車種カタログ

カローラクロスの値引きはいくら?魅力やグレード別の特徴から競合車種との比較

カローラクロス

近年流行のSUVですが、トヨタからコンパクトSUVに新しい選択肢が登場しました。カローラがベースとなっている「カローラクロス」が2021年9月に発売されています。

国内だけでなく海外でも数多く販売しているカローラシリーズに、人気のSUVが加わったことにより、カローラの魅力が高まります。

カローラクロスは室内が広く、上質な内装を備えているだけでなく、トヨタのハイブリッドシステムを搭載したグレードも選択できるなど、実用性にも優れているモデルです。

この記事では、カローラクロスの魅力や気になる値引額、さらに競合車種との比較をしていきます。

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

カローラクロスの魅力

カローラクロス

ここからカローラクロスの魅力をご紹介しましょう。

ポイントをまとめると以下になります。

  • アクティブなエクステリア
  • 価格を抑えながらも上質な内装
  • ハイブリッドシステム搭載で低燃費

新しく登場したカローラクロスの、魅力を詳しく見ていきます。

アクティブな雰囲気の外装

カローラクロス

ベースとなるカローラや他のシリーズの中でも、押し出し感のあるフロントグリルやリアにかけて伸びやかなルーフライン、さらにアクティブな雰囲気を出しているホイール回りなどが特徴です。

エクステリアのデザインは「アーバン・アクティブ」がコンセプトとなっています。都会的な上質な雰囲気とSUVらしさが両立されているデザインです。

フロント周りのデザインはカローラをイメージさせる造形でも、存在感のあるグリルがSUVらしくなっています。またエンブレムはカローラの「C」の造形です。

全体的にタフなイメージを与えるデザインながらも、都会が似合う雰囲気を持っています。週末のドライブや都会での街乗りにぴったりのデザインです。

上質なインテリア

カローラクロス

開発コンセプトになっているのは、「新空間・新感覚 COROLLA」。これまでのモデルのデザインを活かしながら、上質なインテリアを実現しています。

ダッシュボードにカローラ共通のデザインを採用。エントリーグレードを除いたグレードには、スポーツシートが採用されており、身体をしっかりとホールドします。

他のカローラシリーズと大きくは変わりませんが、インパネ上部にスマートフォンと連携できる7インチのディスプレイオーディオが搭載されます。「Z」と「S」グレードでは、オプションで9インチを選択可能です。

インテリアのデザインは、シンプルになっているのですっきりとしたデザインです。水平基調で視界も広いので、閉塞感がないのも好印象なデザイン。

リアシートは2段階のリクライニングがあります。後席にゆったりと座れるので、ドライブも快適です。クーペライクなSUVでは、後席の空間が気になる方もおられますが、カローラクロスは後席でも快適に過ごせるでしょう。

SUVでもハイブリッドで低燃費

カローラクロス

画像引用元:トヨタ

ハイブリッドシステム搭載グレードを選択できるので、SUVでも低燃費に走行できます。組み合わされるのは1.8Lエンジンとモーター。プリウスやC-HRに搭載されているハイブリッドなので、目新しいものではありません。

しかし熟成されたハイブリッドシステムは、加速時にモーターが気持ちよくアシストしてくれるので、アクセルペダルを踏んで加速するシーンで力強く走れます。

ハイブリッドモデルのWLTCモードの燃料消費率は26.2km/Lです。アクセル操作に対してスムーズに反応してくれるので、気持ちよく走れます。

ガソリンモデルの場合は1.8Lエンジンが搭載され、WLTCモードの燃料消費率は14.4km/L。搭載されているエンジンの排気量からすると、十分低燃費です。しかし燃費が気になるなら、ハイブリッドモデルがよいでしょう。

カローラクロスの納期

発売がスタートしたカローラクロスですが、納期の長さが気になります。 2021年10月時点でカローラクロスの購入の納期は、ガソリン車・ハイブリッド車共に、約半年とされています。

2021年8月20日に事前受注がスタートしましたが、およそ1万3500台の注文が入ったとされるほどの人気ぶりです。工場稼働中止などの影響により、カローラクロスの納期は長くなっています。

今後の売れ行きは伸びると予想されていますが、すぐに手に入れられないもどかしさはあるでしょう。

カローラクロスの燃費

ハイブリッド搭載モデルを選択できるカローラクロスの燃費をご紹介しましょう。

【カローラクロスの燃料消費率】

ハイブリッド車
2WD:WLTCモード:26.2km/L
E-Four:WLTCモード:24.2km/L

ガソリン車
WLTCモード:14.4km/L

実燃費についてはこれから納車された方の情報をベースに調査する必要があります。発売されたばかりのカローラクロスですが、弊社スタッフが実燃費を計測してきました!

