アクアの限界値引き額は?目安額やお得に購入する方法を解説!

値引き

コンパクトなハイブリッドカーを購入したいならアクアが候補になる方も多いでしょう。トヨタのハイブリッドシステムを搭載し高い燃費性能を誇っていますし、2021年9月のモデルチェンジを経て魅力的なモデルに変化しています。

新しいモデルになり、さらに燃費性能が向上しただけでなく、4WD車も設定されて注目を集めています。そのアクアはどれほどの値引きが期待できるでしょうか?この記事では、アクアの値引きの限界額や目安を詳しくご紹介しています。

\アクア「Z」が1.99%の超低金利プランで購入できる!/
カミタケモータース公式サイト

目次

【2022年12月】アクアの値引き目安

2022年12月時点でのアクアの値引きの目安額をご紹介します。価格ドットコムに掲載されている値引き情報では、以下の実績がありました。

グレード 車両値引き オプション値引き
Z E-Four 20万円 5万円
G 15万円 0円
Z 30万円 5万円
Z 15万円 10万円
Z 0円 5万円

価格ドットコム

あくまでも直近の5件の投稿の平均になりますが、車両値引きとオプション値引きを合算した場合は21万円となりました。

オプションや付属品を合わせた値引きは、グレードによっても異なるケースがあるため、実際の交渉の際の確認が必要です。

一般的に車両価格からの値引き目安は、車両本体価格の10%といわれており、約200万円からの車両価格であるアクアは平均的な値引き額といえるでしょう。

グレードや交渉条件によって異なるものの、アクアの値引きは厳しくない車種といえます。

グレードによっては、上手に交渉することで30万円以上の値引きに成功しているケースもあり、値引きに期待できるでしょう。

アクアの値引きを成功させる方法

書類 手続き

アクアの値引きを成功させる方法を紹介しましょう。値引きするのにおすすめの方法は、以下の通りです。

  • ディーラー同士で比較する
  • 決算期に購入する

すべての場合で値引きできるわけではありませんが、これらの方法を試してみると値引き幅が広がる可能性が高くなります。

ディーラー同士で比較する

ディーラーは、特定のメーカーの車を販売している店舗ですが、実は直営店ではなくそれぞれの店舗によって会社が異なっている場合が多いです。

たとえば、東京都と千葉のディーラーは、経営する会社が異なるなどのケースです。この場合は店舗が異なると値引き幅が異なることもあります。

それで、ディーラーで見積もりをしたからといって、限界額という訳ではありません。他の店舗で見積もりや値引き交渉してみると意外な価格になる場合もあります。

特に、運営元が異なるディーラー同士の場合は、販売台数を多くするために値引きを頑張ることもあるでしょう。それとなく、ディーラー同士で競合させることで値引き額を上げることが可能となります。

手間はかかりますが、少しでも値引き幅を上げるためには有効な方法です。

決算期に購入する

決算期になると、販売台数を増やすために大幅な値引きが出てくるケースが増えます。決算期は1月中旬から3月、8月から9月が一般的です。

特に決算権限を持った店長が店舗にいるときであれば、さらに値引きが広がる可能性が増えるでしょう。

週末などに訪問してみて、値引き交渉するのもよいでしょう。決算期でもディーラー同士で競合させてみると、現時点での見積もりよりもさらに値引きに成功する可能性が増えます。

