カミタケNEWS

エブリィワゴンで車中泊するならマットを使おう!おすすめマットをご紹介!

車中泊ベットキット

アウトドアの人気が高まり、車中泊を楽しまれる方も増えてきています。ハイエースなどのようなワンボックスやミニバンも車中泊ができる車として人気がありますが、注目されているのは軽自動車。

維持費も安く、購入しやすい車両価格でも十分に広い車内スペースが確保されるので、車中泊のベース車両として人気があります。

この記事では、車中泊向けの車としてエブリィワゴンの特徴や車中泊にぴったりのマットをご紹介します。

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

エブリィワゴンの概要

エブリィワゴン

エブリィワゴンは、軽自動車のワンボックスタイプの車です。商用車のエブリィがベースとなっている乗用タイプのモデルで、1964年から発売されているロングセラーモデルです。

5ナンバーの乗用タイプと4ナンバーの商用車と合わせると、軽自動車の中でも長い歴史があります。

現行モデルは2015年から発売されています。広い車内などのエブリィの魅力はそのままに、使う人のニーズに合わせやすい装備やすべてのグレードにターボエンジンが搭載されるなど、利便性と高い走行性能を持ち合わせた車になりました。

ワンボックスタイプの車は車内が広いことを重視しているので、乗り心地の面で懸念点がありますが、乗用タイプのエブリィワゴンであれば仕事やアウトドアだけでなく街乗りでも快適に運転できます。

エブリィワゴンの荷室

エブリィワゴン 荷室

エブリィワゴンの荷室はゆとりがある空間になっており、4人乗って状態でもVDA法で最大1,123Lのラゲッジ容量を確保しているので、たくさんの荷物も余裕で積載可能です。

室内長は2,240mmもあるので、シートを調整して長尺物を積載するのも余裕です。またエブリィワゴンの荷室用のアクセサリーも販売されているので、使い方に合わせてカスタムできます。

例えば、2段ベッドセットは、荷室を2段ベッドのように活用できるアクセサリー。車中泊の際に荷室を2つの空間に区切って活用できます。乗員定員4人が横になることも可能です。エブリィワゴンの使い道が広がるのは嬉しいですね。

またユーティリティカラーリングフックやラゲッジトノボードで、荷物の大きさに合わせて調整できます。使いやすい荷室にできます。

アウトドアや釣りに出かける方なら、マルチルーフバー、ロッドホルダー、ルーフパッキングネットがおすすめ。上部に置いておくと場所を取らないものを積載できるので、使い勝手が大きく向上します。

エブリィワゴンのパワーユニット

エブリィワゴン

車中泊に出かける方は、遠いエリアまでドライブを楽しむケースも多いでしょう。ロングドライブに出かけることが多くても、エブリィワゴンなら心配要りません。

すべてのグレードでパワフルなターボエンジンを搭載しており、坂道でも力強く走れます。吸気側にVVT機構を採用して、最高出力は47kw(64PS)で安定した走りを見せます。

エブリィワゴンのカタログ燃費は、2WD車で13.4km/Lで、4WD車は13.0km/Lです。流行のスーパーハイトワゴンにはカタログ燃費で劣りますが、軽キャブワゴンとしては平均的な燃費といえるでしょう。

燃費性能を期待して購入するよりも、荷室の広さを重視して購入される方が多いので、燃費の悪さが際立っているわけではありません。

実燃費は、計測したときの数値で11.2km/Lでした。街乗りがメインの使い方でこの燃費ですので、極端に悪いわけではありませんが、低燃費を期待できるわけではないでしょう。

実際に燃費計測したときの記事はこちら⇓

エブリィワゴンの実燃費は?特徴やカタログ燃費との比較

エブリィワゴンのシートアレンジ

シートアレンジが豊富な車種ですので、4人乗っても十分な広さがある荷室で足りないときには、簡単に調整してスペースを拡大できます。

前席も後席も左右別で倒してシートアレンジできるので、自分らしい使い方ができます。

エブリィワゴンのシートアレンジの一覧はこちら⇓

4名乗車でも荷室のスペースは十分に確保されています。また3名乗車と荷物のシートアレンジであれば、大人一人が寝転ぶのに十分なスペースと荷物を積載できます。

車中泊をしないときであれば、フルフラットな状態にして、2名乗車と自転車のような大きな荷物も積載できるでしょう。

これらのシートアレンジだけでなく、荷室に装備できるアクセサリーなどを活用すると、収納の幅が広がるので、便利に利用できます。多彩なシートアレンジの他に、多様なアクセサリーを組み合わせられるのはエブリィワゴン魅力です。

エブリィワゴンの車中泊用マット

多彩なシートアレンジができ、広々とした荷室があるエブリィワゴンで車中泊をするなら、エブリィワゴン専用の車中泊用マットがおすすめ。

気軽に車中泊に行きたい方におすすめのマットをご紹介します。

まずはこちらの動画をご覧ください。

カミタケチャンネル

エブリィワゴン用のベッドキットで、弊社スタッフが実際に車中泊してみました!

