CX-3の特徴や内外装のポイントは?中古相場やお得に購入する方法

マツダのSUVのラインナップの中では、最もコンパクトなモデルがCX-3です。マツダらしいデザインと街中での使いやすさを両立させたモデルとして、2015年2月から発売されています。

上質なSUVといえるCX-3はどのような特徴があるモデルでしょうか?内外装や走行性能、さらに中古車相場まで詳しくご紹介します。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
カミタケモータース公式サイト

目次

CX-3の概要

CX-3

画像引用元:マツダ

CX-3は、マツダが発売している上質なコンパクトSUVです。使い勝手のよさをキープしながらも、運転の楽しさを実現したモデルで、街乗りが似合うスタイルになっています。

2015年2月に発売され、ラージSUVのCX-8、ミドルSUVのCX-5、そして、コンパクトなCX-3という立ち位置になります。基本的なサイズの違いによる3車種以外に、マツダ3と同じプラットフォームのCX-30や次期フラッグシップモデルとなりそうなCX-60などが追加されていますが、最もコンパクトなSUVであることは変わりません。

パワーユニットはガソリンエンジンとディーゼルエンジンから選択できます。

CX-3の特徴

CX-3の特徴をご紹介しましょう。コンパクトでも上質なSUVとして、他のモデルとの住み分けができています。

  • ディーゼルエンジンの力強さ
  • スポーティーなコンパクトSUV
  • 足元空間は苦手

それぞれの特徴や他のマツダのSUVモデルとの比較ポイントを見ていきましょう。

ディーゼルエンジンの力強い走りを楽しめる

CX-3

画像引用元:マツダ

CX-3には、マツダのクリーンディーゼルエンジンである「SKYACTIV-D 1.8」が選択できます。ガソリンエンジンと比較すると実用燃費が優れており、ロングツーリングで強みが生かされます。

排気量も1.8Lあるので余裕のある力強さがあり、高速道路の合流や幹線道路の走行時に安定感があるでしょう。

コンパクトSUVでもしっかりスポーティー

CX-3

画像引用元:マツダ

コンパクトなモデルであってもしっかりとスポーティーな走りを楽しめるのがCX-3です。人馬一体というマツダのコンセプトらしく、自然にバランスを取ろうとする能力を車作りに活かした構造技術が搭載されています。

フロントシートは人間が歩くときに背骨がS字カーブを描いているのを再現できるように、骨盤を支持するシートを開発。車の動きを身体の動きをコントロールできるように、走りを追求しています。

足元空間は広くない

CX-3

画像引用元:マツダ

上質なSUVとして開発されているので、内装の質感には定評があるCX-3ですが、スタイリッシュなエクステリアを重視しているためリアシートの広さは期待できません。

小柄な方であれば十分なスペースがあるものの、体格の大きい人が座った時には膝周りのスペースが窮屈に感じられるかもしれません。(女性であれば十分なスペースがあるものの、大柄な男性が座ったときには膝周りのスペースは大きくないでしょう。)短距離であれば問題ないものの、大人が4人座って長距離移動するのは厳しいです。

通常の街乗りがメインであれば十分なスペースですが、頻繁に4人乗車するのであれば実車を確認してみるのがおすすめです。

CX-3の遍歴

発売以来、マイナーチェンジなどはせずに、商品改良を繰り返してきたCX-3は、どの年式なのかによって機能などが異なります。商品改良された年度別に、大まかな特徴を見ていきます。

2015年2月発売

発売された当初に搭載されたエンジンは、「SKYACTIV-D 1.5」の直列4気筒1.5Lディーゼルターボエンジンです。組み合わされるトランスミッションは、6速ATと6速MTがありました。

2015年12月商品改良

走行性能に影響する前後ダンパーやフロントスタビライザーの構造が改良されており、乗り心地が改善されました。アクセル操作にダイレクトに反応するように、設定されました。

2016年10月商品改良

この商品改良により、運転安定性を向上させる「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」が全車に標準装備されました。サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングが行われたり、遮音・吸音材の採用でロードノイズを抑制しています。

2017年6月一部改良

2.0Lガソリンエンジン車の6速ATが設定されました。全グレードで先進安全技術が標準装備され、車線逸脱警報システムやブラインド・スポット・モニタリング、リア・クロス・トラフィック・アラートなどが搭載されました。どのグレードを選択しても、安全装備が充実した商品改良となっています。

2018年5月商品改良

次世代車両構造技術の「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」が部分的に取り入れられました。「G-ベクタリングコントロール」の制御を最適化したことで、乗り心地を改善しています。ディーゼルモデルには、新開発の「SKYACTIV-D 1.8」が搭載されて、排気量がアップしています。

走行面では乗り心地がよくなっており、ロングドライブに強いディーゼルエンジンが改良されているのが特徴です。

2020年5月商品改良

1.5Lガソリンエンジン車が設定されました。街乗りがメインの方にとって、選択肢が広がりました。また、グレード体系が見直されたことで、パワーユニットとグレードの組み合わせが変更されています。

2021年10月一部改良

ガソリン2.0Lが廃止されました。ディーゼル車のグレード名を変更。また雪国で便利なフロントガラスの雪を取り除きやすくするワイパーデアイサーがAWD車に標準装備されています。

CX-3の外装

CX-3

画像引用元:マツダ

マツダの次世代デザイン哲学である魂動デザインを採用したCX-3は、コンパクトSUVの中でも躍動感にあふれたエクステリアデザインです。

なめらかな曲線を多用したボディスタイルは生命感を感じさせるデザインとなっています。コンパクトでも質感の高さは確保しており、スタイリッシュさと上質さを両立させたデザインです。

