ラパンLCが登場!可愛い車代表のラパンの新しいモデルの魅力を解説

ラパンLC

スズキが発売している女性向けの可愛い車であるラパンですが、クラシックな雰囲気のラパンLCが発表されています。

これまでも可愛い車が欲しい方にぴったりの車だったラパンですが、さらに魅力を高めたモデルが追加されています。この記事では、女性向けにぴったりのラパンLCについて詳しくご紹介しましょう。

\新車が1.99%の超低金利で買える! /

ラパンLCが低金利で購入できる|カミタケモータース

目次

ラパンLCが2022年6月に発表

ラパンLC

個性的なデザインの軽自動車が販売されていますが、スズキが発売しているラパンは女性向けのデザインを採用しています。ラパンという「うさぎ」の意味を持つフランス語通りに、モチーフが随所に配置されています。

現行モデルは2015年から発売されている3代目ですが、2020年6月17日にアルトラパンを一部仕様変更して、さらに「アルトラパンLC」が追加されました。

今回の一部仕様変更は4型となっており、デュアルカメラブレーキサポートが変更されたり、USB電源ソケットがインパネに装備されるなど、安全性能や装備が充実しています。またフルオートエアコンには、女性にうれしい「ナノイーX」が搭載されてました。

ラパンLC

一部グレードでヘッドランプがLEDライト化されたことや、新色が設定されたことなどが変更点となります。 内装では、シート表皮がブラウンのレザー調&ファブリックで上質なイメージのモデルになりました。

使い勝手だけでなく、快適性、さらに見た目もパワーアップしたモデルに変化しています。

ラパンLCの外装

フロントグリル

ラパンLC

フロント部分では、新しくなったグリルは馬具をイメージさせるメッキガーニッシュが装備されます。真ん中に大きく開いた楕円形のデザインや、グリルにあるメッキ加飾がフロンテをイメージしたものであると感じさせてくれるでしょう。

ヘッドライト

ラパンLC

ヘッドライトも大きくなったイメージがありますが、実はヘッドライトユニットそのものは同じものです。しかしライトのまわりにメッキリングの加飾があるので、一目見たときの印象が大きく異なります。標準モデルと比較しても、ヘッドライトが大きなイメージを与えてくれるのです。

足回り

ラパンLC

ラパンLCに装備されるのは、白のアルミホイールやフルホイールキャップです。標準モデルでは、お花をイメージした可愛いデザインのホイール・ホイールキャップになっていました。ラパンLCはアルミホイールは鉄ちんホイールのように、ホイールキャップは標準グレードのデザインに白の加飾があります。

エンブレム

ラパンLC

リア側のエンブレムもレトロなデザインになっています。「LC Lapin」と標記されたエンブレムは、うさぎの耳が伸びたようなデザインです。後ろから見たときにクラシックな雰囲気を与えます。

フロンテがモチーフのデザイン

ラパンLCは、フロントグリルが1967年に発売されたフロンテ360がモチーフとなっています。ラパンLCの「LC」は同車種の形式名から来た名前です。

ベースとなっているのは、ラパンの「L」と「X」ですが、専用メッキ調パーツ、ヘッドランプガーニッシュ、バックドアガーニッシュが特別に装備されます。

これらの装備が往年のフロンテをイメージさせるデザインになっているので、新しいとはいえどこか懐かしいスタイルになっているのです。

カラーバリエーション

ラパンLCは、12タイプのボディーカラーから選択できます。2トーンとモノトーンともに、標準のラパンにはないボディーカラーが選択可能です。

Xのボディーカラー

  • フォーンベージュメタリック アーバンブラウン2トーンルーフ(EWZ)
  • トラッドカーキメタリック アーバンブラウン2トーンルーフ(ET7)
  • テラコッタピンクメタリック アーバンブラウン2トーンルーフ(EWW)
  • アーバンブラウンパールメタリック ソフトベージュ2トーンルーフ(ESA)
  • トラッドカーキメタリック ソフトベージュ2トーンルーフ(ET6)
  • ノクターンブルーパール ソフトベージュ 2トーンルーフ(EYA)

