車の擦り傷はどうすればよい?自分で修理する方法や費用相場

擦り傷

車に擦り傷をつけてしまった場合、鈑金修理にどのくらい費用がかかるのか気になります。

擦り傷をそのままにしておくと、傷の深さによっては錆が発生しますし、見た目も悪いからです。

しかし「自分で修理できるのかな?」、「擦り傷を直すといくらかかるの?」、「保険を使って修理できるのか?」などと気になる疑問が出てきます。

この記事では、車の擦り傷を直す方法や自分で修理する手順、さらに依頼した際の費用相場などを解説します。

モドーリー LINE

目次

車の擦り傷の種類

車 傷

車の擦り傷といっても傷の深さなどによって、種類があります。線傷やひっかき傷の特徴をご紹介します。

線傷

線傷はコンクリートや石などによってボディーを引っかいてできた傷の他、走行中に飛来した物によって傷が入ることもあります。

また、乗り降りの際に硬いものによって気づかないうちに入っているケースもあります。いたずらいたずらなどで、硬貨や釘などで線傷をつけられる被害に遭うこともあるでしょう。

ひっかき傷

ひっかき傷は、鍵穴周辺であれば自分で鍵をひっかけて傷をつけてしまうことがあります。また、車の鍵と一緒にしているキーホルダーで傷をつけることもあるでしょう。

洗車のときに、古い洗車機を使用した場合には細かな傷がついてしまうこともあります。その他にも駐車するときに、草木に引っ掛けてしまうなどがあるでしょう。

車の擦り傷を直す方法

塗装

車の擦り傷を直す方法をご紹介しましょう。

  • 自分で修理する
  • 鈑金業者に依頼する

基本的に2つの方法で対応できます。

自分で修理する

自分で修理する場合には必要な材料を購入して、実際に作業する必要があります。擦り傷の大きさや深さによりますが、軽い擦り傷であれば自分で修理した場合でも、きれいに仕上がることもあります。

一方で深い傷になっていたり、凹んでいたりすると、難易度が高くなるでしょう。自分で作業することで、傷が目立ってしまうケースもあるため、見極めが必要です。

自分で修理する場合には、必要な材料を揃えるため費用がかかるのは懸念点です。1つのものを用意すればきれいにできるわけではなく、複数の材料が求められる傷もあります。

自分で修理できるのかを見極めたり、作業の時間やスペースを確保したりするのも求められるポイントです。

鈑金業者などプロに依頼する

鈑金業者などのプロに依頼することもできます。プロであれば修理が必要な個所を見極めて、綺麗に仕上げてくれるでしょう。

鈑金塗装は、車1台1台異なる色に、違和感なく塗装しなければいけません。擦り傷があるエリアだけでなく、塗装範囲の境との色の調整が必要です。

プロに依頼すれば、周りの色に合わせて塗装してくれるので、違和感なく仕上げられるでしょう。

擦り傷を直すために必要な材料

自分で、もしくは業者に依頼するとしても、擦り傷を直すには材料が必要です。傷に合わせて適した材料を用いる必要があります。

どのようなものを用いるかは、材料の特徴を理解しておき判断します。擦り傷を直すために必要な材料を見ていきましょう。

擦り傷を直すための材料

  • コンパウンド入りワックス
  • コンパウンド
  • タッチペン
  • スプレー
  • パテ
  • シール

コンパウンド入りワックス

コンパウンド入りワックスは、ワックスという表面をコーティングするものに、傷の表面を削る効果があるコンパウンドが入っています。傷の表面を削って目立たなくしながらも、ワックスでコーティングできるので、一石二鳥です。

コンパウンド

コンパウンドは、塗装の表面を削る研磨剤が入っているものです。粒子の細かさで、どれほど削るのかが異なるため、傷や塗装の状態に合わせて調整する必要があります。

タッチペン

タッチペンは、塗料とペンが一体型になっている傷消し剤で、ピンポイントで傷を隠すのに適しています。擦り傷でも、使いこなすことで費用負担も少なく、傷を目立たなくできます。

