デリカD:5の特徴や内外装のポイントは?中古相場やお得に購入する方法

デリカD

デリカD:5は他のジャンルには属さないともいえるクロスオーバーとミニバンが融合したジャンルになっています。最低地上高の高さやミニバンの使い勝手のよさを両立していることが大きな特徴です。

他のモデルにはない魅力を備えているためコアなファンも多いのがデリカD:5です。ではデリカD:5にはどのような特徴があるでしょうか?この記事では走行性能や価格、お得に購入する方法まで紹介します。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /

目次

デリカD:5の概要

デリカD:5

画像引用元:三菱

デリカD:5はデリカスペースギアの後継車種として登場しており、唯一のジャンルであるオールラウンダーミニバンとなっています。

ミニバンは街中での走行を想定しているためオフロードはイメージしにくいものです。しかしデリカD:5は、ミニバンでありながらSUVのデザインや走破性を持っているのが特徴。

現行モデルは4WDが駆動方式になっており、電子制御式多板クラッチで前後に駆動力を伝えてくれ悪路でもしっかり動力を路面に伝えてくれます。

ねじれにも強い構造を備えているので、ミニバンのスタイルでも本格的な悪路走破性を見せてくれます。

デリカD:5の特徴

デリカD:5の特徴を見ていきましょう。ミニバンの使い勝手を実現しながらも本格SUVのように悪路走破性を備えているのが大きな魅力といえるでしょう。 

ミニバンの使い勝手を確保

デリカD:5

画像引用元:三菱

デリカD:5はスライドドアを装備しており、ワンボックス型のボディ形状をしているためミニバンのスタイルになっています。

通常モデルの場合、最低地上高は185mmあります。またオンロード寄りのアーバンギアの場合でも最低地上高は変わらず、185mmです。

最低地上高が高めになっているので乗り降りがしにくいと感じる方もおられますが、電動サイドステップが装備できるため、負担になりにくくなってます。

8人乗りであれば6:4分割ベンチシート、7人乗りであればキャプテンシートの2列目シートで、シートアレンジもミニバンのような利便性を確保しています。

ディーゼルエンジンで力強い

デリカD:5

画像引用元:三菱

デリカD:5に搭載されているのは2.2Lのコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジンです。エンジンを構成する部品を新規部品に変更して、軽量化したことによりなめらかなエンジンフィーリングとなりました。

インジェクターは燃料圧が低下しないものが採用されており、再始動時の立ち上がりが素早い物になりました。

排出ガスをクリーンにする「尿素SCRシステム」を三菱自動車として初めて採用しました。力強いトルクを発生させながらも環境性能を確保しています。

悪路走行も可能な走破性

デリカD:5

画像引用元:三菱

デリカD:5は悪路走行もできるボディ形状にこだわっています。最低地上高が185mmとヴォクシーの140mmと比較すると、圧倒的な高さを確保しています。

障害物を乗り越えるためのアプローチアングルやランプブレークオーバーアングル、さらに ディパーチャーアングルが十分に確保されているので高い走破性を持っているのが特徴です。

ボディー形状だけでなく「リブボーンフレーム」と呼ばれている肋骨のような環状骨格構造を採用しています。

荒れた路面でもボディがねじれにくい構造を採用しているので、ミニバンのような形状でも悪路走行が可能になりました。

デリカD:5の遍歴

デリカD:5の遍歴を見ていきます。デリカD:5は発売から1回しかモデルチェンジしていませんが、マイナーチェンジを繰り返して装備や機能を改善してきています。

2007年1月発売開始

発売したときから航空機の設計が元となっているリブボーンフレームが採用されています。

2008年5月マイナーチェンジ

7人乗り仕様が一部グレードに標準設定された他、助手席電動スライドドアを装備したグレードも設定されていました。

2008年12月マイナーチェンジ

4WD車は寒冷地仕様が標準装備されています。グレード体系の見直しが行われています。

2009年11月4WD車のみマイナーチェンジ

エンジンが見直されたことで、燃費が向上しました。坂道発進をサポートする昼スタートアシストや急減速時にハザードランプを高速点灯させるESS(緊急制動信号システム)などが追加されています。運転席パワーシートや運転席と助手席のシートヒーターなど快適装備も追加されました。

2009年12月2WD車のみマイナーチェンジ

2WD車と4WD車の外観が同一化されました。また、グレードが変更されて、装備内容やグレード名称も4WD車と同じになりました。

2010年6月マイナーチェンジ

「M」に助手席側電動スライドドアとキーレスオペレーションシステムが追加されました。「最長10年10万km特別保証延長」の適用対象車種となりました。

2010年12月マイナーチェンジ 

減速エネルギー回生システムの制御変更や最適化により、2WD車の燃費が向上しました。

2011年12月マイナーチェンジ

2WD車には2.0Lエンジンが搭載されています。特別仕様車の「CHAMONIX」に電動メッキリモコンドアミラーにウインカーが追加されました。

2012年7月マイナーチェンジ

内装がダークグレーからブラックに変更されました。またベージュはシート生地が変更されています。

2012年12月マイナーチェンジ

4WD車にクリーンディーゼルエンジン車が設定されるようになりました。ディーゼルエンジンが搭載されるため、ショックアブソーバーの減衰力を最適化して、乗り心地と操舵安定性のバランスを取っています。

