ロードスターの値引き額は?交渉を成功させる方法やお得に購入する方法まで

ロードスター値引き

ロードスターはマツダが誇る名車といえるでしょう。軽快な走りでドライビングを楽しめるツーシーターのライトウェイトスポーツカーです。

ロードスターも出来る限り安く購入したいと思うものですが、値引き額はいくらになるでしょうか?この記事では、交渉を成功させるための方法やお得に購入する方法をご紹介します。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
カミタケモータース公式サイト

目次

ロードスターの値引き目安

ロードスター

画像引用元:マツダ

2022年12月時点でのロードスターの値引き目安をご紹介しましょう。価格ドットコムの情報によると、値引きされた情報では以下のようになります。

ロードスターの値引き表

グレード車両値引きオプション値引き
S Special Package0円0円
990S10万円0円
NR-A35万円10万円
S Leather Package White Selection (MT)10万円15万円
S Leather Package (MT)0円0円
S10万円10万円

価格ドットコム

実際に値引き交渉を行った方の情報でも、ロードスターの値引きは渋くなっています。グレードによっては、値引きがなかったと報告している方もいるほどです。

値引きに成功したとしても、車両値引きとオプション値引きを合わせて10万円程度となっている方もおられ、一般的な車両価格からの平均的な値引きには到達していません。

2シーターの走りを楽しむ車ということもあり、値引き額はそれほど期待できないといえるでしょう。 

ロードスターの値引きを成功させる方法

ロードスター

画像引用元:マツダ

ロードスターの値引きを成功させる方法を紹介しましょう。

  • 競合車種と比較する
  • ディーラー同士で比較する
  • 決算期に購入する

これらの方法で値引き交渉を進めることができるでしょう。

競合車種と比較する

一般的には値引き交渉をするために、競合車種と比較しながら交渉するのが有効です。しかしながら2022年12月時点で、ロードスターの競合車種となるオープン2シーターモデルが国産車では販売されていません。

軽自動車ではダイハツのコペンが競合できそうですが、普通車と軽自動車という大きな差があります。

走りを楽しむという面では、トヨタのGR86やスバルBRZ、ホンダのシビックなどがあります。またスズキのスイフトスポーツもライトウェイトで走りを楽しめる車種です。

直接的なライバル車種がいないため、交渉は少し難しくなるといえるでしょう。しかし他の車種を検討していることをそれとなく伝えるなら、さらに値引き額を引き出せる可能性があるでしょう。

ディーラー同士で比較する

値引きを引き出す別の方法は、ディーラー同士で比較するというものです。ディーラーはどれも同じお店と感じますが、実は運営している会社が異なることがほとんどです。

分かりやすいのは、都道府県をまたぐと別の会社が運営しているディーラーになります。地域ごとに運営している会社が異なるディーラーがあるなら、別の店舗で見積もりを取ってみるのがおすすめです。

直接見積書を見せるわけではなかったとしても、おおよその値引きの幅をそれとなく伝えるだけで、値引き額をさらに引き出せる可能性はあります。 

決算期に購入する

値引きが渋いロードスターでも決算期であれば、値引きが少し大きくなる可能性があります。3月や9月の決算期でセールを開催しているなら、通常よりも値引きが大きくなるかもしれません。

メーカーとしても、販売台数を伸ばしたい時期になるため、納車時期にこだわりがないのであれば決算期を狙って交渉するのはおすすめです。

ロードスターの支払額を抑える方法

ロードスターの支払額を抑える方法を紹介しましょう。たくさんの販売台数があるわけではないため希少ではありますが、未使用車を探したりオプションを少なめにすると、支払額を抑えられます。 

未使用車を探す

ロードスターはコンパクトカーやミニバンのように販売台数が多いモデルではないため、未使用車の流通台数は少なめといえます。しかし全くゼロなわけではなく、タイミングによっては希望するボディカラーの未使用車を探すことも可能です。 