スプレー

スプレーは、塗料を吹き付けて傷を目立たなくするものです。ボディーカラーと同じ色を用意できるものが多いですが、経年劣化して色が変化していると、調整する必要があります。また、広い範囲を塗装できますが、下地はしっかり処理しなければいけません。ワックスなどのような傷隠しはできないため、下処理が必要です。

パテ

傷が凹んでしまっている部分を埋めるのがパテです。ペースト状になっていて、乾燥してから研磨したり、塗装したりして傷を隠していきます。

シール

シールは該当部分に貼り付けるだけで傷を隠せます。貼るだけで簡単に施工できるタイプの傷けしですが、ボディ色との微妙な違いまではカバーできないため、少しの凹凸が見える可能性があります。しかし他の方法よりも簡単にカバーできるのが特徴です。

自分で消す方法と必要な費用

費用

車の擦り傷を自分で消そうとするなら、必要な道具をそろえる必要があるでしょう。何をベースに擦り傷をカバーするかによっても、必要な道具や費用が異なります。

ここでは、コンパウンド、タッチペン、さらにスプレーを使う場合のおおよその費用をご紹介しましょう。

コンパウンド

コンパウンドで直す際の材料

  • コンパウンド:数百円から3,000円
  • クロス:数百円

コンパウンドであれば数百円で購入できるものから、複数の番手を購入しても数千円で収まるでしょう。初めてコンパウンドを購入するなら、セットで複数の種類を用意できるものが便利です。

コンパウンド自体はどれほどの種類を用意するかによって費用が異なります。しかしセットになっているものでも、2,000円以内で購入できる場合が多いようです。

求めている仕上がりによっても、必要な番手が異なるので、必要に合わせて複数のコンパウンドを用意しましょう。電動工具を使用せずに、手で作業するのであれば、コンパウンドとクロスのみで仕上げられます。

タッチペン

タッチペンで直す際の材料

  • タッチペン:1,000円以内
  • マスキングテープ:数百円
  • 耐水ペーパー:200円
  • コンパウンド:数百円

タッチペンで仕上げるときには、タッチペンだけでなく、他の材料を使いながら仕上げるのがポイントです。

錆ないように塗料を塗るのであれば、タッチペンだけでも作業できますが、他のものを用意するときれいに仕上げられます。

不必要な部分を塗らないようにカバーするマスキングテープや、盛り上がったところを削る耐水ペーパーを用意しておきましょう。

可能であれば、コンパウンドを準備するなら、さらにきれいな仕上がりになります。

スプレー

スプレーで修理する場合の材料

  • スプレー:数千円
  • マスキングテープ:数百円
  • コンパウンド:数百円

スプレーは上手に傷消しできれば、一番きれいに仕上げられる方法ともいえるでしょう。しかし作業の手順や必要なものが、鈑金塗装とほとんど変わらないため、費用はかかる方法です。

擦り傷の範囲が広かったり、凹みがあったりすると、パテで傷を埋める必要があるため、上記よりもさらに費用が必要です。

スプレーで仕上げるためには、ボディと同色のスプレー缶の他に、塗料のノリをよくするプライマーや艶を出すクリアー、さらに周囲となじませるためのぼかし剤など複数のスプレーが必要となります。

これらを全て用意すると、数万円単位に費用が必要になるケースもあるため、傷消しの範囲によっては鈑金業者に依頼する方がよいケースもあります。

擦り傷の修理を試みる順番

チェック

車の擦り傷を見つけたなら、まずは手がかからない方法ができないか試してみるとよいでしょう。

簡単に作業すれば、ある程度カバーできるのであれば満足できるかもしれません。一方で、周囲と変わらないほどの仕上がりを期待するのであれば、最初からスプレーでの補修を検討できるでしょう。

