お得に車を買う方法

【2021年最新】ヤリスクロスの値引きはいくらまで?魅力や値引き情報、競合車種との比較

ヤリスクロス値引き

コンパクトカーのヤリスをベースとして、人気のコンパクトSUVになったのがヤリスクロス。

販売が好調なヤリスがベースとなっているSUVなので注目を集めていますが、トヨタのラインナップには他のSUVモデルがあるのも事実です。

しかし販売から人気が集まっているのがヤリスクロスです。では、どの程度値引きできるのでしょうか?

ヤリスクロスの特徴から値引き情報、さらに競合車種との比較から見ていきましょう。

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

ヤリスクロスの良さとは?

ヤリスクロスの外観(斜め前)

ヤリスクロスは、2020年8月に発売されたヤリスがベースとなっているコンパクトSUV。ヤリスの兄弟車ですが、人気のSUVジャンルの車ということもあり、販売開始と共に販売台数を伸ばしています。

ヤリスクロスの良さは、走破性の高さとオンロードでの快適性にあります。

走破性の良さ

ヤリスクロスの魅力に、走破性の高さがあります。コンパクトSUVではありますが、4WD性能も優れており、片輪が浮いた状態でも路面と接触しているタイヤに動力を伝えてくれます。

これはブレーキを前後左右制御しており、確実にタイヤに動力を伝える装置が搭載されているからです。「マルチトレインセレクト」と呼ばれる制御システムで、空転輪があるならブレーキを作動させて疑似的にLSD効果を発生させます。

完全にスリップしている状態でも、空転していないタイヤに動力を伝えるので脱出できるのです。シティ派SUVと思いがちですが、走破性の高さを兼ね備えているのです。

オンロードでの快適性

オフロードでの走破性の高さだけでなく、オンロードでもヤリス譲りのシャシーのよさが体感できます。しっとりとした乗り心地で、かつシャシーのよさを実感できる走行性能を見せてくれるのが特徴です。

ガソリンモデルは1.5Lのエンジンなので、大排気量ではありませんが街乗りでは十分なパワーを出してくれます。また4WDになると、リアにも駆動力が伝わるのでさらに安定感が増します。高速道路でも安定した走行性能を見せます。

ハイブリッドE-Fourモデルになると、ハイブリッドシステムが静粛性の高さを見せつけてくれるのが特徴。街中を走行するときも、エンジン音を気にすることなく快適に走行できます。

人気モデルであるヤリスの基本性能の高さがヤリスクロスにも現れているのです。

ヤリスクロスのモデルチェンジ情報

ヤリスクロスは販売されてから年月が経過していないので、モデルチェンジの情報は出ていません。

しかし考えられるのは、ヤリスクロスのレクサスバージョンです。レクサスブランドは車種を増やしていることから、コンパクトSUVのジャンルに追加される可能性はあるでしょう。

ヤリスクロスに対応する、レクサスのコンパクトSUVというラインナップが追加されるのか今後の情報に注目です。

ヤリスクロスの納期

2020年2月の時点での情報では、ヤリスクロスの納期はガソリンモデルでおよそ4カ月遅れとなっています。またハイブリッドモデルであれば6カ月ほどとなります。

人気があるコンパクトSUVジャンルのモデルだけに、納期が延びているのが特徴です。購入を検討しているなら、早めの契約がおすすめです。また最新の納期情報については、各ディーラーなどにお問い合わせください。

ヤリスクロスの燃費

ヤリスクロスのカタログ燃費は、以下の通りです。

ヤリスクロス HAYBRID Zグレード 2WD

  • WLTCモード燃費 27.8km/L
  • 市街地モード 29.4km/L
  • 郊外モード 29.9km/L
  • 高速道路モード 26.1km/L

 

実際に試乗したときの実燃費は、25.03km/Lでした。カタログ燃費に近い数字を出しているので、好成績といえるでしょう。

トヨタのSUVや他社の車種と比較しても、ヤリスクロスは低燃費です。

街乗りのときの燃費が気になる方にもおすすめですね。ヤリスクロスの燃費については、実燃費をテストしたときの記事もご覧ください。

ヤリスクロス実燃費は?
ヤリスクロスの実燃費をテスト!内外装や装備のおすすめポイントもまとめてみました2020年8月31日にトヨタから発売された「ヤリスクロス」は、ヴィッツの後継モデル「ヤリス」をベースにしたクロスオーバーSUVです。 ...