カミタケチャンネル!

カローラクロスで曾爾高原に走行レビューに出かけました!

それぞれのスタッフの愛車との比較やカローラクロスの走行性能をレビューしています。

燃費は、128km走行してなんと25.8km/Lでした。

コンパクトなSUVを探している方におすすめのカローラクロスの動画をぜひチェックしてください。

特にC-HRとは、ボディ形状が似ており搭載されているエンジンも、1.8L 2ZR-FXEエンジンと同じのため燃費データを参考にできるでしょう。

C-HRの燃料消費率は以下の通りです。

  • G/S WLTCモード:25.8km/L
  • S“GR SPORT” WLTCモード:25.0km/L

実燃費を参考にするために、以前弊社スタッフが実燃費計測した際のデータを比較してみましょう。

150㎞走行したときの実燃費は、16.6km/Lでした。

燃費計測時は山道の走行が多く、エンジンに負担がかかりやすい走行シーンが多かったのが影響していました。

燃費計測サイトのe燃費では、2WDハイブリッド搭載モデルの燃費は、20.89km/L(2021年10月時点)

セダンタイプのハイブリッドモデルほどの燃費ではありませんが、20km/L超えの実燃費なのはうれしいものです。カローラクロスはカタログ燃費ではC-HRを上回っているので、低燃費を期待できるでしょう。

⇒C-HRのハイブリッドの実燃費を検証した記事はこちら

カローラクロスのグレードと価格

カローラクロスのグレードと価格をご紹介します。

カローラクロスはハイブリッド搭載モデルとガソリンエンジン搭載モデルの2つのパワーユニットがあります。グレード選択の前に、パワーユニットの選択が必要です。

4WDを選択したい場合には、E-Fourのラインナップのみとなっているので、必然的にハイブリッドを選択します。

HYBRID Z/Z

カローラクロス HYBRIDZ 

画像引用元:トヨタ

HYBRID Z (2WD)2,990,000円(税込)
(E-Four)3,199,000円(税込)
Z (2WD)2,640,000円(税込)

カローラクロスの最上位グレード「Z」になります。18インチアルミホイール、シーケンシャルウインカー&LEDポジションランプ&デイライト、LEDフォグランプと灯火系がすべてLEDです。

パワーバックドアが装備されているので、荷物を積み込みたいときに便利です。また「Z」グレードは、本革とファブリックが採用されたシート表皮なので、質感も高いこともポイント。運転席8ウェイパワーシートで、自分に合ったシート位置に調整可能です。

シートヒーターが運転席と助手席に装備されているので、寒い時期でも快適に場やできます。

HYBRID S/S

カローラクロス HYBRIDS 

画像引用元:トヨタ

HYBRID S (2WD)2,750,000円(税込)
(E-Four)2,959,000円(税込)
S (2WD)2,400,000円(税込)

「S」グレードでは、Bi-BeamLEDヘッドランプが搭載されていますが、ターンランプとクリアランスランプのみとなります。LEDフロントフォグランプはメーカーオプションです。しかしLEDテール&ストップランプが搭載されているので、後方からの視認性は高いです。

17インチアルミホイールを装着してたり、金属塗装されたグリルが装備されているなど、「Z」ほどではないとしても上質さがあるデザインのグレードとなります。

液晶メーター、ソフトフロントドアトリムなどの装備も質感を高めています。バランスの取れた質感があるグレートです。 「S」以上のグレードでは、メーカーオプションでパノラマルーフが装備できるのも特徴。ドライブが楽しくなるオプションが選択できます。