どのような傷の場合に選択できるのか、また作業のポイントもご紹介しましょう。

1:浅い傷ならコンパウンド

擦り傷でも、深くないのであれば、コンパウンドでカバーできることもあるでしょう。最初は、粒子が荒いコンパウンドから始め、徐々に粒子が細かいタイプに変えていきます。

こすったような傷であれば、コンパウンドで作業するだけで、目立たなくできることも多いです。そのため、まずは手軽に作業できるコンパウンドを用意するのがおすすめです。

コンパウンドの粗さによっても、カバーできる傷が異なるため、少し凹凸がある状態なら複数の番手のコンパウンドを用意しておきましょう。

2:細かな傷ならコンパウンド入りワックス

ほとんど深さがない細かな傷であれば、コンパウンド入りワックスを用意するだけでもよいかもしれません。

コンパウンドで傷を削りながら、ワックス成分で艶だしや傷カバーできます。ただし、深い傷をカバーすることはできませんので、全ての傷を消すことはできないと覚えておきましょう。

洗車傷にように細かな傷であれば、コンパウンドも入っていないワックスでも十分な可能性があります。細かな傷でも、状態に合わせて傷消し剤を選択するのがよいでしょう。

3:小さな剥がれならタッチペン

飛び石でボンネットに傷が入ったようなものなら、タッチペンが適しています。擦って剥がれたような小さなエリアでは、筆のようになっているタッチペンで埋めるように塗装します。

簡単に施工できるのが特徴ですが、筆のようなので細かなところに塗料を載せるのが難しいのが注意点。そのため、マスキングテープなどを使用して、塗装する範囲を絞っておくとよいでしょう。

擦り傷でも、線キズがあるなら塗り重ねることでカバーできる場合もあります。

4:広範囲はスプレー

広範囲の傷をカバーするのであればスプレーで仕上げるのがよいでしょう。スプレーで塗装する前には、耐水ペーパーで凹凸をなくしたり、深い傷ならパテでカバーする必要があります。

必然的に傷がある部分よりも、広範囲を作業するので、一度作業し始めると仕上げるまで目立ってしまいます。

もし作業に自信がないのであれば、無難に業者に依頼する方がよいですし、時間を取れるのであればDIYに挑戦できるでしょう。

スプレーで擦り傷をカバーするなら、パテが必要かどうかを見極めるのがポイントです。スプレーする前の下地が重要なので、擦り傷を塗装する前によくチェックしておきましょう。

自分で修理する手順

塗装

自分で擦り傷をカバーする場合の、細かな手順をご紹介しましょう。自分で補修する場合にも、しっかり手順通りに作業していくときれいに仕上げられます。

コンパウンド

コンパウンドで傷を補修すると、傷の角だけでなく、塗装全体を削っていることになります。そのため、手順通りに作業して、塗装を削る部分を少なくすることがポイントです。

また、金属のボディにのみ使用して、樹脂パーツにつかないようにも注意するとよいでしょう。

1:傷がある部分を洗う

車に傷がついた部分を洗っていきましょう。水で流しながらボディを傷つけないように、洗っておきます。

汚れがあるままで作業してしまうと、砂や砂利でボディを傷つけてしまうことがあります。より傷が酷くなる可能性もあるため、しっかりと水洗いしておきましょう。

2:コンパウンドで磨いていく

該当箇所をコンパウンドで磨いていきます。きれいなクロスで、力を入れすぎないように磨いていきます。

コンパウンドは、粗いものから始めて、細かな番手に変えていくのが通常の順番です。しかし傷の深さによっては、細かな番手のみで仕上げることもできるでしょう。

コンパウンドで仕上げられる傷の深さもさまざまですので、まず細かな番手のコンパウンドを試してみることもできます。

コンパウンドで磨いているときには、塗装を削っていることを意識して、力を入れすぎないようにしましょう。

3:仕上げ用のコンパウンドで磨く

傷が薄くなってきたなら、仕上げようのコンパウンドで磨いていきます。ほとんど磨き傷になった段階で仕上げ用のコンパウンドを使えるでしょう。

コンパウンドの番手を変えるときには、クロスも変えるようにしましょう。粗い番手のコンパウンドのクロスでは、研磨する粒子がクロスに残っているからです。準備の段階で、番手ごとにクロスを用意しておくのがおすすめです。