地域によって未使用車があるか、またタイミングにも左右されますが、未使用車なら在庫があるので納車までの期間が短くなるのはメリットです。

好みのグレードが販売されているなら、登録されていても新車のコンディションに近い未使用車を選択するのはおすすめ。

購入を検討したタイミングで未使用車があるかどうか確認しておくことをおすすめします。 

普通車在庫ページ
普通車在庫ページ

オプションを少なめにする 

ロードスターに付属させるオプションを少なくするのもおすすめです。走る楽しさを高めるために、アクセサリーパーツなどが用意されています。

好みのアクセサリーパーツを装着すると見た目もよくなりますし、走りの性能を高めることもできるでしょう。

しかし支払額を抑えておきたいのであれば、パーツを追加したい気持ちを抑えてシンプルな構成にしておきましょう。

その他にも、ディーラーオプションの中には社外品で対応できる部品もあります。必要な物以外は、納車してから社外品を購入すると、費用を抑えられる場合があります。

フロアマットやバイザーなど、そもそも購入する必要があるのか、それとも社外品で対応できるのか確認しておくとよいでしょう。

ロードスターのおすすめグレード

ロードスターは1.5Lエンジンを搭載しており、複数のグレードから選択できます。その中でおすすめできるのは、「S Leather Package」です。

ロードスター

画像引用元:マツダ

ロードスターは走りを楽しむ車のため、MTを選択するのはおすすめです。販売台数からもMTモデルが人気があります。

そもそもロードスターの場合にはATが設定されているのは一部グレードのみです。特別仕様車や上位グレードの「RS」はMTのみの設定となっています。

走りを楽しむためにもMTモデルを選択するとよいでしょう。

ロードスターのリセールバリュー

ロードスターのリセールバリューを考えると、おすすめできるグレードは「S Leather Package」です。

ロードスター

画像引用元:マツダ

上の見出しでも少し解説しましたが、ロードスターはMTモデルがメインとなっています。また「S Leather Package」になると、複数の装備が標準装備されているので快適に乗車できます。

たとえばクルーズコントロールなどは「S Leather Package」に標準装備されている装備です。他の下位グレードでは装備できないか、もしくはオプションになっています。

街中や峠道を走るときには、クルーズコントロールの必要性を感じないかもしれませんが、長距離ドライブに出かける際に疲労を軽減できるためおすすめです。

また、交通標識認識機能システムやアダプティブ・LED・ヘッドライトも標準装備されています。街中での快適装備や安全装備が複数あるため、リセールのことを考えても上位グレードはおすすめです。

ロードスターは中古車と新車のどちらがよい?

ロードスターは中古車と新車のどちらの方がよいでしょうか?結論からすると、コンディションが安定している新車の方がおすすめです。

街乗りやドライブで使用することが想定されるロードスターの場合には、年式の割には走行距離が低い車両も探すことができます。

しかし年数が経過していると、定期的に交換すべき部品も発生するため、購入してからも整備が必要となるケースも考えられるでしょう。

その点新車であれば、前オーナーがどのようにメンテナンスしていたのか心配する必要はありませんし、長期間の保証を受けられるので安心して乗車できます。

リセールのことも考えると、新車を購入する方がおすすめできます。もちろん定期的にメンテナンスすることも考慮して中古車を購入するという1つの方法です。

新車の場合は納期の問題もあります。思っているよりも早く納車できないというのであれば中古車の方がよいこともあるでしょう。また値引きが渋いときも、中古車を選択する方もおられるでしょう。

しかし長く安心して乗るのであれば新車を購入することをおすすめします。

カミタケチャンネル!

ロードスターに乗っているスタッフが、こだわりのポイントをご紹介します。
気に入っているポイントは?選択したときの比較点などをオーナーが解説しています。ぜひ動画をチェックしてください。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
カミタケモータース公式サイト

ロードスターと競合車種との比較

ロードスターと競合車種を比較してみましょう。車選びのポイントから何を比較するべきなのかチェックしていきます。 

GR86 

GR86

画像引用元:トヨタ

GR86は本格的な走りを楽しめるスポーツカーでは数少ない競合車種といえそうです。86はスバルのBRZと兄弟車種となっており生産はスバルが行っています。

ハンドリングを楽しめるFR駆動の車として多くの車好きから支持を集めた車種です。初代モデルは多くのファンを集めた、クーペモデルのカローラレビンとスプリンタートレノのAE86が名前の由来となっています。