たとえば特別仕様車のSuper Edgyは、洗練されたCX-3の魅力を高めるデザインになっています。ルーフリアピラーが艶のあるブラックで塗装されたり、ホイール周りのデザインも引き締まった印象を与えるものです。

マツダの複数あるSUVのラインナップの中で、クオリティの高さを感じさせる小さなSUVとなっています。

CX-3の内装

CX-3

画像引用元:マツダ

CX-3のインテリアは、エクステリアと同様に先鋭感があるだけでなく、上質さを感じさせるデザインとなっています。素材の質感や見た目に徹底的にこだわっており、日常での使い勝手とデザイン性を両立させたものになりました。

特に運転席は、運転手が包み込まれるように設計されています。必要な情報は運転手から見やすいようにレイアウトされているセンターディスプレイやスピードメーターなどは、運転しやすい環境を整えています。

内装の素材やカラーコーディネートは、ワンクラス上の車と感じさせるほど、落ち着いたデザインです。グレードによって美しいインテリアを選択でき、上位グレードであれば合成皮革+グランリュクスの組み合わせになります。

ベースグレードとなる15S、もしくはXD以外は本革巻のステアリングホイールを採用しており、ドライバーも質感の高い手触りを味わえます。

CX-3の走行性能

CX-3

画像引用元:マツダ

CX-3に搭載されているパワーユニットはガソリンエンジン、もしくはクリーンディーゼルエンジンとなっており、街乗りに十分な出力を備えているものです。

ガソリンエンジンは直線道路で力強い加速をするハイパワーというものではありませんが、アクセルにリニアに反応してくれるため、快適な走りを楽しめるものです。 伸びやかな加速感は走る歓びを表現してくれるものといえるでしょう。

ディーゼルエンジンであれば余裕のある排気量でトルクある走りを体験できます。上質な走りを楽しみたいのであればディーゼルエンジンはおすすめです。

ガソリン車とディーゼル車の両方にドライバーのハンドル操作に応じてトルクを制御する「G-ベクタリング コントロール(GVC)」が搭載されているので、乗っている人の揺れを低減したり高速走行や悪路で安定して走行できます。

マツダの先進のAWDシステム「i-ACTIV AWD」は、ドライバーのステアリング操作に合わせて後輪トルクを増加させてくれるものです。コーナリング時に安定感ある走りを楽しめます。

CX-3の価格

CX-3の価格は以下の通りとなっています。

ガソリンモデル

15S 2WD(6EC-AT)¥1,925,000(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥2,167,000(消費税込)
15S Touring 2WD(6EC-AT)¥2,068,000(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥2,381,500(消費税込)
15S Urban Dresser 2WD(6EC-AT)¥2,304,500(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥2,634,500(消費税込)
15S Super Edgy 2WD(6EC-AT)¥2,568,500(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥2,810,500(消費税込)

ディーゼルモデル

XD 2WD(6EC-AT)¥2,317,000(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥2,559,000(消費税込)
XD Touring 4WD(6EC-AT)¥2,893,000(消費税込)
2WD(6MT)¥2,871,000(消費税込)
2WD(6EC-AT)¥2,651,000(消費税込)
4WD(6MT)¥3,113,000(消費税込)
XD Super Edgy 2WD(6EC-AT)¥3,047,000(消費税込)
4WD(6EC-AT)¥3,289,000(消費税込)

ベースグレードの15Sであれば、新車価格でも200万円を下回る価格帯からのスタートなので、上質なコンパクトなSUVを希望する方におすすめです。競合モデルと比較しても満足できるグレードが展開されています。

CX-3の中古相場

CX-3の中古相場を見ていきましょう。価格帯も抑えられたグレードもあるため、比較的購入しやすい価格の車両も選択できます。2022年9月時点での中古車の例をご紹介しましょう。

グレード 年式 走行距離 車両価格
15S 2015年 8.4万km 95万円
XD 2015年 9万km 97万円
XD Touring 2015年 8.6万km 123万円
20S 2017年 5.2万km 135万円
XD 2022年 48km 220万円

価格ドットコム

購入しやすい価格帯のグレードも設定されているため、中古車相場としても比較的購入しやすい車両もあります。ディーゼルエンジンが設定されているため、ガソリンエンジンよりも走行距離は気にしなくてもよいかもしれません。

しかし走行距離が伸びている車両は、交換部品の交換タイミングに気を配る必要があるため、絶対に安心といえる訳でもないでしょう。車両コンディションと価格のバランスが必要です。

CX-3をお得に購入する方法

CX-3をお得に購入したいのであれば、低金利ローンの利用がおすすめです。新車を購入する際にローンを利用するのは一般的といえるでしょう。コンパクトSUVといっても、全額キャッシュで購入するのは難しいからです。

しかし毎月の支払い額を一定にできるというメリットがある一方で、ローンには手数料負担があります。金利が設定されており、これは支払手数料ともなるものです。そこで総支払額を抑えられる低金利ローンであれば、お得に購入できます!

弊社カミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得に購入していただけます。他社同等プランと比較すると数十万円も異なる車種も多数あり、比較すれば圧倒的にお得です。

もちろん乗り出しに便利なオプションをセットになっているので、安心して購入いただけます。ぜひこちらから詳細情報をチェックしてください。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
カミタケモータース公式サイト

 

目次
閉じる