エクリプス クロスの特徴や内外装のポイントは?中古相場やお得に購入する方法

エクリプスクロス

エクリプス クロスは走りもよいSUVで、PHEV車も選択できるのが特徴です。2020年12月から設定されているPHEV車なら、モーターによる力強く静かな走りを楽しめます。

低燃費に走行できるだけでなく、運転していて楽しい走りも期待する方におすすめの車種です。この記事では、エクリプス クロスの特徴や中古相場、さらにはお得に購入する方法まで詳しく紹介します。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
エクリプス クロスの新車が超低金利で買える|新車を安く買うならカミタケモータース

目次

エクリプス クロスの概要

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスは2017年にグローバル展開されたクロスオーバーSUVです。デザインの特徴はスタイリッシュなクーペフォルムで、SUVの地上最低高が確保されていることからオンロードでもオフロードでもドライブを楽しめるモデルです。

2020年にはエクリプス クロスPHEVモデルが登場しており、アウトランダーPHEVと同じくツインモーター4WDを採用したモデルが発売されました。 

大容量の駆動用バッテリーが床下中央に配置され、重量バランスが最適化されたことによりオンロードでもキビキビと運転を楽しめます。上質な乗り心地と安定性によりドライブを楽しめるSUVに仕上がっています。

ガソリンエンジンには1.5L直噴ターボエンジンが搭載されています。自然吸気エンジンの2.4Lの排気量に近い中低速トルクを実現しているエンジンです。

クリーンディーゼルエンジンが搭載されたグレードも販売されていましたが、PHEV車が追加されると同時に廃止されました。 

エクリプス クロスの特徴

エクリプス クロスの特徴を見ていきましょう。スタイリッシュなモデルなので走りを求める方でも満足できる特徴を持っています。 

クーペSUVでスタイリッシュ

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

エエクリプス クロスのクーペスタイルになってよりスタイリッシュなデザインになっています。当初販売された当時はダブルガラスのリアドアになっており、大きな特徴となっていました。しかし2020年10月の大幅改良で、リアドアがシングルガラスに変更されました。

これにより、クーペフォルムが強調されたようなスタイリッシュなデザインになっています。マイナーチェンジ前のダブルウィンドウもSUVらしい力強さを感じさせるポイントになっていましたが、PHEVが設定されたと同時に、デザインにも大きな変更が加えられています。

フロントフェイスには、三菱自動車のデザインコンセプトである「Dynamic Shield」を進化させたスポーティな表情を採用しました。またリアは立体的な六角形のデザインで走りをイメージさせています。

高い走行性能を実現するS-AWC

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

三菱の高い運転性能を実現しているのがS-AWCという制御システムです。S-AWC(Super All Wheel Control)は4輪の駆動力を最適に制御し走行安定性を高めています。

ガソリンモデルとPHEVモデルで制御システムの細かな違いはあるものの、あらゆる路面で安定した走行ができる機能です。

ガソリンモデルの場合は、前後輪の努力を適切に配分し滑りやすい路面でのトラクション性能を確保します。PHEVモデルは、モーターを制御して走行状況に合わせて駆動力を分配します。

左右のタイヤの駆動力を最適制御するAYC、製造力とエンジン出力を制御するASC、さらには急ブレーキ時のABSと組み合わせてリニアなハンドリングを実現した機能です。

ドライブモードは4つ設定されており、走行状況に合わせて適切な制御に変更できます。

PHEVなら災害時にもAC電源が使える

エクリプス クロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスのPHEVモデルには100VのACで電源が装備されています。そのため車のバッテリー電力が使えるようになり、電源が確保できないアウトドアでも炊飯器やコーヒーメーカーなどの電化製品を使えます。

また「Vehicle to Home(V2H)」で車のバッテリーに蓄えた電気を家で使うことも可能です。給電は満充電の場合で一般家庭の約1日分可能です。エンジンで発電した場合ガソリン満タンで最大約10日分の電気量が確保できます。

家庭に電力を送るには、駆動用バッテリーとV2H機器を接続し、さらに住宅に接続して使用します。

エクリプス クロスの遍歴

エクリプス クロスのこれまでの遍歴をご紹介しましょう。 

2018年3月日本での発売を開始

デザインテーマが「VIBRANT & DEFIANT(躍動、そして挑戦)」どうして日本での発売を開始しています。日本での発売の前に欧州向けや豪州向け、さらに北米市場にも発売されています。

2018年12月一部改良

アクティブヨーコントロール(AYC)が4WD車だけでなく、2WD車にも採用されました。運転席と助手席のシートヒーターが標準装備されました。 

2019年12月一部改良

「G」と「G Plus Package」にLEDイルミネーションが採用されたり、特別仕様車「BLACK Edition」の内装色がブラックに統一されました。

2020年12月大幅改良

クリーンディーゼルモデルが廃止されPHEVモデルが設定されました。ボディ剛性が向上したり、サスペンションの最適化が行われています。

2021年11月一部改良 

グレードによって同一車線運転支援機能の「マイパイロット」が標準装備されました。後側方車両検知警報システムなどの安全装備もグレードを拡大して標準装備されています。

2022年11月一部改良

グレードの見直しが行われ、ガソリンモデルとPHEVモデルのグレード体系が統一化されました。マイパイロットがガソリンモデルのグレードにも標準装備されているものが設定されています。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
エクリプス クロスの新車が超低金利で買える|新車を安く買うならカミタケモータース