簡単にシートアレンジして、すぐに車中泊の準備ができる快眠ベッドキットの寝心地は?ぜひこちらからご覧ください。

弊社カミタケモータースで販売しているこちらのマット。

おすすめポイントは以下の通りです。

  • エブリィワゴン専用設計でフラットな空間に
  • ヘッドレスト部分も組み合わせて寝心地が良い
  • 通常時はコンパクトに収納できる
  • 片側のみ利用も可能
  • クッションが肉厚で自然な寝心地になる

こちらのマットは、エブリィワゴン専用となっています。シートの凹凸に合わせてマットの厚さが調整されているので、完全なフラットな空間になります。

マットを敷いただけでは、どうしても細かな凹凸が残ってしまうもの。毎日使うものでないとしても、気持ち良く寝られないなら楽しいお出かけも楽しさが半減してしまいます。

フラットな荷室で気持ち良く寝られるこちらのマットはおすすめ。またヘッドレスト部分もクッションを組み合わせるので、全長も長く男性でも余裕のスペースとなります。

弊社スタッフが実際に車中泊したところ、171cmのスタッフでも足先に余裕があるほどでした。

動画でも解説していますが、マットを畳んだり、敷くときもスムーズなのもポイントです。マットを畳んでも、日常使いに支障がないほどコンパクト。積みっぱなしにしておくことも可能です。

1人のみ利用するのであれば、片側のみフラットにするなど、アレンジもできます。荷物の多さや人数に合わせて調整でききます。

しっかりと肉厚のマットでもコンパクトに収納できる、普段の使い勝手と寝心地を考慮したエブリィワゴン専用マット。詳細については、ぜひカミタケモータースまで問い合わせ下さい!

価格は¥110,000(消費税込)です。

現在は通販はしていないため、店頭での販売のみですので、気になった方はぜひお気軽にお問合せください。

また同じデザインのマットで、エブリィバン対応商品もできました。既製品があまりないので、フィットするベッドキットを探しているならおすすめの商品です。

\ エブリィワゴン/エブリィバン対応のベッドキットのお問合せはこちら/
新車が安い!カミタケモータース

エブリィワゴンで車中泊するなら使用したいアイテム

ここからは、エブリィワゴンで車中泊するときに活用したいアイテムもご紹介します。マットだけで車中泊することもできますが、いくつかのアイテムを用意すると車中泊が快適になりますよ。

サンシェード

エブリィワゴンで車中泊するときに、日差しから守ったり、プライバシーを守ったりするためにもサンシェードは必要です。フロントガラスにサンシェードを使って、中が見えないようにするのはもちろんのこと、サイドやリアガラスにもサンシェードを使うことをおすすめします。

既製品を購入することも可能ですし、アルミシートを使ってDIYもできるでしょう。DIY好きな方であれば自分でアルミシートを購入して、窓枠の型を取って簡単にサンシェードを作れます。

既製品を購入するのであれば、エブリィワゴンの窓の大きさにぴったりのものになるので、手間を省けます。

インバーター

画像引用元:サンワサプライ

インバーターとは車内で電化製品を使えるようにするためのもの。車のバッテリーは12Vですので、シガーソケットには12Vの電圧しか来ていません。しかし家電製品は100Vです。DC12VをAC100Vに変換してくれるのがインバーターです。

シガーソケットに差し込むだけで、コンセントが使えるようになるので簡単です。注意したいのはどれほどの出力のインバーターかということ。充電するものや多さによって必要な出力が異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ポータブル電源

インバーターを使って充電したり、家電製品を使うこともできますが、どうしてもバッテリーが大丈夫なのか気になるものです。車中泊をしてから、朝出発しようとしたらバッテリーが上がっているというのは避けたいですね。

そこでおすすめなのが、ポータブル電源。事前に充電しておけば車のバッテリーを心配することなく、スマホの充電などに使えます。車中泊で充電スペースに迷っているなら、ぜひ活用したアイテムです。

まとめ

エブリィワゴンで車中泊したいときにおすすめしたいマットをご紹介しました。エブリィワゴンは広い車内と使いやすい荷室で車中泊にぴったりです。専用のマットを組み合わせると、快適に過ごせるでしょう。

ぜひこちらから、エブリィワゴン専用のマットについてお気軽にお問合せください。

\ エブリィワゴン/エブリィバン対応のベッドキットのお問合せはこちら/
新車が安い!カミタケモータース

もしこれからエブリィワゴンの購入を検討しているなら、未使用車と低金利ローンの利用がおすすめです。新車のコンディションに限りなく近い未使用車は、新車よりもお得に購入でき、充実した保証があります。

また低金利ローンであれば、金利が少し低いだけでも支払額がお得になります。さらに詳しくはこちらをご覧ください。

エブリィワゴンを低金利で買う方法!お得に購入する方法を解説

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。