HYBRID G/G

カローラクロス HYBRIDG 

画像引用元:トヨタ

HYBRID G (2WD)2,590,000(税込)
(E-Four)2,799,000円(税込)
G (2WD)2,240,000円(税込)

エントリーグレードから1つ上のグレードですが、ファブリックのスポーツシートが装備され、運転席6ウェイマニュアルシートになっています。電動ではないものの、自分の好みに位置に調整しやすいので、快適に運転できるでしょう。

リアセンターアームレストが装備されていないこと、また後席エアコンの吹き出し口もないので、後ろに座る頻度が高いのであれば「S」グレードの方がよいかもしれません。

また9インチディスプレイオーディオもメーカーオプションで装備できないグレードです。

G“X”

カローラクロスG“X”

画像引用元:トヨタ

G“X” (2WD)1,999,000円(税込)

カローラクロスの中で、エントリーグレードになるグレードです。

機能や装備が簡素になりますが、LEDヘッドライトやトヨタセーフティセンスが搭載されているなど、基本的な装備があります。シートがノーマルだったり、充電用のUSB端子が装備できないのも特徴です。

通勤などで1人で運転することが多いなら、エントリーグレードでも満足できるでしょう。

カローラクロスのおすすめグレード

カローラクロスおすすめグレードをご紹介します。

高級感を重視するなら、「Z」
お買い得感があるのは、「S」

どれほどの装備を重視するかによって、2つの選択肢を考慮するのがおすすめです。装備を見てみると「G」でも十分なように感じますが、死角を少なくできる「パノラミックモニター」やモニターが9インチになるオプションが選択できないなどのデメリットがあります。

所有感を満足させてくれるのは高級感のある「Z」バランスが取れておりお買い得感がある「S」を比較してみるとよいでしょう。

一方で「Z」になると、カローラクロスの上位車種が選択肢に含められる価格帯になるので、どれほど装備を重視するか考慮しておくことをおすすめします。

カローラクロスのリセールバリュー

カローラクロスのリセールバリューがどれほどが予想していきましょう。

発売から時間が経過していないモデルですので、リセールバリューの情報は2021年10月時点ではありません。

しかし予約台数が多いという現状や、ハイブリッド車の人気が高いことを考えると、ハイブリッドモデルの方がリセールがよいと予測されます。

カローラクロスのおすすめオプション

カローラクロスのおすすめオプションをご紹介しましょう。

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター

画像引用元:トヨタ

ブラインドスポットモニターは、隣の車線を走っている車をレーダーで検知し、目視しにくい位置にいる車両や最大約60m後方までモニターして、車両を検知した場合にドアミラーのLEDが点灯します。

またウインカーを操作したときに、LEDインジケーターが点灯して注意してくれる機能です。見にくい位置にいる車を検知して、注意喚起してくれるので安心です。

パノラマルーフ

パノラマルーフ カローラクロス

画像引用元:トヨタ

パノラマルーフを装着すると、大開口がもたらす開放感を味わえます。電動サンシェード&挟み込み防止機能付なので、日差しが強いときに調整できます。

大きなガラス面が特徴となっているオプションで、車内が明るい雰囲気になる装備です。価格は11万円です。

カローラクロスの値引き情報

カローラクロスの値引き情報を見ていきます。

グレード 車両値引き オプション値引き
HYBRIDZ 15万円 10万円
HYBRIDZ 5万円 10万円

価格ドットコム

多くの台数が予約されているので、まだ納車されていないものの、契約で値引きされた情報が価格ドットコムに掲載されています。

車両値引きとオプション値引きの両方を合わせて、15万円~25万円となっています。同ジャンルの競合車種と比較しても、価格は抑えられているので、これだけの値引き幅があれば購入しやすいでしょう。

カローラクロスと競合車種との比較

カローラクロスと競合車種の比較を見ていきましょう。ミドルクラスのSUVは他社からも数多く発売されているので、カローラクロスと競合したり、比較できる車種は多くあります。

その中から、ホンダのヴェゼルと日産のキックスと比較した際のポイントをご紹介します。

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルZ

画像引用元:ホンダ

ホンダヴェゼルは2021年にモデルチェンジしており、実用性が高くなっているだけでなく、高級感の高さが魅力のモデルです。ハイブリッドシステムが搭載されているので、低燃費なこともカローラクロスと競合するポイント。

