スーパーキャリイの特徴は?働く軽自動車の魅力を徹底解説

スーパーキャリイ

スズキのスーパーキャリィは、その丈夫さと信頼できる性能で、多くのビジネスオーナーや個人ユーザーから好評を得ている軽トラックです。この車は特に、荷物をたくさん積める能力と、狭い場所でも楽に動かせる機動性の高さが特徴です。

都市の狭い道でもスムーズに運転できるため、スーパーキャリィは様々なシーンで活躍し、多くの人に重宝されています。この記事では、スズキのスーパーキャリィの主な特長とその性能について、さらに詳しくご紹介します。

軽自動車
目次

スーパーキャリイの特徴

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

新型「スーパーキャリイ」は、使いやすいエンジン、広々とした荷台、丈夫な車体を特徴とする人気の軽トラック「キャリイ」のラインナップに新しく加わったモデルです。この新型では、「キャリイ」のキャビンを後方に拡張し、内部空間をより広くしています。

2018年に登場したスーパーキャリイは、これまでラージキャブ仕様を持たなかったキャリイに対し、顧客の要望に応える形で生まれました。仕事だけでなく、レジャーなどの遊びの場面でもより広いキャビン空間を求める声に対応し、快適な居住スペースを提供しています。

スーパーキャリイは、質実剛健を徹底した設計が特徴です。助手席前や中央下部には、実用性を考えた大きな収納部を設け、内部の開放感を高めるために、無駄な張り出しを抑えたデザインにしています。また、運転中にナビゲーション画面を見やすくするための「ひさし」の追加など、細かな工夫が施されている点も注目されています。

リクライニングもあり快適な車内

運転席のリクライニング機能を追加し、シートの前後スライド範囲も広げて、より快適な運転姿勢を実現しました。

全てのモデルで頭上空間が広いハイルーフ仕様を採用し、頭上に荷物を収納できるオーバーヘッドシェルフや、座席後方の追加収納スペースを備えています。軽トラックの車内にも荷物を積載したい方におすすめです。

さらに、キャビンの下に空間を設けることで、「キャリイ」同様の荷台長を保ちながら、収納性を高めています。

スーパーキャリイの外装

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

スーパーキャリイは質実剛健なデザインで、軽トラックらしいデザインです。ヘッドライトは一部グレードのみLEDヘッドライトをオプション装備できます。

エクステリアでは、リアゲートチェーンやメッキフォグランプベゼル、さらにカラードドアミラーなどがグレードにより装備されます。

業務で使用される方が多いため、それほどエクステリアデザインを求める方は少ないかもしれません。それでも、上位グレードとの違いはあるので、比較してみるとよいでしょう。

Xリミテッド

デザインを求める方におすすめなのが、Xリミテッドです。専用装備として、以下のものがあります。

  • 専用フロントガーニッシュ(ブラック塗装)
  • 専用デカール
  • ドアハンドルブラック(ブラック)
  • ドアミラー(ブラック)
  • 専用LEDヘッドランプ(ブラック塗装)
  • 専用フォグランプ(ブラック塗装)
  • 専用スチールホイール(ブラックメタリック塗装)

アウトドアに使うのにぴったりな装備があります。好みのスタイルにカスタムするベース車両にもよいでしょう。

スーパーキャリイの内装

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

スーパーキャリイの車内快適性は、その最大の強みと言っても過言ではありません。広い車内空間と、シートの位置や角度の調整機能が、他の軽トラにはないゆとりある運転体験を実現しています。これはスーパーキャリイならではの特徴です。

先に触れたように、シートリクライニング、ハイルーフ化、荷物を置くスペースの提供など、スーパーキャリイを選ぶことで、車内の快適性が大幅に向上します。

スーパーキャリイの内装の特徴

  • ヘッドレストが一体になったシート
  • 撥水加工を施したファブリック表皮
  • 助手席背面はシートバックテーブルとして使える
  • Xグレードならサイドサポート