エクリプス クロスの外装

エクリプスクロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスのデザインテーマは「VIBRANT & DEFIANT(躍動、そして挑戦)」でアスリートが走り出す瞬間をイメージさせるデザインになっています。

三菱が発売していたクーペ/コンバーチブルタイプの乗用車の「エクリプス」と「クロスオーバー」を掛け合わせたネーミングとなっており、クーペスタイルを印象付けています。

2020年12月の大幅改良では、装備だけでなくエクステリアデザインも変更されており、リアのダブルウィンドウが廃止されシングルウィンドウになりました。

前後のオーバーハングも延長されて、クーペらしさが際だったデザインになっています。

エクリプス クロスの内装

エクリプスクロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスの内装はブラックが基調となり、シルバーの加飾があります。水平基調のデザインやコックピットのような運転席はドライバーのやる気を高めます。

シフトレバーの周りにドライブモードのスイッチ、またヒートシーターのボタンもあります。

後席のシートは、9段階にリクライニングできるタイプのシートです。スライド機構は搭載されていませんが大人が座っても十分なスペースが確保されています。

クーペスタイルになっているので、後席の頭上スペースが気になる方もおられますが十分なスペースを確保しているといえるでしょう。

6:4分割可倒式リアシートなので、使用状況に合わせてシートアレンジが可能です。運転席の周りの手が届きやすいところに収納スペースがあるため、ドライバーも快適にドライブできます。

エクリプス クロスの走行性能

エクリプスクロス

画像引用元:三菱

スタイリッシュなクーペスタイルのSUVとして、どのような路面でも安定して走行できます。走りを支えているのは、高剛性ボディです。

構造用接着剤の使用でボディ剛性を高め、コーナリング時の安定性を高めています。またフロントのマクファーソンストラット式、リアのマルチリンク式のサスペンションシステムで荒れた路面でも快適に乗車できるでしょう。

PHEVシステムは2.4Lエンジンとツインモーター4WDでスムーズな走りを実現しています。効率のよい発電が可能になったエンジンと高出力のジェネレーターで、静かで低燃費な走りを実現しました。

ガソリンモデルには1.5L直噴ターボエンジンが搭載されており、レスポンスのよさや2.4LNAエンジンを凌ぐトルクが魅力となっています。PHEV車よりも車重が軽いのでフットワークがよくなり、優れた操作性を持っているモデルです。

組み合わされるミッションはINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVTです。エンジンのポテンシャルを引き出したり、ステップシフト制御により楽しい走りを提供します。 

どうしても燃費のよいPHEV車に注目がいきがちですが、ガソリンモデルでもエクリプス クロスの走行性能のよさを味わえるためおすすめできます。

エクリプス クロスの価格

エクリプスクロス

画像引用元:三菱

エクリプス クロスの価格は以下の通りです。

M PHEV3,863,200円
ガソリン 2WD2,542,100円
ガソリン 4WD2,762,100円
G Limited Edition ガソリン 2WD2,783,000円
ガソリン 4WD3,003,000円
PHEV4,078,800円
G PHEV4,337,300 円
ガソリン 2WD3,041,500円
ガソリン 4WD3,261,500円
P PHEV4,510,000円
ガソリン 2WD3,300,000円
ガソリン 4WD3,520,000円

エクリプス クロスの中古相場

エクリプス クロスはガソリンモデルとPHEVモデルで登場時期が異なるため、中古相場も異なっています。

エクリプス クロス

エクリプス クロスのガソリンモデルは、2022年12月時点で173~448万円となっています。

グレード年式走行距離価格
G2020年2.0万km318万円
G2020年1.5万km298万円
Gプラスパッケージ2020年1.5万km286万円
G2020年1.9万km259万円
M2019年0.7万km189.9万円

価格ドットコム

エクリプス クロスPHEV

エクリプス クロスのPHEVモデルは、2022年12月時点で279~438万円となっています。

グレード年式走行距離価格
P2021年0.4万km339万円
P2020年2.1万km378万円
G2020年0.3万km338.8万円
G2020年0.4万km352万円
G2020年2.0万km329.8万円

価格ドットコム

エクリプス クロスをお得に購入する方法

ここからはエクリプス クロスをお得に購入する方法をご紹介しましょう。PHEVモデルになると車両本体価格も400万円を超えるため、ローンを利用される方が多くなります。

自動車ローンは毎月の費用を抑えることができ、無理なく希望する車に乗れる方法ですが、どうしても手数料が発生します。その手数料である金利を抑えられるのが低金利ローンです。

金利は数%の違いによって総支払額が大きく変わるケースがあります。特に、車両価格が高ければ高いほど金利の差による差額も大きくなります。

弊社カミタケモータースでは新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得にエクリプス クロスを購入可能です。

PHEVモデルの支払い例

エクリプス クロス
G PHEVモデル

エクリプス クロス PHEV G

画像引用元:三菱

他社同等プランと比較して最大12.6万円お得!

2回目以後37,000(税込)×120回
ボーナス月30,000円×20回加算

【初回のみ】43,211円(税込)
【車両本体価格】4,152,500円(税込)
【OPプレミアムプラン総額】4,572,500円(税込)
【手数料込総額】5,046,211円(税込)

他社同等プランと比較すると100万円以上も差額が発生する場合があります。もちろん乗り出しに便利なオプションもセットになっているプランですので、比較するとお得です。

Webから審査もできるので、ぜひこちらから毎月の支払額はいくらになるのかチェックしてください。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
エクリプス クロスの新車が超低金利で買える|新車を安く買うならカミタケモータース

目次
閉じる