ホンダはe:HEVというシリーズ式のハイブリッドを搭載しているので、モーターによる力強い走りが楽しめます。ヴェゼルのエクステリアは、先代譲りのクーペライクなボディ形状。流れるようなシルエットは魅力的です。センタータンクレイアウトにより、広々とした車内も魅力。

ヴェゼル インテリア

画像引用元:ホンダ

大きさを単純に比較するならば、カローラクロスはCセグメント、ヴェゼルはBセグメントとなります。しかし荷室も含め居住空間が広いことから、Cセグメントと競合できるモデルです。

デザインを比較するならば、クーペライクなヴェゼルと、SUVらしいカローラクロスの比較となりそうです。

⇒新型ヴェゼルについてはこちらから

日産 キックス

キックスを斜め前から見たところ日産の発売するキックスは、カローラクロスと価格面でも競合するモデルです。全体的に6のグレード構成の方が、カローラクロスよりも高めの価格です。

ボディサイズはキックスが一回りコンパクトになります。デザインの比較をするとキックスは「キックス e-POWER」には、ダブルVモーショングリルやリアコンビランプなどスタイリッシュなデザインを採用しています。

運転席に乗り込むとフロントウィンドウの見開き角が広くなっているので、開放感があるのが特徴。キックスの方が一回り小さいものの、広々としている運転席は好印象です。

ボディサイズだけで比較するとカローラクロスの方が大きいですが、搭載されるパワーユニットと価格がカローラクロスと競合するポイントです。

⇒キックスの燃費計測した結果についてはこちら

カローラクロスをお得に購入する方法

ここからはカローラクロスをお得に購入する方法をご紹介しましょう。コスパが高いSUVとして販売台数が伸びそうなカローラクロスですが、出来る限りお得に購入したいものです。

おすすめしたいのは、未使用車を選択すること、もしくは低金利ローンの利用です。

未使用車

未使用車とは、すでに登録されていますが、お客様の手元にはわたっていない車のことです。ワンオーナーにはなりませんが、走行距離は非常に少ないため、コンディションは新車に近いです。

しかし新車と比較して、約10%もお得に購入できるので、費用を抑えて安心できる車に乗りたい方におすすめの方法となります。保証も充実しており、新車同等の保証プランが店舗によって用意されていることが多いですし、手続きをすればディーラーで保証を受けることも可能です。

登録されている在庫のみが販売されているので、グレードやボディカラーが限られるのは懸念点です。しかし弊社カミタケモータースでは、数多くの未使用車を取り扱っており、回転が早いので新しいモデルが入ってくることが多くなります。

ぜひこちらから、最新在庫情報をチェックして、お得にカローラクロスを購入できないか確認してみてください。
普通車在庫ページ

普通車在庫ページ

低金利ローン

お得に車を購入したい方におすすめしたいのは、低金利ローンの使用です。金利が低いだけで、総支払額をぐっと抑えることができ、大変お得に車を購入していただけます。

ローンを利用すると、どうしても手数料となる利息負担が発生します。しかし低金利ローンなら手数料を抑えられるので、総支払額を抑えられる支払方法です。

弊社カミタケモータースでは新車1.99%の超低金利プランを取り扱っており、大変お得に車を購入していただけます。

例えば、カローラクロス「Z」であれば、他社同等プランと比較して最大86.7万円もお得です!

カローラクロス HYBRIDZ 

画像引用元:トヨタ

2回目以降23,100(税込)×120回
【初回のみ】 28,116円(税込)
【車両本体価格】 2,540,000円(税込)
【OPプレミアムプラン総額】3,060,000円(税込)
【手数料込総額】3,377,016円(税込)

乗り出しに便利なマットやバイザーはもちろんのこと、T-connectナビキットやメンテナンスパックなどもセットになっているので、比べてみればお得です!

Web上で簡単に審査もできるので、ぜひこちらから詳細情報をご覧ください。

⇒カローラクロスの支払額をチェックしてみる

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。