支払い額を抑えるために少しの手間を加えてよいのであれば、決算期にディーラー同士での競合はおすすめの方法です。

アクアの支払額を抑える方法

アクアの支払い額を抑えながら購入する方法をご紹介しましょう。未使用車を選択肢に入れたり、オプションを少なめにしておくなら、費用負担を抑えてアクアを購入できます。

未使用車を探す

未使用車を探すのは、アクアの支払い額を抑えるのに適した方法です。未使用車とは車両が登録済みになっていますが、一般の運行には供していない車のことです。

未使用車は、書類上は中古車という扱いですが、実際のコンディションは限りなく新車に近いものが多いことが特徴となります。

そもそも未使用車が市場に出てくる理由は、販売店が販売ノルマを達成するためです。毎月の目標を達成するために、販売店名義で登録する車が出てきます。

この登録されていても、走行距離が非常に低い状態の車が、「登録済み」として保管されます。そして、未使用車として新しい市場で販売されるのです。

つまり、未使用車を探すと、中古車という扱いなのにほとんど使用されていないコンディションの車を購入できます。

未使用車は、すでに在庫があるモデルに限られているので、好みのボディーカラーやグレードがあるか探す必要はあるでしょう。しかしアクアの場合はグレード展開も少ないモデルですので、希望するグレードも見つけやすくなります。

弊社カミタケモータースでは、常時300台以上の展示車両を取り扱っており、好みの車種を探していただきやすいのがメリットです。

最新の在庫状況をチェックして、お好みの1台があるか探してみてください。最新在庫車種はこちらから!

普通車在庫ページ

普通車在庫ページ

オプションを少なめにする

アクアを安く購入する別の方法は、オプションを少なめにしておくというものです。

新車購入では、セットになりがちなオプションですが、実はディーラーオプションではなく社外品を選択するという方法もあります。

セットになりがちなオプションですが、実はディーラーオプションではなく社外品を選択するという方法もあります。

たとえばカーナビは、ディーラーオプションに含められていない社外品ならオプションよりも何万円も安く購入可能です。

もちろんディーラーオプションのナビにしかない機能がある場合もあります。しかし車両価格を抑えて希望する車種に乗りたい場合には、付属品を社外品にしておくのもおすすめです。

その他にオプションを抑えられる項目として、フロアマットやガラスコーティングなどがあります。

これらも車両価格を抑えるために見積もり項目から省いてみるのもおすすめします。社外品でも質のよいものを選択できるため、値引き額からさらに費用を抑えたい場合に試してみるとよいでしょう。

アクアのおすすめグレード

アクアのおすすめグレードをご紹介しましょう。簡単にグレード展開を説明すると以下のようになります。

  • 「B」ビジネス向けのシンプルなグレード
  • 「X」エントリーグレード
  • 「G」装備も充実する中間グレード
  • 「Z」最上級グレード

複数あるグレードですが、おすすめしたいのは最上級グレードとなる「Z」です。デイライト機能付きBi-Beam LEDヘッドランプやLEDライン発光テールランプ、10.5インチディスプレイオーディオなど、内外装の装備が充実しています。

メーカーパッケージオプションでは、A合成皮革パッケージが組み合わせ可能ですが、運転席6ウェイパワーシートやシートヒーターなどの質感だけでなく快適性も向上させる装備があります。

標準装備される内容が多いので、コンパクトカーにも質感を求める方にぴったりのグレードです。

もし費用を抑えてアクアを購入したいのであれば、中間グレードの「G」も狙い目です。2WDではスチールホイール+樹脂フルキャップと見た目の華やかさには「Z」に劣るものの、インパネセンタークラスター&ヒーターコントロールパネル、助手席アッパーボックスにピアノブラック加飾+合成皮革本革巻きオーナメントがあります。

「G」はステアリングホイールも本革巻きなので、運転しているときのさわり心地も上質です。

意外と乗り心地にも影響するのは、スーパーUVカット・IR(赤外線)カット機能付のガラスが装備されている点。乗車しているときの日焼けが気になる方でも快適に乗車できるでしょう。

アクアのリセールバリュー

アクアはトヨタが発売しているコンパクトなハイブリッドカーなので、リセールバリューも期待できます。

新型アクアは、販売から期間が経ってないので、本当の意味でのリセールバリューを知ることはまだできません。しかし現時点でも1年落ちのアクアのリセールバリューは、高い傾向を維持しています。

特に、上位グレードほどリセールバリューがよくなる傾向がある車種です。乗り換えも視野に入れているなら「G」以上のグレードがおすすめです。

装備も充実していて乗り心地を考慮しても、おすすめできます。もし初期費用を抑えるのであれば、エントリーグレードの「X」を選択するというのでもよいでしょう。

車両本体価格が他のグレードと比較して安いので、リセールでの損失額も抑えられます。結局のところ、ビジネス向きの「B」グレード以外であれば、リセールバリューもそこそこあります。

自分の好みのグレードを選択しやすいのも、アクアの魅力でしょう。

アクアは中古車と新車のどちらがよい?