スーパーキャリイならオーバーヘッドシェルフで、キャビン上部の空間を活用して、ファイルやボックスティッシュを収納できます。

さらに、車内には利用者のことを考えた細やかな収納スペースが多数設けられており、これらの機能を実際に体験するためにも、スーパーキャリイの試乗を強くおすすめします。

スーパーキャリイの収納スペースには、以下のものがあります。

  • インパネボックス
  • 大型インパネアンダーポケット
  • フロアトレー
  • インパネペンホルダー
  • インパネポケット

業務で使うのにも便利な収納スペースがあります。

スーパーキャリイの価格

スーパーキャリイ

  • X 2WD・5MT: 1,183,600円
  • X 2WD・4AT: 1,295,800円
  • X 4WD・5MT: 1,335,400円
  • X 4WD・4AT: 1,447,600円
  • L 2WD・5MT: 1,058,200円
  • L 2WD・4AT: 1,170,400円
  • L 4WD・5MT: 1,210,000円
  • L 4WD・4AT: 1,322,200円
  • Xリミテッド 4WD・5MT: 1,513,600円
  • Xリミテッド 4WD・4AT: 1,612,600円

キャリイ

  • KX 2WD・5MT: 1,069,200円
  • KX 2WD・4AT: 1,181,400円
  • KX 高低速2段切替え式4WD・5MT: 1,221,000円
  • KX 4WD・4AT: 1,333,200円
  • KC[受注生産] 2WD・5MT: 752,400円
  • KC[受注生産] 4WD・5MT: 904,200円
  • KCエアコン・パワステ 2WD・5MT: 882,200円
  • KCエアコン・パワステ 2WD・4AT: 994,400円
  • KCエアコン・パワステ 4WD・5MT: 1,034,000円
  • KCエアコン・パワステ 4WD・4AT: 1,146,200円
  • KCパワステ農繁仕様 4WD・5MT: 970,200円
  • KCエアコン・パワステ農繁仕様 4WD・5MT: 1,067,000円
  • KCエアコン・パワステ農繁仕様 4WD・4AT: 1,239,700円
あわせて読みたい
エブリィの値引き額は?競合車種と比較した特徴や軽バンを安く購入する方法 スズキの4ナンバーの貨物車で、軽自動車のキャブオーバータイプの車がエブリィです。他のライバル車種も販売されていますが、その中でも年間販売台数でトップになってい...

スーパーキャリイの遍歴

スーパーキャリイは、ラージキャブ仕様の派生モデルとして登場しています。2018年5月に発売が開始され、海外向けの車種名として用いられていたスーパーキャリイとなりました。

元々は東京モーターショー2017のコンセプトモデルがあり、東京オートサロン2018でレジャーユースを想定したカスタマイズが行われていました。

2019年9月に一部仕様変更されて、安全装備が充実するようになっています。また2021年8月の一部仕様変更では、メッキフロントガーニッシュの全車種標準装備やグレードにより「ぬかるみ脱出アシスト」の装備で、使い勝手が高くなりました。

あわせて読みたい
軽トラのおすすめはどれ?選び方やお得に購入する方法を解説 日本の狭い道や仕事にぴったりの車となる軽トラック、略して軽トラ。荷物の運搬をするだけでなく、アウトドアにも活用できる便利な車です。 しかしいざ購入するとなると...

