デリカミニで車中泊は可能?実車で車中泊してみた結果は?

デリカミニ車中泊

2023年5月に登場したデリカミニ。スーパーハイトワゴンなのにアクティブな雰囲気と、ちょっとした悪路走破性を兼ね備えているモデルとして、たちまち話題になりました。

半円形のヘッドライトやロゴのデザインなどがデリカらしさを表現しています。アクティブな雰囲気があるモデルらしく、デリカミニで車中泊はできるのでしょうか?カミタケモータースのスタッフが実際に車中泊した様子もご紹介します。

軽自動車
目次

デリカミニで車中泊は可能?

デリカミニ

結論からすると、デリカミニで車中泊は可能です。スーパーハイトワゴンは軽自動車の規格の中でも、広々した車内スペースを確保しているので、大人が車中泊が可能です。

デリカミニ

助手席のシートを倒して、後席シートも調整すると、フラットな空間を作り出せます。完全なフラット空間ではないとしても、隙間や段差を埋めてしまえば、車中泊できます。

デリカミニ

工夫次第によっては、デリカミニでも車中泊は可能です。他の車種であれば、フルフラットな空間になる車種もあるので、好みに合わせて車選びするとよいでしょう。

ただし、段差や隙間だけ埋める方法を確立してしまえば、汚れに強いシートや悪路走破性も期待できるためアウトドアにぴったりです。

デリカミニの特徴は?

デリカミニの特徴をご紹介しましょう。スーパーハイトワゴンの使い勝手は似ているものの、デリカミニは他の車種と比較して、悪路走破性で有利です。

また広々とした車内空間があり、アクセサリーを活用して広い車内を有効活用できます。

ハイトワゴンベースで広々

デリカミニ

三菱のスーパーハイトワゴンの広さを備えているデリカミニは、室内高も充分にあるので広々しています。

スライドドアが採用されているので、荷物の出し入れもゆったりとできます。ハンズフリー機能も搭載され、手に荷物を持っているときも簡単に開閉できるのも魅力。

ハンズフリースライドドアは、キーレスオペレーションキーを携帯しているときに、ドア下に足先を入れてドアの開閉操作をします。

室内寸法は以下の通り。

  • 室内長:2,200mm
  • 室内幅:1,335mm
  • 室内高:1,390-1,400mm

一般的なスーパーハイトワゴンの数値となっていますが、十分な広さがあるといえるでしょう。

バックドアのスペースも、開口高1,080mm、開口幅1,050mm、開口部地上高590mm(4WD:620mm)の寸法になっています。

高さのある荷物があっても、余裕の積載性があるので、荷物が多いアウトドアに活用可能です。

少しの悪路なら安心できる走破性の高さ

キャンプに出かける際の、少しの悪路を走破できる機能が搭載されているのもデリカミニの特徴。2WD、4WDを問わず、グリップコントロールやヒルディセントコントロールが標準装備されています。

グリップコントロールは、ぬかるんだ道で片側の駆動輪が空転したときに、スリップした駆動輪をブレーキ制御して脱出しやすくする機能です。

4WD車の場合は、大径タイヤが採用されデリカミニ専用のショックアブソーバーを採用しました。4WD車は、2WD車よりも5mm最低地上高が高くなり、160mmとなっています。

少しの差ではありますが、凹凸がある路面での走行が心強くなるポイントです。

デリカミニの室内の使い勝手

デリカミニの室内の使い勝手もご紹介します。

汚れに強いシート素材もある

デリカミニ

アクティブにぴったりの理由として、汚れに強い素材を採用しているという点があります。撥水シート生地を採用しているので、飲み物をこぼしたときやアウトドア用品が濡れていてもすぐに拭き取れるので安心です。

ラゲッジボードや後席シートバックは、樹脂仕様になっています。汚れがある荷物も気にせず積載できるので、アクティブに使いたい方におすすめです。

スライド機構搭載

デリカミニはシートアレンジもしやすくなっているので、荷物の量や使い方に合わせて調整できます。後席ロングスライド機能があり、後席は約320mmのスライド幅です。前にスライドさせれば荷室を広げられますし、後席に座ったお子さまの世話もしやすくなります。

左右それぞれをスライドさせれば、荷室を半分だけ広げるなどの活用方法もあります。リアシートは、後席側と荷室側の両方から操作しやすい肩口にレバーを設置。

リアシートは、車内からも車外からも調整できるのもアウトドアにぴったりのポイントです。

カミタケスタッフが車中泊できるかチェックしてみた!