アクアを購入したいのであれば、新車と中古車のどちらがよいでしょうか?

結論からすると、性能が変わっていることを考慮して新車の購入をおすすめします!新型モデルは2021年9月に発売されていますが、すでに長期間販売されているモデルよりも中古市場での台数も少ないので選択肢が多くはありません。

希望するグレードやボディーカラーが見つかるかどうかだけでなく、車両のコンディションも考慮する必要があるでしょう。中古車の場合は、在庫があるのですぐに納車できるのはメリットです。

新車は注文してから納車までの期間、待つ必要があります。しかしアクアの場合は2022年12月時点で、納車までの期間が5~6か月です。

受付停止している車種もある中で、半年ほど待てば新車が納車される予定になっているので新車を購入するのをおすすめします。

希望するグレードが決まっていない場合やボディーカラーにこだわりがない場合は、中古車でも程度のよいものを探せる可能性があるため探してみるのもよいでしょう。

アクアと競合車種との比較

アクアを競合車種と比較してみましょう。コンパクトでハイブリッドシステムを搭載したモデルでは、日産のノートやホンダのフィットが比較対象となるでしょう。

それぞれのモデルの特徴やアクアと比較した際のポイントをご紹介します。

日産 ノート

新型ノート

日産のノートにはe-POWERと呼ばれるハイブリッドシステムが搭載されています。第2世代のe-POWERは、静粛性に優れパワフルに走行できるモーターが搭載されているのが特徴です。

エンジンは発電に徹して、電力でモーターを駆動させるシステムですが、燃費性能ではアクアのレベルが高いです。アクアには軽量なGA-Cプラットフォームが採用されており、ノートよりも車重が約10kgも軽くなります。

WLTCモードの燃料消費率では、アクアは「X」で34.6km/L、ノートの場合は28.4km/Lになっています。走行性能の違いなどもありますが、燃費をうたっている両車を比較すると燃費性能ではアクアの圧勝といえるでしょう。

車内スペースを比較するとアクアの1,485mmよりも、ノートの方が全高が1,520mmと高くなっています。そのため、後席スペースはほぼ互角ですが、頭上スペースではノートにゆとりがありそうです。

ノートの荷室

新型ノート 荷室

また荷室スペースは、ノートは340Lとクラストップレベルの広さを誇っているので、荷物をたくさん積みたい方はノートの方がよいでしょう。

安全装備は、ノートに装備されているものと、アクアの機能が異なります。ノートにはプロパイロットが装備できますが、これはより自動運転に近い運転支援機能です。

アクアには、トヨタチームメイトが装備でき、アドバンストパークでスイッチを押すだけで駐車操作をアシストしてくれます。

どちらも魅力的なモデルに仕上がっているので、デザインや重視する安全装備で車を選択するとよいでしょう。

ホンダ フィット

フィットクロスター

アクアとホンダのフィットを比較してみると、フィットは2020年2月にフルモデルチェンジして4代目になりました。現行モデルは車内での心地よさが重視されたモデルとなっており、乗り心地の面で有利になりそうです。

フィットは視界のよさや安心感を目指して開発されただけに、デザインと機能性が優れています。ダッシュボードは水平になっており見晴らしがよくなっていますし、デザインの面でもフィットに軍配が上がります。

肝心の燃費性能では、トヨタのハイブリッドシステムが優れており、アクアは「X」で34.6km/Lとフィットの「BASIC」の30.2km/Lより数値が高くなっているのが特徴です。

