エクリプス クロスの内装は?スタイリッシュSUVの特徴や荷室を解説!

エクリプスクロス

三菱が販売しているコンパクトSUVのエクリプス クロスは、三菱自動車のグローバル戦略車として2018年から国内で販売されています。

デザイン言語である「ダイナミックシールド」が採用され、精悍なイメージがあるモデル。

インテリアは、上質な内装デザインになっていますが、クーペのようなスタイリッシュさも感じさせるものです。

エクリプス クロスの内装はどのような特徴があるでしょうか?荷室や収納スペースも詳しくご紹介します。

\エクリプス クロスが1.99%低金利で購入できる!/

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

目次

エクリプス クロスの内装の特徴は

エクリプス クロスは落ち着いたデザインの内装になっており、乗用車的なデザインになっています。また先進性を感じさせる内装で、SUVらしさだけでなく、クーペのようなスタイリッシュなデザインです。

エクリプス クロスの内装の特徴をさらに詳しくご紹介します。

先進性を感じさせるデザイン

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスの内装デザインは、先進性を十分に感じさせるものです。例えば、パドルシフトを備えた運転席周辺は、航空機をイメージさせるデザインです。

水平基調のインストルメントパネルに、シルバー加飾が施され、 全体的にプレミアム感がありながらもスポーティです。シフトレバーの周りもドライブモードやシートヒーターのスイッチが配置されるなど、コックピットのようなデザイン。

メーターのマルチインフォメーションディスプレイには、走行時のモードなど必要な情報が見やすく配置されています。

後席のヘッドスペースも十分ある

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

流れるようなフォルムになっていますが後席のヘッドスペースも十分にあります。後席も9段階のリクライニング機構が搭載されており、必要に応じて自分の好きな角度に調整しやすいです。

従来のモデルには、スライド機構が搭載されていましたが、現行モデルにはリクライニング機構のみです。しかし大人が座っても、前席とのスペースは十分にあります。中央にもアームレストがあり、頭上に空間があるので窮屈さもありません。

リアガラスにかけて背が低くなっている印象があるデザインですが、背の高い大人が座っても余裕があります。見た目よりも快適性が高いモデルです。

クーペライクな印象もある

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

コンパクトSUVですが、クーペライクなフォルムをしているのがエクリプス クロスです。フロントフェイスは、三菱自動車のデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」が表現されており、後方にかけて流れるようなシャープなデザインです。

立体的な六角形のリアデザインが、今にも走り出しそうな雰囲気を感じさせてくれます。リアウィンドウは従来のモデルは2分割されていましたが、2020年12月12月の大幅改良の際に、リア周りのエクステリアも変更されています。

現行モデルはすっきりとしたシングルウィンドウになっており、後方視界が広くなって運転手からも確認しやすくなりました。もちろん現行モデルでも大人が座っても頭上のクリアランスは十分あります。

エクリプス クロスのグレード別内装

エクリプス クロスはグレード間の違いは、ほとんどありません。しかし標準装備される装備やオプション装備できるものが少し異なっています。

エクリプス クロスのグレード別内装や装備の違いを見ていきましょう。

M:PHEV/ガソリン

エクリプス クロス M

画像引用元:三菱

エントリーグレードになる「M」はプラグインハイブリッドとガソリンの両方が選べるブレードです。機能は比較的シンプルになっており、ヘッドアップディスプレイは装備されていません。しかし本革巻ステアリングホイールやフルオートエアコンが装備されるなど、充実しているのも特徴。

エアコンはプラグインハイブリッドモデルは左右独立温度コントロール式になります。またガソリン仕様やファブリックのシートに対して、プラグインハイブリッド車は上級ファブリックになるなど、内装にも微妙な違いがあります。

