タントファンクロスの限界値引き額は?交渉のポイントやお得に購入する方法

ダイハツファンクロス

タントファンクロスはダイハツ車の中でも「スーパーハイトワゴン」としてタントからマイナーチェンジして追加された車であり、今では大人気車種の1つになります。

よりアクティブな外観デザインと使い勝手のよさがあるモデルなので、様々なライフスタイルに応じて柔軟に対応してくれる1台です。

そのため、タントファンクロスを購入検討している方の多くは「出来る限り安く購入したい」と誰もが思うはずですが、値引き額はいくらになるのでしょうか?

この記事では、タントファンクロスの値引き交渉を成功させるための方法やお得に購入する方法をご紹介します。

軽自動車
目次

タントファンクロスの値引き目安

タントファンクロス値引き

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

2023年3月時点でのタントファンクロスの値引き目安額をご紹介します。価格ドットコムに掲載されている値引き情報では、以下の実績が紹介されていました。

グレード車両値引きオプション値引き
タントファンクロス15万円5万円
タントXグレード5万円5万円
タントL SAグレード15万円0万円
タントXグレード5万円10万円
タントXターボグレード5万円30万円

参照:価格ドットコム
参照:価格ドットコム

上記値引き価格はあくまで直近の5件の投稿の平均値になりますが、車両値引きとオプション値引きを合算した場合の値引き合計が19万円となりました。

オプションや付属品を合わせた値引きは、グレードによって異なる場合があるため、実際の交渉の際の確認が必要です。

また、一般的に車両価格からの値引き目安額は、車両本体価格の約10%といわれています。約160万円からの車両価格のタントファンクロスからみると、少し値引き金額が少ない傾向があるでしょう。