荷室容量では、フィットはVDA方式で330Lもあるので、荷物を積む機会が多い人はフィットの方が使い勝手がよい場合もあります。

フィット BASIC

画像引用元:ホンダ

装備されるディスプレイなどでは、アクアは10.5インチか7インチのディスプレイサイズです。フィットは9インチなので、大きさだけを比較するとアクアの方が大きくなります。

アクアとフィットを比較したときに、アクアが評価できるのはAC100V・1500Wアクセサリーコンセントが全車標準装備されていることです。

災害時やアウトドアの際に、家電製品に電力を供給できるようになるため、万が一のときに備えられる車なのはメリットです。

フィットには設定されていない機能なので、使い方によってはアクアの方が優れています。

アクアを安く購入する方法

アクアを安く購入する方法を紹介しましょう。費用負担を抑えながらアクアを購入するには以下の方法があります。

  • 残価設定ローン
  • 未使用車
  • 低金利プラン

さらに詳しくご紹介します。

残価設定ローン

残価設定ローンとは、一般的な自動車ローンのように分割して車の購入金額を支払っていく方法ですが、「残価」が設定されています。

この「残価」とは、事前に設定した支払いを終えたときの車の価値のことです。そして、残価を差し引いた金額を契約した年数で分割払いします。

たとえば、300万円の車であれば、残価を100万円に設定すると、残りの200万円を契約した年数で分割払いしていきます。そして、契約が終了すると残価分を支払って自分の所有にするか、返却するか、新たな車に乗り換えするかという3つの選択肢から選べる方法です。

車を定期的に乗り換えしたい方であれば、毎月の支払額を抑えられるのでおすすめできる支払い方法です。

未使用車

未使用車とは、登録されていても、一般の運行には供されていない車のことです。登録されているので中古車という扱いになりますが、コンディションは新車に近いものが多いです。

それも登録されても、実際に走行しているのは場内を移動しているだけという車両が多いからです。新車とは異なり、車両によってもコンディションは異なりますが、走行距離も短いため安心して乗れる車が多くなります。

未使用車は在庫があるモデルに限られるので、ボディーカラーやグレードを自由に選択できる訳ではありませんが、在庫を見つけられればお得に購入できます。

弊社カミタケモータースでは、常時300台以上の展示車両を取り扱っており、好みの車種を探していただきやすいので、ぜひこちらから最新の在庫情報をチェックしてください。

普通車在庫ページ
普通車在庫ページ

低金利プラン

アクアをお得に購入する別の方法は、低金利プランを利用するものです。グレードによっては300万円を超える車両価格になるので、ローンを利用される方も一般的です。

しかしローンは支払手数料となる金利があります。毎月の支払額を抑えて、無理なく新車を購入できる代わりに、手数料を支払っています。その手数料を抑えられるのが低金利プランです。

金利はたった数%異なるだけで、何十万円も支払総額が変わることもあります。弊社カミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得に購入可能です!

アクアの「Z」グレードなら、他社同等プランと比較して、79.7万円もお得になります!

もちろんこの新車1.99%OPプレミアムプランは、乗り出しに便利なオプションもセットになっています。同じ車種の同じグレードを購入するだけで、これだけお得になるので、ぜひこちらから詳細情報をチェックしてください。

 

アクア Z

画像引用元:トヨタ

\アクア「Z」が1.99%の超低金利プランで購入できる!/
カミタケモータース公式サイト

まとめ

アクアは、値引き額も比較的大きくなっているので、値引き交渉はしやすい車種といえます。

アクアの値引き交渉をするなら、20万円の値引きができるかが、ボーダーラインといえるでしょう。複数のディーラーで値引き交渉するのが手間になると感じるなら、ローンの手数料負担を抑えられる低金利プランを利用するのがおすすめです。

新車1.99%の超低金利プランの支払い額については、こちらをチェック!

\アクア「Z」が1.99%の超低金利プランで購入できる!/
カミタケモータース公式サイト

この車種、月々いくら?

 

最新の未使用車の在庫はこちら↓

普通車在庫ページ
普通車在庫ページ
目次
閉じる