ヤリスクロスのグレード構成と価格帯

ガソリンモデルとハイブリッドモデルで、幅広いグレード構成があります。

ハイブリッド

HYBRID Z 1.5L 2WD 2,584,000円
E-Four 2,815,000円
HYBRID G 1.5L 2WD 2,394,000円
E-Four 2,625,000円
HYBRID X 1.5L 2WD 2,284,000円
E-Four 2,515,000円

 

ガソリン

Z 1.5L・CVT 2WD 2,210,000円
4WD 2,441,000円
G 1.5L・CVT 2WD 2,020,000円
4WD 2,251,000円
X 1.5L・CVT 2WD 1,896,000円
4WD 2,127,000円
X“Bパッケージ” 1.5L・CVT 2WD 1,798,000円
4WD 2,029,000円

 

ガソリンモデルなら100万円台から、4WDでも約200万円で購入できます。

ヤリスクロスのおすすめグレードと選び方

ヤリスクロスのおすすめグレードは、「G」です。

グレードとしては中間グレードとなっており、16インチアルミホイールや上級ファブリック表皮のヘッドレストセパレート型フロントシートなど充実した内装も備えます。

ハイブリッドモデルでも2WDであれば250万円以内で購入できますし、4WDでは約270万円で購入可能です。ガソリンモデルなら4WDでも約225万円です。

SUVというジャンルを考えると、4WDモデルにしておきたいもの。一般道でも安定感の高さでは、2WDと比較できません。タイヤのスリップ状況を車が見張っており、タイヤに回転差が発生すると、後輪も駆動させるからです。

搭載されているのは、「ダイナミックトルクコントロール4WD」です。通常では前輪駆動状態ですが、発進やコーナリング時、さらには滑りやすい路面になると後輪にもトルクが配分されます。

ハイブリッドモデルのE-Fourは、電気式の4WDで発進や走行をモーターによってアシストします。どちらのパワートレインを選択しても、悪路や雪道、さらに雨が降っていてスリップしやすい状況で安心して運転できるでしょう。

普段から安心して運転するためにも4WDをおすすめします。

ヤリスクロスのリセールバリュー

ヤリスクロスのリセールバリューは販売開始から年数が経過していないので予想するしかありません。

3年落ちや5年落ちの実際のデータがないからです。しかし人気ジャンルであるコンパクトSUVなので、査定額も高くなることが予測されます。

特にハイブリッドの方がリセールが高くなるでしょう。今後の人気にも左右されますが、グレードによっては高いリセールが期待できます。

ヤリスクロスのおすすめオプション

ヤリスクロスのオプションとして、カスタマイズカーをピックアップしましょう。

ヤリスクロスは、各種カスタマイズカーが設定されており、お気に入りのスタイルに仕上げることができます。

MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE

ヤリスクロス MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE

画像引用元:トヨタ

スポーティな雰囲気を感じさせながらも、たくましさもあるのがMODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLEです。

押し出し感が強いフロントフェイスになっており、力強さを感じさせます。またリアになると、ブラックアウトされたデザインと、デュフューザー造形になっているので、安定したスタンスがあります。

メッキアイテムなど上質さを向上させるパーツも装着できるのが特徴です。

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE

ヤリスクロス MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE

画像引用元:トヨタ

金属加飾によってプレミアム感があるのがMODELLISTA ELEGANT ICE STYLEです。ウイング状の金属加飾とブラックのコントラストがエレガントな表情になります。

またサイドになると、軽快感とワイド感がある造形になっています。ボディと同色のフェンダーなどが選択可能です。

GR PARTS

ヤリスクロス GR PARTS

画像引用元:トヨタ

スポーツテイストが強調されているのがGRスタイリングです。オフロード感のテイストと共に、スポーティな雰囲気になるので、アクティブテイストをさらに感じさせてくれます。

フロントバンパーガーニッシュやサイドドアガーニッシュなどは、プロテクターのイメージと共に、空力性能も備えているものもあります。

迫力のあるスタイリングとサウンドが魅力のスポーツマフラーなども選択可能です。これらのパーツを装着すると、ベース車と違った魅力を楽しめます。

ヤリスクロスは中古車・新車どっちがいい?