グレードや交渉内容によっては、上手に交渉することで30万円以上の値引きに成功しているケースもあり、値引きにも期待できるでしょう。

タントファンクロスの値引きを成功させる方法

タントファンクロス値引き交渉

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

タントファンクロスの値引きを成功させる方法は3つあります。

  • 競合車種と見積を比較する
  • 決算時期に合わせて交渉する
  • ディーラー同士で見積を比較する

また、タントファンクロスの一般的な値引き金額は、おおよそ「10万円〜18万円」ほどになります。

より多くの値引きを引き出すためにも、是非参考にしてほしい内容です。

競合車種と見積もり比較する

タントファンクロスの値引き交渉を行う際には「競合車種と見積を比較する」ことがポイントです。

タントファンクロスの強豪車種としては「ホンダ・N-BOX」や「スズキ・スペーシアギア」などです。

仮にN-BOXを値引き交渉の材料に活用する場合には、両方の車種で迷っていることを伝えます。

「タントファンクロスの内装や外装の魅力はすごく伝わるけど、N-BOXも捨てきれない」という点を、伝えてみましょう。

担当の営業の方と交渉すれば、次の一手として限界値引き以上の金額交渉が成功する可能性が高くなるでしょう。

実際に「競合車種有りの条件」と「競合車種無しの条件」では、営業の方が考慮する値引き金額も異なる可能性があるからです。

競合車種と迷っていることを伝えつつ、タントファンクロスの値引きを引き出せるように交渉しましょう。

決算時期に交渉する

タントファンクロスの値引き交渉を進める別の選択肢は、決算時期に合わせることです。

自動車業界でいう決算時期とは「1月〜3月」と「7月〜9月」の時期になります。特に値引きが引き出しやすい時期は「1月〜3月」のタイミングです。

1月〜3月の決算時期はディーラーや他販売店でもお得なキャンペーンを開催している可能性が高く、特別な値引きをしてもらえる可能性も高くなるでしょう。

自動車メーカーとしても3月の締め月までに1台でも多くの車を販売しようと意識しています。

もし、少しでもタントファンクロスを安く購入したい方は、決算時期を狙って交渉を進めることもおすすめです。

ディーラー同士で見積もり比較する

ディーラー同士で見積を比較する方法も値引き交渉術の1つです。

可能な地域もしくは隣県に越界してダイハツ同士でタントファンクロスの見積を競合させれば、よりお得かつ安い条件で車を購入できる可能性が高くなります。

より多くのダイハツディーラーの営業の方と商談することで「値引きしても車を購入してもらいたい」という営業の方やディーラーに出会う可能性も高くなります。

そのため、お客から車の成約をもらうためにも、より多くのディーラーを競合させた上で、タントファンクロスの値引き交渉を進めていきましょう。

また、ディーラー以外にも中古車を扱うサブディーラーも含めた上で、値引き交渉を進めることも1つのよい選択肢です。

タントファンクロスの魅力

タントファンクロスの車としての魅力についていくつか解説します。

ミラクルオープンドア

ミラクルオープンドア

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

タントファンクロスには「ミラクルオープンドア」が採用されています。

助手席のセンターピラーをピラーレスにすることで、大開口かつ乗り降りのしやすい室内空間を実現させました。

また両側スライドドア仕様のため、狭い駐車場や壁際などの状況でも安心して乗り降りが可能になります。

予防安全機能「スマートアシスト」搭載

予防安全技術スマアシ

画像引用元:タントファンクロス

タントファンクロスは外観や内装に注目しがちですが、予防安全機能も充実している車でsす。

ダイハツが提供する予防安全機能「スマートアシスト」は、車に搭載された最新鋭のステレオカメラにより、周囲の道路状況を把握して衝突回避支援や認識支援、運転負荷軽減などの効果を期待できます。

他にも「車線逸脱抑制機能」や「ブレーキ制御付後発進抑制機能」など、万が一の事故に備えた予防安全性能は安心できる機能とも言えるでしょう。

乗車する方や運転者に安心安全を与える車です。

おしゃれかつアクティブなインテリア空間

広い室内空間

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

タントファンクロスの内装は全体的に黒ベースのデザインで統一されています。

しかし、深みのある黒ベースではなく、グレーがかったくすみのあるブラック色を採用しているため、カジュアルな印象を与える魅力もあります。

そのため、遊び心もプラスされよりアクティブな印象も与えてくれるでしょう。

遊び心とSUVのような力強い印象も与えるタントファンクロスであるからこそ、実現できる内装の魅力でもあります。

カミタケチャンネル!

カミタケモータースのスタッフが乗り換えたタントファンクロスについて、動画で紹介しています。車を選んだ理由やお気に入りのポイントを解説します。

タントファンクロスのモデルチェンジ情報

タントファンクロス歴代グレード

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

これまでのタントからタントクロスまでのモデルチェンジ情報の概略を紹介します。

2代目ダイハツ・タント【2007年〜2013年】

2代目タントは2007年に初代モデルからフルモデルチェンジが行われました。

初代モデルが大好評だったこともあり、手堅いフルモデルチェンジが行われましたが、初代モデルから美点をさらに向上させる「居住性」や「燃費向上」などの地道な改良が実施されています。

3代目ダイハツ・タント【2013年〜2019年】

3代目タントは2013年に約7年ぶりにフルモデルチェンジされました。

大きな変更点としては、後部両側をスライドドア化して、安全性能をより充実させるなどの改良が行われています。

外観の印象は2代目モデルから大きく変更されてはいません。

ビッグマイナーチェンジ タントファンクロス【2022年10月〜】

ダイハツの軽自動車の中でも人気車種である「タント」は2022年10月にビッグマイナーチェンジが行われて、新シリーズである「タントファンクロス」の設定を追加しました。

新しく追加されたタントファンクロスでは、カスタムの外観改良と装備面の充実、使い勝手の良さ向上など、まさに軽「SUV車の新SUVテイスト」と言っても過言ではないモデルです。

