エブリイの特徴とは?グレード別の違いや競合車との比較、車の魅力を徹底解説

エブリィ

エブリイはスズキの中でも「商用車タイプ」の車として高い人気があります。

日常使いだけでなく事業用としても利用可能であり「二刀流の使い方」が実現可能です。

商用車の購入を検討している方の中には、エブリイの特徴やグレード別の特徴、競合車との違いを知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、エブリイの特徴やグレード別と競合車の違い、お得に購入できる方法を解説します。

エブリイを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

軽自動車
目次

エブリイの特徴とは?

エブリイ

エブリイは「軽商用車」として販売されている車であり、加速性能の良さと広い室内空間を活かした積載性能に魅力があります。

バックドア開口部の横幅や床面長を他車と比較しても、トップクラスの数値を記録します。

車中泊の需要が高まる中、エブリイは商用車としての利用方法だけでなく車中泊やアウトドアに使用する方が増加傾向にあります。

エブリイの歴史

エブリイ

エブリイは1982年に初代モデルが発売されて以降、現在でも続くロングヒット車です。

発売当時には「キャリイバン・エブリイ」という正式名称でしたが、3代目モデルが発売されると同時に「キャリイバン」の名称を廃止しました。

1999年には4代目モデルとしてフルモデルチェンジが実施され、衝突安全性能の追求とクラッシャブルゾーンを備えるセミキャブオーバーに仕様変更されました。

その後、2005年に5代目モデルが発売され、「インパネシフト」と軽自動車初の「電動スライドドア」を装備しています。

10年後の2015年には6代目モデルが発売され、荷室スペースの拡大や使い勝手の良さを今まで以上に追求しました。

エブリイとエブリイワゴンの違いは?

エブリイワゴン

画像引用元:スズキ

エブリイとエブリイワゴンの違いは「使用目的」にあります。

エブリイは「商用車タイプの車」です。商用車モデルのため、快適性よりも積載能力を重視した車内設計になっています。

エブリイワゴンと比較しても、より多くの荷物を積載できます。

一方、エブリイワゴンは「乗用車タイプの車」です。「軽ミニバン」をコンセプトに開発されており、広い室内空間とシートアレンジの豊富さに魅力があります。後席シートの快適性がよくなっています。

多彩なシートアレンジと広い室内空間は、日常使い以外にも車中泊にも利用可能です。

あわせて読みたい
エブリィバン車中泊仕様の「ミニキャン」が発売!お気軽旅にぴったりの1台 弊社カミタケモータースから、エブリィバンの車中泊仕様が登場しました。 エブリィ専用のベッドマットや小物の収納に便利な棚やテーブル、さらに夜も明るいLED天井ライ...

エブリイの3つの魅力

エブリイには3つの魅力があります。

  • 積載性能に優れている
  • 高い走行性能
  • 安全性能を重視した機能も充実

それぞれ詳しく解説します。

積載性能に優れている

エブリイ

エブリイは広い積載スペースを確保しており、大小問わず様々な荷物を積載可能です。

荷室長は1,820〜1,910mmmm、荷室幅は1,280mm、荷室高は1,240mmの大容量サイズを記録します。

リアゲートの開口部の高さは1,165mm、開口幅は1,340mmとより広い空間を実現している車と言っても過言ではありません。

高さのある荷物を積載する場合でも、余裕を持ちながら積載できます。

高い走行性能

画像引用元:スズキ

現行モデルのエブリイは「R06A型」の優れたエンジンを搭載しています。

そのため、加速性能と低燃費性能を両立させており、多くの荷物を積載している状態でも滑らかで高い加速性能を実現できます。

また、アイドリングストップ機能も搭載しており、信号待ちで車を停止するごとにエンジンが自動で停止することで低燃費を維持できます。

安全性能を重視した機能も充実

エブリィ 予防安全技術

画像引用元:スズキ

エブリイは商用車モデルでありながら「安全性能」にも力を入れています。

具体的には、誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能、先行車発信お知らせ機能などの万が一の自動車事故を防げる機能ばかりです。

他にも、予防安全技術として「衝突被害軽減ブレーキ(レーダーブレーキサポート)」を新たに採用しています。

【グレード別】エブリイの特徴を解説

画像引用元:スズキ

エブリイのグレード別の特徴を解説します。

以下で紹介するエブリイのグレードは以下の通りです。

  • JOIN(ハイルーフ)
  • PC(ハイルーフ)
  • PAリミテッド
  • PA(ハイルーフ)

