マイカーローンの審査とは?審査基準や落ちる理由や対処方法

マイカーローンの審査基準と対策は?

新車の購入は大きな金額が必要になることから、キャッシュだけでなくローンを検討する方が一般的です。

しかし分割で支払い、毎月の支払額を抑えて自動車を購入するためのマイカーローンは、事前に審査が必要となります。

そこで、マイカーローンの審査とはどのようなものか、目安となる審査基準や対処方法をご紹介しましょう。

マイカーローンの審査のポイント

  • 審査では属性をチェックされる
  • 借り入れ状況や信用情報も確認
  • 仮審査で事前に確認できる
目次

マイカーローンの審査

書類

マイカーローンは借り入れ先によっても審査が少し異なります。しかし「仮審査」と「本審査」に分けられます。

仮審査は必ず受ける必要があるものではありませんが、審査に通る可能性があるのかを事前に判断できる方法です。仮審査と本審査の違いを見ていきましょう。

仮審査

仮審査は審査の前に、借り入れ金額と収入や属性などのバランスが取れているのか確認することです。事前審査とも呼ばれることがある簡易的な審査です。

仮審査は以下のような特徴があります。

  • 借入額の目安が分かる
  • 結果がすぐに分かる

審査ではさらに細かな属性や条件を確認しますが、おおまかな情報でも申込金額と条件のチェックができます。インターネット上で情報を入力するだけで行えることが多く、早ければその日のうちに結果が分かります。

ローン会社によって求められる情報が異なりますが、必要な情報は住所などの個人情報の他に、収入や借入目的、他の借入状況などです。

本審査

本審査は、マイカーローンを組めるのかを判断する審査になります。仮審査で提供した情報だけでなく、さらに返済能力を詳しくチェックしていきます。

CIC(指定信用情報機関)という信用情報機関に、信用情報の照会をして確認するのです。

この機関は、クレジットカードの支払いや携帯電話料金などの、借入、支払い情報が記録されています。

金融事故があると、審査に通る可能性は低くなります。審査に通るか心配であれば、信用情報機関に情報開示を請求して確認しておくとよいでしょう。

カーローンの審査基準

チェック

ローンを組んで借入を行う前には、必ず返済能力を確認する審査があります。ローンの種類によっても審査基準が異なるケースがありますが、一般的には年収や職業、さらに勤続年数などが主なチェック項目です。

どのような点を確認しているのか、ご紹介します。

属性の確認

ローンの審査において、属性の確認は重要な審査項目です。属性とは、申し込みした人に返済能力があるのかを判断する材料です。

複数の項目を確認していきますが、主な内容と審査のポイントを見ていきます。

年収

年収は、基本的に高いほど審査で有利になります。収入の多さだけではなく、年収における返済額の割合も重視されます。

年収が低いと審査に通らない可能性がありますが、最低生活維持費をオーバーしていないかがポイントです。

最低生活維持費は家族構成により算出されるので、審査での確認が必要です。年収制限を設けているローンもあるため、自分の年収と返済額のバランスを確認しておきましょう。

職業

勤務先もローンの審査で判断されます。

一方で、アルバイトなどは雇用形態から収入が不安定とみなされる場合もあります。どのような職業で雇用関係がどうかは、1つの判断材料です。

勤続年数によっても、安定した収入があるかを判断されるため、必ずしも勤務先や職業のみで判断されるわけではないことも覚えておきましょう。

特定の職業が優遇されるわけではありませんが、「毎月安定して収入を得ている」ことが重要な要素です。

勤続年数

勤続年数も審査基準となります。短期間の収入では、正しい返済能力を判断しにくいですが、一定の期間安定して収入があるなら安定した収入があると判断されるでしょう。

ローンの返済は短期間では終わらないため、ある程度の勤続年数が求められます。

一方で、入社から1年も経過していないなら評価は低くなります。転職をくり返して勤続年数が短いなら、辞めてしまう可能性があるかもしれないと判断されます。

他の借入状況

他の借入があるのかも、審査基準となります。他社から借入がない方が、もしくは借入金額が少ない方が、審査では有利です。

返済能力を判断するのに、申込金額だけでなく他の借入金額を含めた費用で審査するからです。

一方で、他社での借入、返済実績があると信用情報となるケースもあります。もちろん生活費以上の借入をしているなら不利になるので、ケースバイケースです。

信用情報

既述したように、信用情報をチェックして、金融事故の有無も確認されます。

クレジットカードやキャッシング、携帯電話料金の支払いの遅延や滞納は、金融事故という情報となるので注意が必要です。

信用情報が残り続けるわけではありませんが、滞納であれば約5年、自己破産であれば約10年にわたって情報が残るといわれます。

マイカーローン別の審査の難易度

話し合い

マイカーローンといっても、どこに申し込むかによっても審査の難易度は異なります。

銀行系のマイカーローン

銀行系のマイカーローンは、審査が難しい傾向です。審査結果が分かるまでの時間が長いです。

車両を担保に入れるわけではないため、審査基準は高めとなります。その分、審査に通るのであれば、1.0〜4.0%ほどの低金利で借入できます。

金額が大きければ大きいほど、金利の差が大きな違いとなるため、銀行系のローンを検討できるかもしれません。自身の属性と希望している借入額とのバランスを検討しておくのはおすすめです。