タッチペン

タッチペンで傷消しするときは、小さな塗装の剥がれや線キズに適していることを覚えておきましょう。またボディ色と同色のものを用意することも、目立たなくするためのポイントです。

カー用品店で販売されてないボディカラーでも、純正品が用意されていることもあります。同じボディカラーが用意されていないか確認してみましょう。

1:傷がある部分を洗う

傷がある部分の汚れを落としておきましょう。一部分であっても、ワックスなどがついていると塗料が付着しないことがあります。

洗車してから、該当部分を脱脂するとさらによいでしょう。作業するのは細かな部分でも、作業領域全体を洗浄するのは大切です。

2:マスキングテープで覆う

マスキングテープで塗装したい部分のみが露出するようにします。線キズであれば、ギリギリまでマスキングテープでカバーしましょう。

筆で上手く塗れると思いがちですが、タッチペンの筆は太いことが多いため、マスキングテープできれいにカバーするのは大切です。

3:タッチペンで塗装する

マスキングテープでカバーできれば、タッチペンで塗装していきましょう。塗り方のポイントは、筆で塗っていくというよりも、塗料を置いていくイメージです。

点で塗料を載せていくようなイメージで、塗装していきます。線キズや飛び石の傷が、細かな場合には、爪楊枝などを利用して塗料を塗っていくのもおすすめです。

塗装するときには、一度で傷を埋めようとするのではなく、薄く塗っては塗料を塗り重ねるようにしましょう。

乾いたならマスキングテープをはがしてしまい、1週間ほど乾燥させましょう。上手く塗装できていれば、この時点でも目立たなくなりますが、最後の仕上げをするとさらにきれいに仕上がります。

