自動車の知恵袋

リビルト部品とは何?整備時に利用するメリットとデメリット

リビルト品とは?

り車の整備費用を抑えたいと思ったときに、利用できるのがリビルト部品。整備工場でもコストを抑えるために、リビルト部品を使用するか聞かれることもあるでしょう。

リビルト部品と聞いても、どのような部品なのかイメージしにくい方も多い方と思いますが、簡単に言うならば利用できる部分をオーバーホールした部品のこと。

中古部品は中まで整備していませんが、リビルト部品は使える部分を修理、交換して新品の基準に戻しているのです。

整備時に利用すると、整備費用を大きく抑えることも可能です。この記事では、リビルト部品を利用する前に知っておきたいメリットやデメリットをご紹介しましょう。

リビルト部品のポイント

・中古部品を分解・整備した部品
・費用を抑えながらも品質が高い
・中古部品よりも安心
・すべての整備工場で取り扱っているわけではない

\ メンテナンスのご予約はこちら! /
コバック枚方店公式サイト

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

リビルト部品とは?

エンジン

リビルト部品とは、簡単に言うと中古部品です。何も整備をしていない中古部品ではなく、再度使用するために、整備・検査された部品です。中古部品を分解し消耗している部品を交換し、その後機能面で問題がないことを検査してから販売しています。

外装は同じ部品を使用しているものの、洗浄して塗装されていることもあり、見た目も新しいものに見えます。

中古部品には再利用可能なパーツがあり、内部の「コア」と呼ばれるものを交換すれば再利用な部品があり、これらがリビルド部品の元です。

通常、リビルト部品を利用する場合には、交換を希望する部品と交換という形になります。新しくリビルト部品を生み出すために、交換が必要な部品を渡して、利用可能な部品を購入します。

似たような部品として中古部品がありますが、リビルト部品よりも品質が劣る点に注意が必要です。 中古部品は中古車から取り出して、整備をせずに販売しているからです。

リビルト部品のメリット

電球

リビルト部品のメリットを見ていきましょう。

費用が安い

リビルト部品は、純正部品と比較して低価格で購入できます。部品の種類によっても異なるものの、50%以下の価格で購入できるものもあります。整備費用を大きく抑えるのに有効です。

ただし、現在使用している部品(コア)を返却する必要があります。コアを再利用することで、新品よりも安価の部品を提供できるため、一定の期間の後に返却する必要があります。

環境に優しい

廃車した車の部品やすでに故障した部品を取り出し、使える部品を再利用しているので、廃棄物の削減に役立ちます。新しい部品を製造することと比較して、資源量を削減できるので環境に優しいともいえるでしょう。

リビルト部品のデメリット

デメリット

リビルト部品には、メリットがたくさんありますが、考えておくべきデメリットもあります。

若干の初期不良率の高さ

リビルト部品は、業者がパーツを回収してから分解・整備して、必要部品を修理してから販売しています。

機能に問題がないように整備されてから販売されていますが、法律によって基準が設けられているわけではありません。テスターによって品質確認されていますが、新品と同じではないので、初期不良に注意が必要です。

リビルド部品供給事業者が新品同等の機能を持っていると保証をつけているものを選択すれば、安心して利用できるでしょう。

すべての整備工場で取り扱っているわけではない

リビルト部品で整備費用を抑えられますが、すべての整備工場でリビルト部品を取り扱っているわけではありません。中古部品と異なり、一定の品質は保証されているので、希望すれば交換してくれる場合もあります。

しかしディーラーのように基準が高い場合には、純正部品しか利用できないケースもあるでしょう。そのため、整備の見積もりをしたときに、リビルト部品を取り扱っているのか、よく確認しておくとよいでしょう。

リビルト部品と純正部品の価格の違い

リビルト部品と純正部品には、価格の違いがあります。記述したように、純正部品よりもリビルト部品の方が安くなっているので、費用負担を抑えらえます。

弊社カミタケモータースでは、コバック枚方店が併設されており、年間多くの車の車検や整備を実施しているので実績が豊富です。ここでは、平成26年式のタントを例にとって、どれほど価格が異なるのかご紹介します。

例)タントLA600S H26年式

【純正部品とリビルト部品の値段の違い】

●コンプレッサー(部品・工賃・ガス込)
新品 ¥123,211
リビルト¥75,790

●オルタネーター(部品・工賃込)
新品¥61,545
リビルト¥48,345

●ドライブシャフトASSY(左のみ)(部品・工賃込)
新品¥61,160
リビルト¥26,510

ただし注意点があります。この金額はコンプレッサーならコンプレッサーだけ、オルタネーターならオルタネーターだけの交換金額になっています。そのため、周辺部品の交換金額は入っていません。

車の整備は、年月の他に走行距離が重なると部品が摩耗して、修理箇所が多くなりがちです。交換が必要な部品が発生するなら、周辺部品も同時に交換が必要になるケースがあります。

リビルト部品だけでなく、周辺部品も合わせると修理費用が高くなる可能性があります。安全に走行できるために、どの範囲までの部品交換が必要か、よく相談するとよいでしょう。

リビルト部品を使った整備なら信頼できる整備工場がおすすめ

整備工場

リビルト部品を使って整備するなら、信頼できる整備工場を選択することをおすすめします。修理が必要な状態なら、少なくとも周辺部品も交換の時期が来ていることが多いです。

そのため、どの部品をそのまま使い、どの部品を交換するのか慎重に判断する必要があります。信頼できる整備工場であれば、修理のために取り分ける予算や今後の計画に合わせて、必要な整備を提案してくれます。

整備工場にも技術に差があるので、必要ない部品の交換を勧めてくる整備工場もあるので注意が必要です。予算に合わせて、早急に交換が必要な部品、一定の期間使える部品などと、丁寧に説明しながら相談してくれる整備工場がおすすめです。

大阪・枚方の整備ならコバック枚方店

コバック枚方店

安く車を整備したいと思っているなら、車検のコバック枚方店がおすすめです。年間8,000台の車検を実施しており、豊富な経験と高い技術で整備します。

お客様の予算を考えながら、使える部品と車検の基準に適合させるために交換が必要な部品を説明します。安心して整備を依頼をしていただける整備工場です。

特に部品交換が必要な整備では、独自のルートで部品を調達するので、整備費用を抑えて修理ができます。予算と相談しながら、整備していただけます。数多くの台数の車検を実施しているからこそ、コスト削減が整備費用の安さにつながっているのです。

車検もおすすめで、ネットからなら24時間いつでも予約ができますし、車検の実施で2年間オイル交換&簡易点検が無料などの嬉しい特典もあります。

車検代金はカード支払いもできる(法定費用は現金となります)ので、支払方法も選べます。ぜひお気軽にお問合せください。

\ メンテナンスのご予約はこちら! /
コバック枚方店公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。