ディーラーローン

ディーラーローンは、自動車メーカー系列が用意しているローン商品です。車の申し込みと同時にローンの申し込みもできるので、手続きの手間を省ける方法となります。

ディーラーが提携している信販会社との契約となり、一般的には銀行よりも高い金利です。目安となるのは4〜8%の金利です。

ディーラーローンは、車が担保となっているので、返済するまではディーラー名義となります。返済が終わるまでは、車の買い替えが難しい方法です。しかし金融機関のローンと比較して、手続きがスムーズなので、気軽に利用しやすい方法といえるでしょう。

自社ローン

自社ローンは、自動車販売店が信販会社を通さずに、分割払いに対応している方法です。金融機関ではないため、金利がない代わりに、分割手数料が必要となります。

主に中古車で取り扱っている自社ローンは、全てのお店で提供しているわけではないため、確認が必要です。

自社ローンでも審査はありますが、銀行系のローンやディーラーローンよりも審査に通りやすいといわれています。

自動車販売店と契約することになるため、申し込みから審査までの時間が短いのも特徴です。

カーローンの申し込みから審査の流れ

書類 手続き

カーローンを申し込みしてから、審査を行うまでの流れを見ていきましょう。

基本的に、以下の流れで審査を受けます。

  1. 車の見積もり
  2. 支払い方法の相談
  3. ローンの申し込む
  4. 審査
  5. 車両代金の支払い

1:車の見積もりをする

欲しい車があるなら、見積もりをして内容の確認をしましょう。オプションなどを含めた金額を確認しておき、どのくらいの費用が必要なのか、その中の頭金をいくらに設定するのか確認しておきます。

2:支払い方法を相談する

見積もりができたなら、支払い方法を相談していきましょう。支払い回数や組み方など、どのようなローンを組めるのか確認します。

銀行のマイカーローンを利用できる条件を満たしているかもしれませんし、サービスの違いなどからディーラーローンを検討する場合もあるでしょう。

3:ローンの申し込みをする

ローンの申し込みをしていきます。借入金額と返済期間、さらに金利がどのくらいになっているかを確認しておきましょう。

返済期間を短くすると、月々の返済額が大きくなります。しかし毎月の支払額を抑えると、返済期間が長くなり、総支払額は大きくなるのが特徴です。

バランスを取るために、頭金を用意しておくのもよいでしょう。これらの点を確認したなら、ローンの申し込みをします。ローンによってはWebから申し込みができます。

4:審査が行われる

申し込みから審査が行われます。金融機関であれば、窓口で申し込みをしてから1週間ほどかかることもあるので注意が必要です。

ディーラーローンや自社ローンであれば、当日中に審査結果が分かることもあります。ローン商品によって審査結果が分かるまでの時間が異なります。

5:車両代金を支払う

審査結果が通知され審査に通ると、口座にお金が振り込まれるため、車両代金を支払います。ローン商品によっては、自動車販売店に直接入金される場合もあります。振り込まれる口座や支払い方法を確認しておきましょう。

マイカーローンの審査に通るためにできる3つのこと

ポイント

マイカーローンの審査に通るためにできる3つのことをご紹介します。

仮審査を試してみる

本審査を受ける前に、仮審査を試してみるのは1つの方法です。仮審査は、本審査の前に任意で受けるもので、ローンに通るのか事前に確認できる方法となります。

事前にローンが通りそうなのか確認できるだけでなく、複数の審査申し込みを行って審査に通りにくくなることを防げます。

頭金を入れて借入額を減らす

当然のことですが、借入金額を減らしておくと審査に通りやすくなります。そこで、頭金を入れておき、借入額を減らす方法があります。審査に対し、手元資金力と計画性をアピールすることができます。

どれほどキャッシュを持っているかによって左右されるポイントですが、可能な限り頭金を用意しておくのもおすすめです。

信用情報を確認してみる

審査を受ける前に、自身の信用情報を確認するのも審査に通りやすくする方法です。審査基準を満たしていても、実は金融事故を起こしている可能性もあるからです。

携帯電話の延滞や滞納は、うっかりミスで起こる可能性があるケース。思わぬ理由で金融事故がある可能性もあるため、不安であれば信用情報機関に問い合わせて情報開示を依頼しましょう。