4:耐水ペーパーで磨く

自然乾燥できたなら、傷よりも盛り上がった部分を耐水ペーパーで磨いていきます。塗装するときと同じように、マスキングテープで塗装しなかった部分をカバーします。

このときは、マスキングテープの枚数で、塗装の高さと合わせておきましょう。耐水ペーパーは、粗い番手から始めて、徐々に目が細かいものを使用します。

細かな番手の耐水ペーパーになるときには、ほとんどボディの塗装との段差がないでしょう。この状態になるまで、少しづつ磨いていきます。

5:必要に応じてコンパウンドで磨く

マスキングテープが1枚しか残っていない状態になると、ほとんどボディとの境目が分かりにくくなっているでしょう。

最後の仕上げにコンパウンドを用意して磨きます。仕上げに使うコンパウンドは仕上げ用の液体コンパウンドなどがおすすめです。

モドーリー LINE

スプレー

スプレーで擦り傷を補修する際には、まず下地を作ります。凹凸があるならパテで埋めてから、塗装をしていきます。

スプレーで塗装してからは、予想しているよりもボディの凹凸が気になるものです。それで、スプレーで補修する前に丁寧に下地作りすることがきれいに仕上げるポイントです。

1:汚れを落とす

他の方法と同様に、まずは汚れを落とすことからスタートします。汚れが他の傷にならないように、また作業範囲が確実に分かるように泥汚れなどを落としておきましょう。

中性洗剤などで洗うことは、油分を落とすことにもなり、パテがしっかり車体に密着する助けとなります。

2:耐水ペーパーでならす

作業範囲を耐水ペーパーでならしていきましょう。これには補修箇所の塗装を剥がしてパテが密着しやすいようにする他に、作業範囲の凹凸を少なくする目的があります。

耐水ペーパーでこすっていくときには、粗い番手のものから始めて、細かい番手で整えていきます。

耐水ペーパーで磨けたなら、水洗いをして脱脂しておきましょう。

3:パテを塗りこむ

パテを塗りこんで凹みに埋め込むようにします。凹みがある部分にパテを盛り付けていき、傷が少ないところにはパテがあまり盛り付けないようにしておきます。

不必要にパテを盛り付ける必要はありませんが、凹みは塗装後に目立ってしまうことが注意点です。凹みが大きいところには、多めに盛り付けるようにしましょう。

4:耐水ペーパーで磨く

パテが硬化した後は、表面に違和感がないように磨いていきます。パテとボディの境界線が分からないように削っていきながらも、必要以上に削らないように注意しましょう。

耐水ペーパーを徐々に細かい番手のものに変えていき、表面がスムーズになるようにします。この後の塗装に影響を与えるので、この段階で凹凸がないように仕上げましょう。

削りすぎたのであれば、もう一度パテを塗って、耐水ペーパーの工程を繰り返します。

5:塗装して仕上げる

パテを塗ったのであれば、その後汚れや削りカスを除去し、シリコンオフなどで脱脂します。塗料が付着しないようにマスキングしてから、スプレーで塗装していきましょう。

プライマー塗装、カラー塗装、クリア塗装を行います。ボカシ剤というまわりとなじませるスプレーもあるとよいでしょう。

一度に厚塗りしようとするのではなく、何回も塗装を重ねておくのが成功の秘訣です。塗装が完全に乾いてから、仕上げ用のコンパウンドでボディを磨いておきましょう。

自分で修理する際の注意点

電球

自分で修理したいのであれば、本当にきれいに仕上げられるのか検討してから作業するのがおすすめです。

パテやスプレーで作業するとなると、予想よりも手間がかかり、きれいに仕上がらないということもあるからです。

どの傷消し方法を採用するとしても、どれほど耐水ペーパーをかけるのか、作業の判断基準が難しいということもあります。

コンパウンドやタッチペンでの作業でも、ちょうどよい範囲で、ちょうどよい力加減で施工するのは難しいものです。業者に依頼する場合でも、同じような手法で作業してもらうことで費用を抑えることができるケースもあります。

そのため、本当に自分で作業するのかよく検討するとよいでしょう。

自分で修理できない傷

擦り傷の中には、自分で修理できない傷もあります。例えば、下地が完全に見えていたり、ボディのへこみがあるような傷です。

自分で作業ができないというわけではありませんが、仕上がりに大きな差が出てくる傷になるので、鈑金業者に依頼するのが無難です。

擦り傷でも下地に影響が出ていたり、凹みがひどいケースでは、業者への依頼を検討しましょう。

擦り傷の修理の依頼先と費用

擦り傷の修理を依頼する業者によっても、費用が異なります。また依頼先によって、費用も異なるケースがあります。

傷の程度によって費用負担を抑えながら鈑金修理できる業者も異なるので、事前に見積もりするなどして慎重に選ぶとよいでしょう。

ディーラー

ディーラーは丁寧に作業してくれることがポイントとなります。純正パーツに交換してくれるので、仕上がりに期待できます。一方で鈑金修理は、他の業者に外注しているケースもあるため、鈑金業者に依頼するのと変わらないこともあるので注意が必要です。

カーショップ

カーアクセサリーショップなどでも、鈑金修理に対応していることがあります。すべての店舗ではありませんが、予約しておけば近場の店舗で作業してもらえるでしょう。

鈑金専門店

鈑金専門店は、擦り傷修理のプロといえるでしょう。専用の道具や設備を備えているので、きれいに仕上げてもらえます。ボディの凹みがあっても、元通りに戻してもらえるので、仕上がりにこだわるのであれば技術がある鈑金専門店への依頼がおすすめです。