それぞれのグレードを詳しく解説します。

JOIN(ハイルーフ)

画像引用元:スズキ

JOINはエブリイの中でも「最上級グレード」としてライナップされているモデルです。

貨物自動車として利用する中でも「快適性能」を重視した方をターゲットにしています。

快適性能としては、厚みがあるファブリック表皮仕様シートやヘッドレスト付きリアシートを採用しています。

左右分割シートバック式のため、乗車人数や積載量に合わせて多彩なシートアレンジが可能です。

装備面としては「電動格納式リモコンドアミラー」や「メッキフロントガーニッシュ」「カラードドアミラー」などの装備も搭載されています。

万が一の事故を未然に防ぐ「スズキ セーフティサポート」も標準装備です。

PC(ハイルーフ)

画像引用元:スズキ

PCグレードは、エブリイの中でも「中間グレード」に位置するモデルです。

必要最低限の装備と低価格を両立させることで「コストパフォーマンスに優れている車」とも言えます。

装備面としては、パワーウィンドウや電波式キーレスエントリー、全面UVカット機能付ガラスが標準装備されています。

最上級グレードのJOINと同じく「電動格納式リモコンドアミラー」や「ファブリックシート表皮」を採用しているため「グレード差を感じにくい車」とも言えるでしょう。

PAリミテッド

画像引用元:スズキ

PAリミテッドは、標準グレードであるPAグレードをベースに快適装備を追加したモデルです。

PAグレードに加えて搭載された装備面は「電波式キーレスエントリー」や「USB電源ソケット」「フロントパワーウィンドウ」などが挙げられます。

シートはビニールレザーシート表皮仕様、ドアミラーはブラック色です。

安全性能装置の「スズキ セーフティサポート」はオプション選択が可能になっています。

PA(ハイルーフ)

画像引用元:スズキ

PAグレードは、エブリイの中で「標準グレード」として用意されるモデルです。

必要最低限の装備面と低価格帯を兼ね備えたグレードになります。

シートはビニールレザーシート表皮仕様で、スズキ セーフティサポートはオプション追加可能です。

リアシートをフラットにすれば、ラケッジスペースがより大容量な空間にアレンジできます。

エブリイは車中泊仕様としても大人気!

外出制限が解除されている中、車中泊で使用できるエブリイが大人気です。

エブリイは荷物を積載するスペースが広く、内装のアレンジが施しやすいため、車中泊仕様の車として最適です。

また、乗用車に引けを取らない安全性能装置も搭載しており、安心安全な運転を実現できます。

長距離ドライバーには嬉しい低燃費性能を備える車のため、ガソリン代の節約にも繋がります。

毎年かかる維持費も安く抑えられるため、コストパフォーマンスも優れています。

エブリイと競合車との比較

エブリイと競合車の違いをまとめました。

以下で紹介する競合車は3車種です。

  • 【ダイハツ】ハイゼットカーゴ
  • 【ダイハツ】アトレー
  • 【ホンダ】N-VAN

1つずつ詳しく解説します。

【ダイハツ】ハイゼットカーゴ

ハイゼットカーゴ

ダイハツのハイゼットカーゴは、2022年に約17年ぶりにフルモデルチェンジを実施した車です。

荷室長1,915mm、荷室幅1,410mm、荷室高1,225mm〜1,250mmとエブリイと比較すると約5mm〜20mmほど広い室内スペースを記録します。

水平格納式リアシートが全グレードに標準装備されており、エブリイと同じく「車中泊仕様の車」としても利用できる車です。

軽商用車初となる「両側パワースライドドア」を採用しており、エブリイにはパワースライドドアの設定がありません。

あわせて読みたい
【ハイゼットカーゴのモデルチェンジ】17年ぶりの変更点や特徴 2021年12月にダイハツの軽商用車のハイゼットカーゴがフルモデルチェンジしました。商用車の半数を占めるとも言える軽商用車ですが、ハイゼットカーゴはロングセラーモ...