金融事故を起こしてしまったなら、その事故の保管期間は機関によって、また事故内容によって異なりますが、5年が目安となります。

審査に通るのか不安であれば、どのような事故が記録されているか事前に確認しておきましょう。

グレードを落としてみる

車両のグレードを落としてみるのも、審査に通る方法となります。既述した頭金を入れる点と似ていますが、借入金額を抑えるなら審査にも通りやすくなります。

そもそも車が購入できないよりも、グレードを落としてもその車種に乗りたいという方もおられます。グレードが異なるだけで、大きな差額がでる車種もあるため、借入額がギリギリであれば検討できる方法です。

連帯保証人を立ててみる

基本的に、車のローンでは連帯保証人は不要です。しかし審査通過が難しくても、連帯保証人を立てることで、審査に通過できるケースもあります。そのため、親や配偶者に連帯保証人になってもらえるか相談してみるとよいでしょう。

連帯保証人になるには、いくつかの条件を満たしている必要があります。成人しており、安定した収入があること、金融事故を起こしていないなどの条件を満たしているなら、連帯保証人を立てることを検討できます。

マイカーローンの審査に通らない理由

理由

マイカーローンの審査に通らない場合に、どのような理由があるかご紹介しましょう。

年収と借入金のバランスが悪い

年収と借入金のバランスが悪いことは、審査に通らない理由となります。

頭金を多めに用意して、借入額を減らすことを検討できる場合もあるでしょう。しかし手元にキャッシュを残しておきたいなど、資金計画があるため頭金を用意するのが難しい場合もあります。

他の借入がある

もし他の借入があるなら、ローンを完済してから審査を受けるのがおすすめです。ローン会社は申し込みした金額だけでなく、他の借入も含めた借入金の合計で判断します。

気軽に利用できるカードのキャッシングなどがあるなら、事前に返済しておくとよいでしょう。

返済能力以上の申し込みをしても、審査に通ることはありません。他のローンの借入があるなら、事前に借入額を計算しておき、無理のない範囲でローンの申し込みをします。

属性の基準を満たしていない

そもそも、申し込みしたマイカーローンに対する属性の基準を満たしていないことも理由となります。審査の基準は公表されていませんが、おおよその予想はできるでしょう。

例えば、大きな金額の借入を申し込みしているのに、直近で転職したなどのケースです。年収や住まいなどの条件は満たしていても、勤続年数が短いことが原因で審査に通らない可能性もあります。

ローンの審査で判断されるのは、その人が安定して返済できるかということです。車をローンで購入することを考えているなら、申込の直前は転職しないようにしましょう。

安心してお得に車を購入するならカミタケの低金利ローンがおすすめ!

マイカーローンの審査基準や落ちないようにするためのポイントをご紹介してきました。希望する愛車を購入するなら、できる限りお得に車を購入したいものです。

そこでおすすめしたいのは、カミタケの低金利ローンを利用するという方法です。金利が低いローンのことで、支払い手数料も含めたトータルコストを抑えられる方法となります。

OPプレミアムプランとは超お得な購入方法

弊社カミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランを取り扱っています。金融機関のマイカーローンは金利が低くても、「審査が厳しそうで申し込みをためらっていた」という方におすすめのプランです。

OPプレミアムプランは、全メーカー、全車種に対応しているプランで、乗り出しに便利なオプションもセットになっています!

例えば、ファミリーカーとして人気のアルファード(2.5L SCパッケージ)なら、他社ローン5.9%とカミタケ特別ローン1.99%を比較すると、支払い回数120回で月々の差額は9,000円!年間では、108,000円も異なります。金利手数料の差額は、なんと約107万円です!

申し込みが簡単で頭金0でもOK

頭金0円~から申し込みできるので、まとまった資金がなくても問題ありません。また、Web上から仮審査もできるので安心です。

メールで仮審査の結果を通知してもらうこともできるので、遠方からの申し込みも問題ありません。ぜひこちらから、OPプレミアムプランの情報をチェックしてください。

軽自動車

よくある質問

マイカーローンの審査基準は?

ローンの審査基準は公開されていませんが、申し込みした人の年収や職業、勤続年数などの属性をチェックしています。年収に対する借入額の割合なども審査の対象となります。

審査に通るための方法は?

審査に通るために、基準を満たしているか確認したり、借入額を抑える方法があるでしょう。信用情報が心配であれば、信用情報機関に事前に情報開示を依頼できます。また可能であれば、頭金を用意するなどして借入額を抑えるのもよい方法です。

審査に落ちた場合はどうする?

審査に落ちてしまった場合には、グレードを下げたり、頭金を用意しておき借入額を抑えるなどして、再度申し込みできるでしょう。しかし短い期間に何回も申し込みすることで、不利になるケースもあります。申し込みの前に、仮審査を受けるとよいでしょう。

目次
閉じる