現行モデルの2代目ではGRレーシングから発売されているので、GR86となりました。これにより2シーターオープンでなくても軽快な走りを楽しめるでしょう。

後席もハッチバックもあるため、荷物を載せたいときにはGR86が上回ります。エンジンも2Lあるので、直線での速さを比較するならGR86の方が優れています。

しかし、ロードスターの魅力は人馬一体の走りや開放感です。天気のよい日にオープンカーとして走行する軽快さは特別でしょう。

シビック

シビック

画像引用元:ホンダ

走りが楽しい車として別の候補はホンダのシビックです。FFでも軽快な走りが楽しめる車種として有名です。

排気量でもロードスターの1.5Lに対して、1.5Lターボエンジンを搭載しているのも特徴です。またシビックはe:HEVのハイブリッドシステム搭載モデルも選択できます。

こちらは2Lエンジンで発電用モーターを駆動して基本的にはモーターで駆動させ高速域のみ直結してタイヤを駆動します。

シビックのMTを組み合わせてダイレクトな走りを楽しめる車種です。6速MTと組み合わせてスポーティーでダイレクト感のあるシフトフィールを堪能できるのが特徴です。

室内空間で後席のあるシビックの方が広々しています。街中での使い勝手を考えるとシビックの方が幅広いシーンで利用できるでしょう。

もちろんシビックの場合でもオープンカーにはならないため、開放感ある走りではロードスターの方が優れています。

ロードスターを安く購入する方法

ロードスターを安く購入する方法を紹介しましょう。

支払い額を一定にしながら無理なく購入するには以下の方法があります。

  • 残価設定ローン
  • 未使用車
  • 低金利プラン

それぞれの支払い方法の特徴や比較のポイントを見ていきます。 

残価設定ローン

残価設定ローンは購入の段階で「残価」と呼ばれる最終返却時の想定残価を最終支払い時まで据え置いて支払う方法です。

そのため車両本体価格から原価を差し引いた金額を分割して支払います。結果として毎月の支払額が抑えられるのが特徴です。

もちろん、残価は据え置かれているのみという点がポイントとなります。最終的に車を返却するか買い取る必要があるため、精算が求められると覚えておく必要があるでしょう。

残価設定ローンは、最終返却時にどれほどの価値が残っているかによってお得度が異なります。結論からすると、中古車市場で人気がある車を短期間に乗り換える場合にお得な仕組みです。

リセールバリューを想定するのが難しかったり、長く車に乗るつもりであれば一般的なローンの方がお得なケースがあります。

未使用車

上の見出しでも既述しましたが、未使用車を購入するのもよいでしょう。未使用車とは登録済みでも一般の運行には供していない車のことで、コンディションは新車に限り近くなります。

陸運局で登録はされているので、新車ではなく人の手に渡った状態の車です。しかし移動しているのは場内のみで、必要最低限ということ多くコンディションはほぼ新車です。

未使用車は在庫がある車なので、納車までの期間も短くなります。また新車ではないので車両代が新車よりも下がっていることが多いです。

在庫がある車両に限られるという点は懸念点となりますが、タイミングがあえばお得に購入できる方法です。

普通車在庫ページ
普通車在庫ページ

低金利プラン

比較的高額になる普通車の購入時にローンを利用する方が多くおられます。ローンであれば毎月の支払額を一定にして無理なく希望するグレードや車種に乗れるからです。

ローンの場合は金利という手数料が発生します。しかし手数料を抑えながらお得に乗れるのが低金利プランです。

低金利プランは、名前の通り金利が低いローンプランのことで、他のプランと比較して総支払額を抑えられます。

たった数%の違いと感じるかもしれません。しかし車両価格が高くなりがちな普通車の場合何十万円も異なる場合があります。

弊社カミタケモータースでは新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得に購入していただけます!

ぜひこちらからロードスターの支払い額がいくらになるのかお問い合わせください。

\新車1.99%の超低金利プランについてはこちら /
カミタケモータース公式サイト

目次
閉じる