カミタケモータースのスタッフが、デリカミニで車中泊できるかデイキャンプに出かけてみました。

乗車したのは、T Premium。デリカミニは初めて運転したスタッフ。インテリアを見てみると、デザインがおしゃれになっています。内側のインパネのデザインもおしゃれです。

森のひとときキャンプリゾート

住所:兵庫県丹波市市島町与戸 長尾52-1

弊社男性スタッフ身長188センチが後席をフラットにして寝てみたのですが、さすがに太ももから下は外にはみ出てしまいました。

前席を倒し、後席と繋げるシートアレンジであれば寝転がることはできると思います。

別で、ベッドキットやベッドマットなどを積めばより快適に車中泊ができます。

カミタケチャンネル!

スタッフがデリカミニでデイキャンプに出かけた様子を動画でご覧ください。

今後ベッドキットの発売が期待される!

今後ベッドキットの発売が期待されるのもデリカミニのポイントです。東京オートサロン2023でデリカミニが発表された際に、ベッドキットが用意されていました。

三菱純正のアクセサリーとしてベッドキットが発売されれば、段差の少ないフラットな状態を作り出せます。

市販化も検討しているというアクセサリーがあれば、より車中泊もしやすくなるので、今後の発売に期待しましょう。

純正のアクセサリーも豊富

デリカミニは、純正のアクセサリーも豊富に用意されています。デリカミニ用に販売されているアクセサリーには、アウトドア用品の整理に便利なものがあります。

たとえば、ラゲッジトレイは、汚れ物の積載に便利なものです。リアシートバックやラゲッジルーム床面の傷を防止してくれます。

樹脂仕様のシートバックもありますが、ラゲッジトレイを活用すれば傷を防止してくれるので、より気にせずに積載できるでしょう。

そのほかに、キャンプのときに便利なキャンピングパッケージも設定されています。車に直接設営できるタープがあれば、簡単に日陰を作れます。

サンシェードもプライバシーを確保しながら直射日光を遮れるので、便利ですね。

その他のアクセサリーを組み合わせてアウトドアに出かけられるので、必要に応じて活用するのをおすすめします。

デリカミニをお得に購入するならカミタケモータース

デリカミニをお得に購入したいなら、カミタケモータースへご相談ください。

枚方近郊で新車や未使用車を販売しているカミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランや豊富な未使用車の在庫を展示しているので、好みの車をお得に購入していただけます。

未使用車

登録済(届出済)未使用車とは初度登録されていて一般の運行に供されていない車のことを意味しています。

登録されているので、中古車という扱いですが、それでもコンディションは新車に限りなく近いので安心して乗れます。

弊社カミタケモータースでは、常時300台以上の在庫を展示しているので、狙いの車種も探していただきやすいです。ぜひこちらからお気軽にお問い合わせください。

低金利プラン

お得に車を購入する別の方法は、低金利プランを利用するというもの。軽自動車でもデリカミニのように新車価格が200万円ほどになる場合は、ローンを利用される方も一般的です。

しかしローンは、毎月の支払額を一定にできますが、金利手数料があるのが懸念点です。しかし低金利プランなら、その手数料負担を軽減できるので、トータルで見たときにお得。

弊社カミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランを提供しており、お得にデリカミニを購入していただけます。

たとえば、新車1.99%の超低金利プランのOPプレミアムプランなら他社同等プランと比較して、最大49.3万円もお得!

デリカミニ

G Premium

G Premium デリカミニ

画像引用元:デリカミニ 三菱自動車

17,400円(税込)×120回払い 
ボーナス月+30,000円×2回/年×10年

  • 【初回のみ】21,830円(税込)
  • 【車両本体価格】1,985,500円(税込)
  • 【OPプレミアムプラン総額】2,439,680円(税込)
  • 【手数料込総額】2,692,430円(税込)
低金利メリット画像
目次