ヤリスクロスは販売されてすぐのモデルですので、中古車といっても高年式のものばかりです。新車は納車待ちになっていることから、未使用車という選択肢をおすすめします。

未使用車とは、登録済みでもお客様の手元にはわたっていない車なので、ほとんど新車と変わりません。登録されているので、ワンオーナーではなくなりますが、コンディションがよいだけでなく保証が充実しているので安心して乗れるのです。

新車なら納車まで待つ必要がありますが、未使用車なら短納期で納車できます。弊社カミタケモータースでは、複数台の在庫を揃えておりますので、ぜひ実車をご覧になることをおすすめします。

ヤリスクロスの最新の在庫情報はこちらをご覧ください。

枚方店在庫検索
在庫検索奈良店

ヤリスクロスの値引きはどこまでいける?

ヤリスクロスで実際にどこまで値引きができるのか見てみましょう。

2020年2月時点でのいくつかの値引きの実績は以下の通りです。

グレード 車両値引き オプション値引き
HYBRIDZ4WD 25万円 0円
HYBRIDZ 20万円 10万円
HYBRIDZ 10万円 5万円
HYBRIDZ 10万円 10万円

参考:価格ドットコム

15万円からと値引きが厳しくなっています。
納車まで待つ必要があるので、他のモデルと比較をすると、値引き幅が少ないのは仕方がないでしょう。

ヤリスクロスの競合車種は?

ヤリスクロスの競合車種といえるのは、ホンダのヴェゼルと日産のキックスです。サイズ感も似ているので、ヤリスクロスを検討するときに選択肢に含まれるかもしれません。

ヤリスクロスと比較したときに、車種別の特徴を見てみましょう。

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼル

画像引用元:ホンダ

ヴェゼルはクーペ的な見た目と、広々とした空間が魅力です。積載性も高くなっており、アウトドアなどに出かけるときにも便利に使えるでしょう。

内装はモニターが中央に配置されており、オーソドックスなレイアウトです。車内も広さを感じるデザインになっており、後席のゆとりもあります。

後席を倒せばフラットな空間が出現しますし、座面を跳ね上げると高さのある荷物を積載しやすいです。ヤリスクロスと比較しても、シートアレンジの豊富さは魅力となるでしょう。

日産 キックス

日産 キックス

画像引用元:日産

車内での快適性が魅力のキックス。キャビンスペースや後席の快適性は魅力となるでしょう。シートアレンジは平凡ですが、広さという面では十分です。

e-POWERというパワーユニットは、キックスの特徴です。モーターで走行するので、高い静粛性があるのが魅力。

ガソリンエンジンとは違った走り心地が楽しめるので、電動自動車のようなトルクある走りを味わいたい方におすすめです。

ヤリスクロスをお得に購入する方法

ヤリスクロスをお得に購入する方法としておすすめなのが、低金利ローンを使用することです。

新車購入では、ローンを活用する人が多いですが、意外と負担になっているのが金利。数%の金利の違いによって、総支払額は大きく異なるからです。

たとえば弊社カミタケモータースでは、1.99%の超低金利ローンを取り扱っており、他社同等プランと比較しても最大78.9%もお得になります。

値引きでこれだけの差を出すことは難しいですが、超低金利ローンを利用するならば、最終的な支払総額を抑えられるのです。

もちろん人気のフルオプションですので、安心して乗ることができます。新車購入を検討しているのであれば、お得な超低金利ローンをご検討ください。

どれほどお得になるのかは、こちらのページをご覧ください。

ヤリスクロスをお得に購入する方法はこちら

ヤリスクロス

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。