G Limited Edition:ガソリン

エクリプス クロス G Limited Edition

画像引用元:三菱

特別仕様車のこのグレードでは、シートがステッチ無しの上級ファブリックになります。アクセントカラーがないシートなので、見た目も引き締まったものになります。

インナードアハンドルがメッキ加飾されたり、大型フロアコンソールボックスが装備。LEDインテリアイルミネーションがあるのもこのグレードからです。

後席には、このグレードからセンターアームレストが装備されるのも特徴です。後に座る人も快適に過ごせるでしょう。安全装備では、後側方車両検知警報システムや後退時車両検知警報システムがオプション装備できるグレードなので、希望するなら充実した安全装備にできます。

G:PHEV/ガソリン

エクリプス クロス G PHEV

画像引用元:三菱

上級仕様のグレードになりインテリアのドアアームレストが合成皮革が採用されたり、シートがスエード調と合成皮革のコンビネーションになります。

ステアリングヒーターが装備されたり、オプションで後席のシートヒーターが装備できるなど、冬場も快適に過ごせる装備が選択できるグレードです。プラグインハイブリッドなら高速道路同一車線運転支援機能マイパイロットが装備されます。

「G」以上のグレードで本革シートをオプション装備できるのも特徴です。

P:PHEV

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

プラグインハイブリッドの最上級グレードになります。メーターガーニッシュがシルバー加飾されたり、天井色がブラックになったりするのが特徴。アルミペダルが装備されるのも、他のグレードにはない特徴です。

オーディオ関連ではスマートフォン連携ナビゲーションが標準搭載されます。プラグインハイブリッドの「G」と同様に、高速道路同一車線運転支援機能マイパイロットが装備されています。

長距離運転を頻繁に行うのであれば疲労を軽減してくれる装備が搭載されているグレードです。

G Plus Package:ガソリン

エクリプス クロス G Plus Package

画像引用元:三菱

ガソリンの最上級グレードです。メーターガーニッシュやインパネセンターアッパーガーニッシュがシルバーで加飾も施されています。

エクリプス クロスの外装

 

エクリプス クロスは、SUVながらもクーペのような流れるようなフォルムです。またダイナミックシールドのフロントフェイスが押し出し感もあり印象的です。

リアにかけては、リアのオーバーハングが拡大されており、ラゲッジスペースも広がっています。

エクリプス クロスの荷室

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスの荷室は、SUVのパッケージングで使い勝手のよいものになっています。後席の居住性を犠牲にせずに、広々とした荷室を確保しているので、ドライブの際の荷物も余裕の積載性を誇ります。

プラグインハイブリッドモデルは、9インチのゴルフバッグが3個、ガソリンモデルなら4個積載できるほど。荷室の寸法は以下のとおりです。

荷室長(リアシート折りたたみ時) 約1,540mm
荷室幅(最小) 約1,000mm
荷室幅(最大) 約1,260mm(PHEVモデル
約1,330mm(ガソリンモデル)

工具の収納ができるラゲッジアンダーボックスも装備されています。

通常時の荷室で足りないときには、リアシートを左右別々に倒せるため、荷物の大きさに合わせてシートアレンジできるでしょう。リアシートはスライドさせることはできませんが、倒してしまえば十分な荷室長になるため、コンパクトSUVとしては広い荷室です。

ガソリンエンジンモデルだけでなく、燃費がよいプラグインハイブリッドモデルが設定されていますが、どちらも広々とした荷室を確保しています。

エクリプス クロスの収納

運転席周りにも充実した収納があります。エクリプス クロスにどのような収納があるか見ていきましょう。

スマートフォントレイ

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

スマートフォントレイは、フロントシートの中央にあるので、運転席と助手席のどちらからも手が届きやすいです。スマートフォン連携ナビゲーションが装備されている、「G Plus Package」と「P」は、USBポートがあるのでスマートフォンの充電もしやすいです。