Lのボディーカラー

  • テラコッタピンクメタリック(WBP)※
  • トラッドカーキメタリック(WBR)※
  • フォーンベージュメタリック(ZVP)
  • ノクターンブルーパール(ZJP)
  • アーバンブラウンパールメタリック(ZSF)
  • ソフトベージュメタリック(WBB)

※Lのみに設定

ラパンLCの内装

ラパンLC

ラパンLCの内装は、基本的な標準車とは変わりません。しかし、シートにレザー調素材を採用したデザインになっているので、上質な雰囲気を感じ取れます。

ステアリングホイールは本革巻なので、ダークブラウンとワインレッドがアクセントになっているだけでなく触ったときも上質です。天井もキルト模様が入っているデザインで、こだわりのスタイル。

ラパンLC

インパネまわりは、「X」は木目調のインストルメントパネル、「L」はシンプルな凹凸があるデザインです。

ラパンLC

エンジンをかけるとマルチインフォメーションディスプレイにうさぎのキャラクターが表示されます。アニメーションと音声で車の情報を伝えてくれるのも分かりやすいですね。それぞれ情報のオンオフの切り替えや音量も調整できます。

標準車にもある隠れラパンのモチーフも、ボディの随所にあります。

ラパンLCの収納

ラパンLCにある収納スペースを見ていきます。

インパネボックス

ラパンLC

画像引用元:スズキ

助手席の前にあるインパネボックスには、ボックスティッシュを収納できます。使わないときは隠しておける収納になっています。

フロントアームレストボックス

ラパンLC

画像引用元:スズキ

アームレストの中にもCDなどを入れておける収納スペースがあります。すぐに取り出したい小物を入れておけるのは便利です。

インパネドリンクホルダー

ラパンLC

画像引用元:スズキ

インパネドリンクホルダーは、助手席はプッシュ式のものが採用されています。運転席には500mlの紙パックに対応しているドリンクホルダーが装備されています。

ショッピングフック

ラパンLC

画像引用元:スズキ

インパネ部分にある2kgまで対応できるショッピングフックです。買い物したものを一時的に吊しておくのに便利です。使わないときは収納できるので邪魔になりにくいでしょう。

センターロアトレー&センターロアポケット

ラパンLC

画像引用元:スズキ

インパネの中央部分にある収納スペースで、スマートフォンや小物を収納しておけます。

USBソケット

ラパンLC

画像引用元:スズキ

USBソケットは、Type-AとType-Cが装備されています。スマートフォンの充電に便利な装備です。

インパネアンダートレー

ラパンLC

画像引用元:スズキ

運転席の下にあるインパネアンダートレーには、折りたたみ傘など普段は使わないものを収納しておけます。目にも付きにくい位置にある収納です。

ラパンLCの安全装備

ラパンLCには、スズキセーフティサポートが搭載されており、安全に運転するサポートがあります。特に、デュアルカメラブレーキサポートは夜間の歩行者にも対応しているもので、より安全運転できるように助けてくれます。

搭載されている安全装備は以下の通りです。

ラパンLCの安全装備

  • デュアルカメラブレーキサポート(夜間歩行者対応)
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 全方位モニター用カメラ

全方位モニターがあれば、狭い道のすれ違いや見通しが悪い道での左右確認がスムーズです。目視できない部分をカメラの映像で表示してくれるので、安心して運転できるでしょう。

ラパンLCの価格

ラパンLCの価格を見ていきます。標準車であるラパンとの価格の比較もしてみましょう。

アルトラパン】

  • G:125万1800円(FF車)/136万4000円(4WD車)
  • L:135万9600円(FF車)/146万4100円(4WD車)
  • X:149万6000円(FF車)/159万7200円(4WD車)

【アルトラパンLC】

  • L:140万9100円(FF車)/151万3600円(4WD車)
  • X:154万5500円(FF車)/164万6700円(4WD車)