2019年2月新型モデル発売 

複数の一部改良を経た後、新型モデルが発売されました。ディーゼルモデルのみの設定になり、上級グレードのみのグレード展開になります。安全装備も刷新されて標準装備されている機能が多くなっています。2019年10月までガソリンモデルが継続販売されていました。

デリカD:5の外装

デリカD:5 G

デリカD:5 G

画像引用元:三菱

デリカD:5のエクステリアデザインは、「ダイナミックシールド」が採用されています。フロントフェイスの外側に縦型に配置されたヘッドライトが存在感をアピールします。

ヘッドライトは対向車がまぶしくない高さになっており、照射機能も向上しているのも特徴。

デリカD:5 アーバンギア

デリカD:5 アーバンギア

画像引用元:三菱

アーバンギアならシンプルですが、洗練されたイメージを与えるメッキフロントグリルが採用されています。

他のミニバンにはない特徴的なフロントフェイス、さらに三菱らしさを感じさせるデザインが、唯一無二です。

デリカD:5の内装

デリカD:5

画像引用元:三菱

オフロードの走行を意識している内装でありながらも、実用性がある内装デザインになっています。

悪路でも車体姿勢をつかみやすい水平基調の「Horizontal Axis」がベースとなっており、大きなスイッチや大型ディスプレイなどでアウトドア性能にこだわっています。

アウトドアライクなデザインだけでなく、乗る人が触れる機会が多い部分に、ソフトパッドや木目調パネルなど質感を高める素材を採用しているのも特徴です。

シートはファブリックシートとレザーシートが設定されています。ファブリックシートにはアウトドアを意識した幾何学柄が採用されています。サイドには起毛調生地があてがわれています。

レザーシートはダイヤキルティングを施した本革が使われました。上級グレードにふさわしい質感を演出しています。

デリカD:5の走行性能

デリカd5

画像引用元:三菱

デリカD:5には、2.2Lコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルターボエンジンが採用されました。力強い走りと質の高いエンジンフィールが特徴のエンジンです。

組み合わされるミッションは8速スポーツモードATです。レスポンスよい走りが実現できるように、最大トルクを活かした走りをサポートしてくれます。

パワーステアリングには、デュアルピニオンタイプの電動パワーステアリングを採用しています。低速域では軽快な取り回し、中・高速域ではステアリングがしっかりしているのでドライバーに安心感を与えてくれるでしょう。

デリカD:5の価格

デリカD:5の価格は以下の通りとなっています。

グレード車両価格(税込)
M4,001,800円
G4,103,000円
G-Power Package4,339,500 円
P4,475,900円
URBAN GEAR G4,230,600 円
URBAN GEAR G-Power Package4,467,100 円
URBAN GEAR P Edition4,577,100 円

デリカD:5の中古相場

デリカD:5の中古相場を紹介しましょう。2022年12月時点での中古相場は、26~599万円です。

長く販売されてきたモデルなので、年式や程度によって車両価格に大きな開きがあります。予算に合わせて選択しやすい車種ともいえるでしょう。

グレード年式走行距離価格
G2022年6km440.2万円
G2012年8万km208万円
G2012年6.8万km149.9万円
G2007年12.9万km122万円
シャモニー2012年15.5万km69.8万円
シャモニー2009年15.3万km50万円

価格ドットコム

新車に近いコンディションの車両であれば、価格も高額になりがちですが、10年、10万kmを走行しているモデルであれば購入しやすい価格になります。

デリカD:5は、ディーゼルエンジン搭載モデルも選択できるので、走行距離はガソリンエンジン搭載モデルよりも気にしなくてもよいといえるでしょう。一般的にガソリンエンジンよりもディーゼルエンジンの方が長距離に耐えることができるからです。

しかしエンジン以外の部品については、走行距離がかさむと交換が求められます。そのため、10万kmを超えると交換タイミングが来る部品があります。

車両価格が安い車両を選択できますが、購入後に修理が求められる場合もあるため、コンディションによっては追加費用が求められる可能性も考慮しましょう。

デリカD:5をお得に購入する方法

デリカD:5をお得に購入する方法をご紹介しましょう。

購入してから長く安心して乗りたいのであれば新車購入をおすすめします。車両価格も高くなりがちなデリカD:5では、ローン利用して購入する方も多くおられます。

ローンは支払い額を一定にしながら、無理なく希望する車種に乗れる方法です。しかし金利という手数料が発生します。その支払手数料が抑えられるのが低金利ローンです。 

名前の通り金利が低いローンのため支払総額を抑えられます。たった数%の違いと感じるかもしれませんが、車両価格が高いモデルの場合、支払額が100万円以上も異なるケースがあるほどです。

デリカD:5の支払い例
デリカD:5 G-Power Package

画像引用元:三菱


37,200円(税込)×120回
ボーナス月30,000円×20回加算

【初回のみ】38,172円(税込)
【車両本体価格】4,239,500円(税込)
【OPプレミアムプラン総額】 4,589,500円(税込)
【手数料込総額】5,064,972円(税込)

他社同等プランと比較すると、130.1万円お得!

乗り出しに便利なオプションがセットになっているため比較すればお得です!Webからの審査も行えるので、毎月の支払額はいくらになるのかチェックしてください。

目次
閉じる