擦り傷の修理の注意点

擦り傷を修理するときには、自分で作業するリスクと保険を使う方がよいのかに注意しておきましょう。

自分で修理した際にリスクがある

自分で修理した際には、きれいに仕上げられるのかという保証がありません。低価格で仕上げる予定でも、用意した材料では作業してもきれいではなかったり、そもそも技術が足りなくて傷が目立ってしまうケースもあります。

保険を使わずに修理した方が安いことも

業者に依頼するとしても、保険を使って安く仕上げたいと考えるケースがあります。確かに車両保険に入っていると、条件を満たすなら保険を利用できます。しかし一度車両保険を使うと、保険等級が下がって割引率が変わるので、更新後から保険料が上がってしまうことが注意点です。その場合、自費で修理する方がお得になるケースがあります。

保険使用するかどうか迷っている方はこちら↓↓

あわせて読みたい
本当に保険修理するべき?鈑金で安く抑える方法や保険を使うポイントを解説! 車を傷つけてしまったり、擦ってしまったりすると、 「どのくらい費用がかかるのか?」と修理方法など分からないことだらけでしょう。 大抵の場合は購入したところや近...

擦り傷を放置するとどうなる?

塗装面

車に擦り傷がついても、そのままでも気にならないという方もおられます。予想よりも修理費用が高くなりそうなケースでは、放置することも検討するでしょう。

しかし結論からすると、擦り傷を放置するのはあまりおすすめできません。車の価値が下がったり、下地が錆びる原因になるからです。

車の価値が下がる

中古車の査定の際に、傷があると減点対象となります。傷の大きさや凹みの有無によってどれほど減点されるか変わりますが、傷がある時点で1万円以上の減額です。

そのため、傷があればあるほど、乗り換えの際の査定に影響します。壊れるまで乗り続けるのであれば、関係ないかもしれませんが、周囲に影響する前に修復しておくのはおすすめです。

下地に影響が出る

擦り傷の部分から下地に水分が入って、錆が発生することもあります。塗装膜は薄いので、見た目に分からないところから水分が入り込むことがあります。

傷を放置して錆が広がる前に、修復を行っておく方が、長期的に見て費用を抑えられるでしょう。補修費用を抑えるという点でも、早めに修理しておくことをおすすめします。

枚方近辺で安く傷の修理をするならモドーリー枚方店

車の擦り傷は、早めに修理しておく方が長期的に見て、費用を抑えられることをご紹介してきました。しかし、業者に依頼するとしても、どこに依頼するのがよいか分からない方もおられます。

枚方近郊で安く車の傷を修理したいなら、モドーリー枚方店がおすすめ!枚方市で最低価格保証を行っており、圧倒的に安い価格で修理できます。

パーツ交換が必要なときでも、全国規模のリサイクルパーツを取り扱っているので、費用も抑えられます。

修理しているときは無料の代車があるので便利!また仕上がり保証で安心感もバッチリです。ぜひ、気になる擦り傷があるなら、お気軽にお問合せください。

LINEからもお問い合わせいただけます。

モドーリー LINE

よくある質問

擦り傷を直す方法は?

自分で材料を用意して直す方法の他に、鈑金業者などに依頼できます。依頼先によって仕上がりや費用などが異なるため、事前に見積もりしてみるとよいでしょう。

自分で擦り傷を直すなら?

塗装を削って傷を目立たなくするコンパウンドや、部分的に補修するタッチペン、さらに広範囲を塗装するスプレーなどがあります。それぞれ特徴がある補修方法ですので、傷の大きさや塗装範囲に合わせて選択します。

傷は放置しない方がよい?

ボディの塗装膜は薄いため、下地に影響が出る可能性があります。錆が発生すると処理に手間と費用がかかるため、早い段階で補修しておくと長期的に見て費用を抑えられます。

目次
閉じる