キャリイとの違い

キャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

キャリイとスーパーキャリイの寸法の違いは以下の通りです。

スーパーキャリイX2WD・4ATキャリイKX2WD・4AT
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,885mm1,885mm
荷台 長1,480mm1,940mm
荷台 幅1,410mm1,410mm
荷台 高290mm290mm
荷台床面地上高650mm650mm
車両重量810kg750kg
最大積載量350kg350kg
車両総重量1,270kg1,210kg
燃料消費率(WLTC)15.4km/L15.7km/L
最小回転半径3.6m3.6m

さらに違いを見ていきます。

キャビンの大きさ

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

ルーフパネルがハイルーフ化されたことで、頭上スペースにゆとりがあります。通常であれば問題がなくても、ヘルメットを装着したまま乗車したときに窮屈ということもあるでしょう。

スーパーキャリイの頭上スペースならゆとりがあるので、作業着のまま乗車するときでも快適です。

運転席シートスライド量

  • スーパーキャリイ:180mm
  • キャリイ:140mm

スーパーキャリイは運転席が最大40°、助手席が24°のリクライニングです。さらに助手席側は最前のロック位置からのスライド量40mm、助手席のシートスライド量100mmになります。

キャリイよりもスライド量が増えるので、大柄の方でも快適に乗車できるでしょう。

装備の違い

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

頭上スペースがあるので、オーバーヘッドシェルフが装備されています。書類などを入れておくのにぴったりのスペースなので、業務で活躍します。

さらにシートバックスペースポケットや助手席シートバックテーブル、運転席バニティーミラーが装備されています。

積載能力の違い

スーパーキャリイ

画像引用元:キャリイ スーパーキャリイ|スズキ

荷台長の違いがあります。スーパーキャリイは、キャリイと比較して460mm短くなっており、その分キャビンが広くなります。

一方で最大積載量は変わっていないので、移動中の快適性を重視するならスーパーキャリイがおすすめです。

キャビンのシートバックスペースは、高さ920mm、長さ250mm、横幅1,235mmあります。荷台ではなく車内に置いておきたい工具や種類などを入れておくのに便利なスペースです。

荷台長は1,480mmですが、荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトになっているので、荷台フロア長は1,975mmです。これは、通常のキャリイよりも長い数値になっています。

シートバックスペースは、アクセサリーを組み合わせると便利に使えます。マルチルーフバーやユーティリティーカラーリングフックなどで便利に活用できるでしょう。

あわせて読みたい
【ハイゼットカーゴのモデルチェンジ】17年ぶりの変更点や特徴 2021年12月にダイハツの軽商用車のハイゼットカーゴがフルモデルチェンジしました。商用車の半数を占めるとも言える軽商用車ですが、ハイゼットカーゴはロングセラーモ...

スーパーキャリイと競合車種との比較

ハイゼットジャンボ

ハイゼットジャンボ

画像引用元:ハイゼットトラック |ダイハツ

ハイゼットジャンボはエクストラに対して、室内高90mm、室内長270mmでキャビンを拡大しています。スーパーキャリイと同様に、キャビンが大きくなっているので、快適に乗車しやすいキャビンです。

スーパーキャリイと比較すると、先進装備が充実しているのが特徴です。スーパーキャリイは夜間の歩行者を検知しますが、ハイゼットトラックは昼夜の歩行者と車両を検知してくれます。検知する条件が異なるので、装備の比較をするとよいでしょう。

またADBアダプティブドライビングビームやキーフリーシステムが採用されているのも特徴です。スーパーキャリイはキーレスエントリーなので、日常の使い勝手も異なります。

ハイゼットジャンボはボディカラーは計7色と多めです。色の系統も多いので、好みのカラーを選択しやすいでしょう。

同じコンセプトとはいえ、随所に違いがあるので、実車を比較してみるのをおすすめします。

お得に車を購入する方法

未使用車

お得に軽トラックを購入したい方におすすめしたいのは、未使用車の購入です。未使用車とは登録済(届出済)未使用車とは初度登録されていて一般の運行に供されていない車のことです。

登録されていてもコンディションは新車に近いので、長く安心して乗りたい方におすすめの購入方法といえるでしょう。軽トラックならグレードも限られているので、納車までの期間が短い未使用車はおすすめ。

ぜひ最新の在庫情報から、好みのモデルがあるかチェックしてください。

目次