冷却装置 ㉔ファン・ベルトの緩み及び損傷
㉕水漏れ
エグゾースト・パイプ及びマフラ ㉖取付けの緩み及び損傷

車の走行に必要な部品ですので、異常があると安全に走行できません。上記の項目をすべて自分でチェックするのは、難しいでしょう。

法律で定められているからだけでなく、安心して愛車に乗り続けるためにも定期的な点検は必要不可欠です。

12か月点検は義務?

12か月点検は道路運送車両法で義務付けられている点検です。しかし12か月点検や24か月点検を実施しなかったからといって、罰則が設けられているわけではありません。

車検の場合には、車検切れの車を公道で走行させた場合には法律違反となり罰則があります。車検は定められているタイミングで受ける必要があります。

法律で定められているので点検が必要という理由以外に、メーカー保証も点検を前提にされていることも覚えておきましょう。

万が一車に不具合があったときでも、定期点検を受けていないなら保証の対象外となる可能性もあります。点検をしておけば、通常使用の範囲内で不具合があっても、メーカー保証を受けられるのです。

また定期点検を記録簿に記載しているなら、車両の状態を管理している証になるため、下取りや中古車査定をするときに評価が上がる可能性もあります。

12か月点検を受けなくても罰則があるわけではありませんが、保証を受けるためにも、また乗り換えのときに良い条件にするためにも、12か月点検を実施しておくことをおすすめします。

12か月点検を依頼できる場所

12か月点検は自分で最寄りの店舗などに問合せして、予約できます。

ディーラー

ディーラーは自動車メーカーのお店なので、ディーラーにしかできないメンテナンスにも対応できます。車の販売だけでなく、法定点検や車検なども受け付けています。

リコールなど車の修理の他の所にはない情報も持っていることもあるので、安心して点検を依頼できるでしょう。一方で費用は高くなりがちです。丁寧な作業や安心と引き換えに、費用はかかってしまいがちなことは覚えておきましょう。

車検専門店

車検専門店はスピーディに車検が受けられる専門店です。車検の他に12か月点検にも対応しています。ディーラーよりは安い費用で点検が受けられることが多いので、コスパを重視する方におすすめです。

エンジンオイル交換も一緒にしてもらえるなど、サービスが追加されるお店もあるので、確認してみるとよいでしょう。

カー用品店

カー用品店でも12か月点検を受けられます。事前にWeb上や電話で予約をしてから、点検を受けるとよいでしょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも法定点検を受けられることがあります。タイヤ交換などやオイル交換などの他のサービスも提供しているので、年数が経過していない車であれば修理が必要な部品は少ないはずですので、最寄りの店舗で法定点検ができるか確認してみるとよいでしょう。

整備工場

整備工場でも修理や車検の他に、法定点検も行えます。修理する車が多いと、点検を受けるのが難しい場合があるので、事前に費用などを確認してから予約しておく必要があります。

12か月点検の費用は?

法定点検の費用は、お店によって異なります。

車検も同様ですが、依頼する場所によって異なりますが、カー用品店や車検専門店での点検は安い傾向にあります。

依頼するお店 費用
ディーラー 約1万円~
カー用品店 約1万円~
車検専門店 約8,000円~

法定点検の際に、部品交換が必要になったり、整備が必要であれば上記に費用にさらに追加されます。メンテナンスパックのようなプランに加入しているなら、他の整備と含めてセットになっている場合もあり、お得になるケースもあるでしょう。

12か月点検のタイミングは?

車検のタイミングは車両に貼っているステッカーによってわかります。また販売店やディーラーから車検の通知が届くこともあるでしょう。法定点検も同様に販売店やディーラーから案内が送付されることもあります。

案内が送付されないとしても、フロントガラスに貼付されているダイヤルステッカーで確認することも可能です。法定点検が終了すると、フロントガラスの左上に貼付されるダイヤルステッカーは、法定点検の予定が分かるものです。

車検のように期日が定められているわけではありませんが、ステッカーを参考にして次回の法定点検の予定を立てるとよいでしょう。

期日を過ぎたとしても、罰則があるわけではありませんが、より安心して愛車を走らせるためも予定されているタイミングで点検を受けられるようにしておきましょう。

自分で点検することも可能?

法定点検も自分で行うことができます。点検項目を確認して、自分で実施します。車検のときの24か月点検よりも、DIYできる項目が多いですが、ブレーキシューの確認などは、部品をある程度分解する必要があります。

またオイル漏れの確認も、エンジンルームの上から確認するだけでなく、トランスミッションの部分からにじみ出ていないか見るためにリフトアップする必要はあるでしょう。

法定点検をすると、ダイヤルステッカーを張って時間の検査時期が分かるようになります。整備工場で点検をした場合にのみ貼り付けられるステッカーなので、自分で点検をしたときにはダイヤルステッカーを貼ることはできません。

いくつかのポイントを考えてみると、自分で点検をするよりも専門のプロに依頼する方が良いといえるでしょう。

車に異常があればすぐにプロに依頼を!

日常的に自分で点検する習慣があるなら、12か月点検は自分で行うこともできるでしょう。基本的な工具と少しの手間をかけるなら、愛車のコンディションを自分の目で確認することができ、必要なメンテナンスを判断できます。

しかし愛車に修理が必要であると判断したり、異常を感じたのであれば整備のプロに依頼することをおすすめします。ブレーキなどの重要な部品は、適切なトルクで締め付ける必要もあるので、安易にDIY整備を勧められるものではありません。

安心して車に乗れるように、12か月点検をしっかりと行い、異常があるなら整備してもらいましょう。弊社カミタケモータースでは、登録済未使用車や新車の販売だけでなく、車検や点検、整備まで行っています。

カミタケモータースでは・・・

  • メカニックが直接部品交換箇所や状態について説明
  • 1時間で作業完了する(追加部品による変動あり)
  • 基本料金 軽自動車8,800円 普通車9,900円(税込み)
  • 特典でティッシュボックスプレゼント

交換が必要な部品やまだ使える部品などを判断し、予算に合わせてメンテナンスしますので、枚方近郊ならぜひお気軽にお問合せください。

枚方店整備連絡先整備連絡先奈良

\ 車検や点検もスピーディに終わる!/
車検のコバック枚方店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。