【ダイハツ】アトレー

アトレー

ダイハツ アトレーもハイゼットカーゴと同じく約17年ぶりにフルモデルチェンジを実施したエブリイの競合車です。

フルモデルチェンジ前は「4ナンバーサイズの乗用車」でしたが、今回のフルモデルチェンジを機に「4ナンバーサイズの軽商用車」に変更されました。

「車と過ごす第3の居場所」をコンセプトに開発されたアトレーは、荷室長1,820mm、荷室幅1,410mm、荷室長1,215mmとエブリイの室内サイズと比較して劣ります。

アトレーは全グレード「ターボ仕様車」となるため、乗用車を意識した車作りを重視している傾向があります。

エブリイではJOINターボのみ「ターボ仕様」が選択可能です。

あわせて読みたい
新型アトレーの内装は?軽商用車になった働く車の使い勝手を徹底解説! ダイハツが発売している軽ワンボックスのアトレーが、16年ぶりにフルモデルチェンジされました。 これまでは、ハイゼットカーゴの乗用タイプとしてラインナップされてい...

【ホンダ】N-VAN

NVAN

画像引用元:ホンダ

ホンダが販売するN-VANは、軽商用車モデルでありながらも、仕事とプライベートの二刀流の使い方が利用できる車です。

助手席側のセンターピラーはレス仕様なため、助手席側からの荷物の荷下ろしが便利です。

後部座席だけでなく助手席のシートまでフルフラット化が可能で、車中泊仕様の車としてエブリイと同じくらい注目を集めています。

N-VANは、燃料タンクを車の真ん中に設置する「センタータンクレイアウト」を採用することで、エブリイ以上の低床性を実現できます。

エブリイについてよくある質問

エブリイについてよくある質問を以下にまとめました。

  • エブリイの特徴は?
  • エブリイにはどんなグレードがあるの?
  • ・エブリイとエブリイワゴンの違いとは?
 エブリイの特徴は?

エブリイは「軽商用車」として販売されている車です。

加速性能の良さと広い室内空間を生かした積載性能に魅力があります。

エブリイにはどんなグレードがあるの?

エブリイには「JOIN」「PC」「PAリミテッド」「PA」の4つのグレードが用意されています。

どのグレードでも2WDと4WDが選択可能であり、オートマチック仕様とマニュアル仕様のどちらにも対応しています。

エブリイとエブリイワゴンの違いとは?

エブリイとエブリイワゴンの違いは「使用目的」にあります。エブリイは「商用車タイプの車」です。一方、エブリイワゴンは「乗用車タイプの車」になります。

エブリイをお得に購入する方法

エブリイをお得に購入する方法が2つあります。

  • 未使用車
  • 低金利ローン

未使用車

登録済み(届出車)未使用車とは、初度登録されて以降一般の走行に供されていない車のことを意味します。

ワンオーナーまでの扱いにはなりませんが、走行距離が少なく新車に近い状態で購入できます。

保証制度も新車と同じくらい充実しており、万が一の故障や不具合時でも安心して販売店に対応してもらえるでしょう。

そのため、新車を買いたいけど中古車も捨てがたい方におすすめの購入方法です。

弊社、カミタケモータースでは、常時300台以上の在庫を用意しており、お好みの車を自由に選んで頂けます。

また、競合車種も含めた多数の在庫車の中から、最適な車を選択できます。

気になる方はぜひこちらから最新の情報を入手してみてください。

低金利ローン

エブリイをお得に購入する場合は「低金利ローンの活用」がおすすめです。新車を購入するほとんどの方が「ローン」を活用して車を購入しています。

ローンを利用するメリットは「毎月の支払い金額を一定に抑えつつ、新車を所有できる」ことです。しかし、ローンと聞くと「金利手数料」が気になる方がいるかもしれません。

金利手数料が数%違うだけでも、負担する費用は数万円から数十万円ほど変わります。そこでおすすめするのが、弊社カミタケモータースが提供する「超低金利ローン」です。

カミタケモータースが提供する低金利プランは、新車1.99%の超低金利を提供しており、大変お得に車を購入できます。

新車に嬉しいオプションも一緒になっているプランもあるため、車をさらにお得な条件で購入できます。

低金利ローンについて詳細を知りたい方は、ぜひ一度ご連絡ください。

車のことに詳しい営業スタッフが、あなたのカーライフを全面的にサポートします。

エブリイの購入相談ならカミタケモータースへご相談ください!

エブリイの購入相談なら弊社、カミタケモータースへご相談ください。

弊社、カミタケモータースでは、エブリイの新車や新古車の販売にも力を入れています。

新車の場合には低金利ローンも活用できるため、お得な条件でエブリイを購入できるチャンスです。

少しでも気になる方は、ぜひお電話にてご相談ください。お客様のカーライフに合わせた最適なプランをお話しさせていただきます。

目次