今回のビッグマイナーチェンジで追加されたタントファンクロスは、今後軽SUVを引っ張る存在になる車でしょう。

軽自動車

タントファンクロスの支払額を抑える方法

タントファンクロスの支払額を抑える方法を解説します。

オプションを抑えて社外品にする

タントファンクロスの購入費用を抑えるためには、オプションを抑えて社外品を選択するのも良いでしょう。

ナビやドライブレコーダーなど比較的に部品代が高額になるオプションを抑えるだけでも車両購入費用を減らすことができます。

また、社外品でもオプションによっては純正品と同じ性能を発揮する商品もあります。

具体的なオプション装備としては、ナビやドライブレコーダーなどを社外品の選択にすれば、購入費用をより軽減することにつながります。

タントファンクロスの車両本体価格を抑えたい場合には、その機能が自分にとって本当に必要なものなのかを今一度考えてみることをおすすめします。

タントファンクロスのリセールバリュー

タントファンクロスリセールバリュー

画像引用元:ダイハツ タントファンクロス

タントファンクロスは、軽SUVとしての新しいテイストの追加により人気が高く、比較的リセールバリューが高くなりやすい特徴があります。

タントファンクロスの「3年落ち」と「5年落ち」のリセールバリューの予想を比較すると以下の数値になります。

  • 3年落ちタントファンクロスのリセールバリュー:約55%〜66%
  • 5年落ちタントファンクロスのリセールバリュー:約40%〜51%

3年落ちタントファンクロスのリセールバリューを確認しても残価率が50%以上という高い数値を記録しています。

また、5年落ちタントファンクロスの場合でも、車の状態によっては50%以上のリセールバリューが残る可能性があり、希少価値の高い軽自動車ともいえるでしょう。

リセールバリューを考慮しつつ、タントファンクロスの購入を検討するのも良い選択肢の1つになります。

タントファンクロスは中古車と新車のどちらがよい?

タントファンクロスの購入する場合に「中古車の購入」か「新車の購入」のどちらを選べば良いかの分からない方も少なくありません。

結論から説明すると、車のコンディションが安定している新車の購入をおすすめします。タントファンクロスは軽自動車SUVとしても高い人気と需要を持つ車です。

そのため、年式の割に走行距離が少ない車も多いため、良質な中古車を探す方も中にはいるでしょう。

しかし、今後。年数が経過しているタントファンクロスの中古車が出てきた場合、定期的に交換すべき部品が発生してしまうため、購入後すぐに整備が必要になるケースも少なくありません。

その分、新車であれば、前オーナーがどのような使い方をしていたのか気にする心配もなく、長期間の充実した保証も受けられるため、安心して運転することもできます。

リセールバリューや長く安心して乗れる車を検討している方は、タントファンクロスの新車購入がおすすめです。しかし、新車購入の場合には「納期問題」が挙げられるでしょう。

そのため、自分がイメージしている以上に早く車が納車されない場合には、中古車の購入という選択肢も残しておきましょう。

タントファンクロスと競合車種との比較

タントファンクロスと競合車種を比較した場合の特徴について解説します。

スズキ スペーシアギア

スペーシアギア

画像引用元:スズキ

スズキのスペーシアギアは、タントファンクロスと同じく軽SUVとして丸型のLEDヘッドライトやルーフレール、撥水加工性の専用シートなど、遊び心を重視した車です。

実際にタントファンクロスとスペーシアギアは競合車種になりやすく、どちらを購入しようか迷う方もおられます。

そのため、スペーシアギアと競合させる場合には「内装面」と「外観のSUVらしくアクティブさ」を交渉材料にしてみましょう。

タントファンクロスのアクティブ性は魅力的だけど、スペーシアギアのルーフレールや内外装のアクティブ性も捨てきれない」などの内容を担当する営業マンに伝えると、値引き交渉が上手くいきやすい傾向があります。

また、スペーシアギアの場合「マイルドハイブリッド」というハイブリッドシステムも搭載されているため、燃費面の良さも交渉材料に使うと、なお良い商談になりやすくなります。

タントファンクロスを安く購入する方法

タントファンクロスを安く購入する方法を紹介します。低金利ローンがおすすめな理由を見ていきましょう。

低金利ローン

タントファンクロスを安く購入する方法は「低金利ローンの利用」がおすすめです。

タントファンクロスを現金で購入する場合には、車両本体価格に加えて、オプション価格やその他税金関係の費用が必要となり、200万円以上の金額が必要になる可能性が高いでしょう。

200万円以上と聞くと、人によっては現金一括で購入できる方もいますが、全ての方が現金購入ができる訳ではありません。

そのため、車両金額が高額になりやすい場合にローンを利用する方も少なくありません。

ローンを利用するメリットとしては、毎月の支払い金額を常に一定にしつつ、自分が希望するタントファンクロスを購入できる点が挙げられます。

しかし、ローンの利用と聞くと「金利手数料の負担」を気にされる方が中にはいるでしょう。

ローンの金利は数%違うだけでも、手数料負担は数万円単位で異なります。

実際にローンを利用する場合には「低金利ローン」を活用しましょう。

特に弊社カミタケモータースでは、新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、購入時の負担を最小限に抑えられます。

また、新車購入時に嬉しいお得なオプションセットプランも用意されているため、多くのお客様に喜ばれるプランです。

タントファンクロスの支払い金額がいくらになるのかが少しでも気になる方は、ぜひ一度お問合せください。

目次