グローブボックス

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

助手席前の収納スペースは、2段に分けられています。車検証などの書類を入れておけるスペースと、普段の小物を入れておけるスペースの両方があるので便利です。

ドリンクホルダー

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

中央にあるドリンクホルダーは、ラバーマットが備えられています。

大容量フロアコンソール

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

フロアコンソールは、大容量の収納スペースが確保されています。「M」は容量が少ないです。大型フロアコンソールボックスが装備される「M」以外は、サングラストレイが付属しているので、サングラスを必要なときに取り出せます。

上記の他の収納には、ラゲッジアンダートレイ、助手席シートバックポケットがあります。本革シートの場合には、運転席側にもシートバックポケットが装備。たくさん収納があるわけではありませんが、使いやすい位置に収納スペースは確保されているといえるでしょう。

エクリプス クロスの価格

エクリプス クロスの価格は、以下のとおりです。

【エクリプス クロスの価格表】

M PHEV 4WD3,848,900円
ガソリン 2WD/4WD2,531,100円
G Limited Edition ガソリン 2WD/4WD2,757,700円
G PHEV 4WD4,240,500円
ガソリン 2WD/4WD2,922,700円
P PHEV 4WD4,510,000円
G Plus Package ガソリン 2WD/4WD3,126,200円

よくある質問

エクリプス クロスの内装は?

エクリプス クロスはブラックとシルバーのインテリアになっており、先進的で上質な内装のデザインです。水平基調のインパネで、派手さを抑えたデザインですが、SUVとしての機能性もある内装になっています。

エクリプス クロスのグレード別の内装の違いは?

エクリプス クロスはグレード間のデザインの違いはほとんどありません。「M」ではファブリックシート、「G」以上ではスエード調素材と合成皮革のコンビシートかオプションで本革シートが装備されるのが大きな違いです。細かな違いがあるとはいえ、どのグレードでも上質な内装です。

エクリプス クロスの荷室は?

エクリプス クロスの荷室は、コンパクトSUVに十分なスペースが確保されています。リアシートを倒した状態では、約1,540mmも荷室長があるので、大き目の荷物も積載しやすいです。

エクリプス クロスをお得に購入する方法

エクリプス クロスをお得に購入したいのであれば、低金利ローンをおすすめします。トータルコストを抑えながら、毎月の支払額を一定に抑える方法だからです。

一般的に普通車を購入される場合は、ローンを利用される方が多いです。ローンなら毎月の支払額を抑えて、家計の負担を抑えながら希望するグレードの車に乗れます。しかしどうしても金利という手数料負担は避けられません。

そこで、低金利ローンを利用します。手数料となる金利を抑えられるので、完済までのトータルコストを抑えられるのです。弊社カミタケモータースでは、新車1.99%のOPプレミアムプランを提供しており、大変お得に購入していただけます。

エクリプス クロスの支払額の例

【ガソリン「G」】

エクリプス クロス G

画像引用元:三菱

2回目以降24,300円(税込)×120回
ボーナス月30,000円×20回

【初回のみ】 26,425円(税込)
【車両本体価格】 2,767,700円(税込)
【OPプレミアムプラン総額】 3,187,700円(税込)
【手数料込総額】 3,517,945円(税込)

他社同等プランと比較して最大90.3万円お得!

【PHEV「G」】

エクリプス クロス PHEV G

画像引用元:三菱

2回目以降37,000(税込)×120回
ボーナス月30,000円×20回

【初回のみ】 43,211円(税込)
【車両本体価格】 4,152,500円(税込)
【OPプレミアムプラン総額】 4,572,500円(税込)
【手数料込総額】 5,046,211円(税込)

他社同等プランと比較して最大129.6 万円お得!

上記のプランは、乗り出しに必要なオプションもセットになっているため、比較すれば圧倒的にお得です!希望するグレードのエクリプス クロスをお得に購入できます。

Web上から簡単にローン審査もできるため、こちらから詳細情報をチェックしてみてください。

\エクリプス クロスが1.99%低金利で購入できる!/

目次
閉じる