ラパンLCは、標準車の「L」と「X」グレードをベースにしています。車両価格はそれぞれ標準グレードから5万円ほど高くなっています。

ラパンLCの走行性能

ラパンにはエネチャージが搭載されているので、減速時の発生エネルギーを使って発電し、バッテリーに充電します。その電力を電装品に使うので、エンジンへの負担を軽減して低燃費に走行可能です。

また一部グレードでは、ATも採用されていましたが、ラパンLCはCVTのみの搭載です。またラパンを含む今回の改良では、エンジンも改良されて、標準系「X」グレードではFF車の燃費が25.2㎞/Lが26.2㎞/Lに、4WD車が23.4㎞/Lが24.6㎞/Lに向上しています。

メーター上部に「ステータスインフォメーションランプ」が搭載されており、ランプの色で通常運転なのか、燃費効率がよい運転状態なのか分かります。エコドライブを促進する機能があるので、燃費向上に挑戦できるでしょう。

効率よくエンジンをストップさせる「アイドリングストップシステム」と、アイドリングストップ中の快適性を確保する「エコクール」が採用されています。

アイドリングストップしたときに、空調もストップしてしまうので、エコクールが搭載されていても一時的に放冷してくれる機能です。そのため、空調の快適性を選択できるようになっており、好みにあわせて調整できます。

カミタケチャンネル!

カミタケスタッフのラパン試乗の感想

内装にはレザーを使用、フロントグリルやエンブレムもより上品になったため、さらに幅広い年齢層の方が好むデザインになったと感じます。色味も、少しくすみ色で今どきなところも可愛いポイント!

最小回転半径4.4mとかなり小回りがきくため、狭い住宅街の道なども運転がしやすかったです。両席シートヒーターが搭載されているのも、軽自動車では多くないのですごいと思いました。冬場、助手席の人も一緒に温まってもらえるのはいいですね。

ラパンとの違い

標準のラパンとは、内外装の違いがありますが、具体的に何が違うのかチェックしてみましょう。

内装

ステアリングは標準車とは異なり、ラパンLCは本革ステアリングホイールになります。

シート

シートもレザー調✕ファブリックのシートになるので、見た目や触ったときの質感が異なります。

外装

外装では、フロントグリルやヘッドライト、さらにエンブレムに特別なデザインが採用されているので印象が異なります。

ホイール

ホイールはどちらのモデルであっても可愛いデザインになっていますが、標準車のラパンはお花をイメージしたデザインです。

一方でラパンLCはアルミホイールとフルホイールキャップのどちらも、ホワイトが差し色となって目を引く色が採用されています。

ボディーカラー

2トーンカラーでは、アーバンブラウンパールメタリックソフトベージュ2トーンルーフ、モノトーンでは、ノクターンブルーパールとソフトベージュメタリックがラパンLCで選択できるボディーカラーです。

ピュアホワイトパールなどは、標準車のラパンのみの設定ですが、ラパンLCならより可愛さを感じられるボディーカラーを選択可能です。

ラパンLCをお得に買うならカミタケモータース

ラパンLCをお得に購入するなら、カミタケモータースへご相談ください。軽自動車でも新車を購入するときには、ローンを利用される方も一般的ですが、弊社カミタケモータースでは新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得に購入していただけます。

新車1.99%の超低金利プランなら、月々18,300円からの支払いで毎月の支払い額を抑えながら車に乗っていただけます。他社同等プランと比較すると、最大で56.6万円もお得!

ラパンLC X

画像引用元:スズキ

OPプレミアムプランのオプション

  • マット・バイザー
  • フルセグナビ
  • ETC
  • G-ZOXコーティング
  • メンテナンスパック

乗り出しに便利なオプションもセットになっているので、比べてみれば圧倒的にお得です!ぜひこちらから詳細情報をご覧ください。

スズキの新車が超低金利で買える|新車を安く買うならカミタケモータース

目次
閉じる