エンジンオイル交換の頻度や目安はどのくらい?交換しないとどうなる?

エンジンオイルの交換頻度は?

車のオイル交換の目安として一般によく言われるのは、5,000kmまたは6ヶ月に1回です

ただ、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなど、ショップによっては3,000kmごとに交換と言われたり、1年に1回の交換で良いと言われたり、いろいろな情報がありすぎて、実際のところどれくらいがベストなのかわかりにくいですよね。

そこで、そもそもなぜエンジンオイルを交換しないといけないのか?どれぐらいのサイクルでオイル交換をすればいいのか?などをまとめてみました。

目次

エンジンオイル交換をする理由とは

では、なぜエンジンオイルには交換が必要なのでしょうか。
もしオイルが減るだけなのであれば、わざわざ交換しなくても継ぎ足せば良いのでは?
と思いますよね。

しかし走行距離が増えることや時間の経過によってエンジンオイルは劣化します。

「潤滑油」であるエンジンオイルには適度な粘り気が必要であり、本来のエンジンオイルはドロドロとしていますが、劣化したエンジンオイルは粘度が低下してサラサラになります。するとサラサラのエンジンオイルでは油膜を形成しづらくなり、摩耗が進む原因になります。

また劣化したエンジンオイルは清浄性能も低下し、エンジン内部で発生する燃えカスや不純物が溜まりやすくなります。

劣化したエンジンオイルを使い続けると、燃費の悪化や加速力の低下といった悪影響が出るほか、エンジンの寿命そのものを縮めてしまうことにもなりかねません。最悪の場合、エンジンの故障の可能性も生まれてしまいます。

エンジンをいつまでも調子よく保つためには、エンジンオイルの定期的な交換が大切です。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルはエンジンを正常に動くのに重要な部品です。主に以下のような作用があります。

  • 潤滑作用
  • 密封作用
  • 洗浄作用
  • 防錆作用
  • 冷却作用

潤滑作用

エンジン内にはピストンやカムシャフトなど高速回転している部品が多数あります。そのため、金属同士の摩耗を軽減するためエンジンオイルで潤滑します。

密封作用

シリンダーとピストンの間には、わずかな隙間があり、その間にオイルの膜があります。エネルギーを効率よく使うためにも密封します。

洗浄作用

燃焼すると、どうしても汚れが発生します。エンジン内の汚れが性能を低下させないために、エンジンオイルの洗浄作用が大切です。

防錆作用

エンジン内部の温度差によって発生した水分は、錆の原因となりえます。エンジンオイルは錆の発生を予防させる作業もあります。

冷却作用

エンジン内部は高温になりますが、各部をまわったエンジンオイルは冷却作用もあります。

「チョイ乗り」にはこまめなオイル交換を!

あまり車に乗らないからといって、必ずしもオイル交換もあまり必要ないというわけではありません。
近くのスーパーの往復だけと言った1回あたりの走行距離が短い、いわゆる「チョイ乗り」を繰り返すような車の使い方には要注意です。

通常ですとガソリンの燃焼過程で発生する水分などはエンジンが暖まることで蒸発しますが、短距離走行ではエンジンが十分に暖まらず、蒸発しきらないまま残ってしまいます。
つまりチョイ乗りを繰り返すことでエンジンオイルに水分が混じりやすくなり、劣化が早まるのです。

チョイ乗りの目安としては1回あたりの走行距離が8km以下が該当します。
こういったチョイ乗りの繰り返しは「シビアコンディション」と呼ばれる状況に相当し、エンジンオイルの劣化を早める以外にも、車にとても負担をかける乗り方です。

最近チョイ乗りが多いなと感じるようでしたら、こまめなオイル交換&点検がおすすめです。

オイル交換が必要になる走行距離は?

一般に5,000kmまたは6ヶ月に1回と言われるオイル交換サイクルですが、メーカーの基準はこれとは大きく違います。

例えばトヨタの場合ですと、ガソリン車のオイル交換時期の目安は、15,000kmまたは1年となっています。

トヨタのオイル交換時期の目安
車種 標準交換時期 シビアコンディション時
ガソリン車 15,000km、または1年 7,500km、または6ヶ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヶ月 2,500km、または3ヶ月
ディーゼル車 5,000km~20,000km、
または半年~1年ごと
2,500km~10,000km、
または3ヶ月~半年ごと

参考:メンテナンスについて | エンジンオイル・オイルフィルター | トヨタ自動車WEBサイト

ディーラーによってオイル交換の目安となる走行距離は異なりますが、整備工場などではオイル交換に関連したトラブルなどの経験もあるため、早めの交換をすすめるケースがあります。

カミタケモータースでは、4,000kmもしくは半年に1回のオイル交換をおすすめしています。早めの交換をおすすめする1つの理由は、どのようなコンディションで走行したのか把握しにくいというものです。

軽自動車やコンパクトカーであれば、エンジン回転数が高くなる傾向があるため、車にとってベストな状態を保つためにも早めの交換をおすすめしています。

走行距離以外にもオイル交換次期の基準となる目安はある

基本的には3か月から6か月

走行距離以外にも、経過した日数による目安もあります。基本的には3か月から6か月が目安です。

もちろん走行距離が4,000kmを超えたのであれば、3か月以内でも交換する方がよいでしょう。

山道の走行が多いなら早めに交換

走行距離や経過日数の他に走行する環境にも注意が必要です。山道の走行が多いケースでは早めの交換を考慮します。凹凸が激しい道路を走行したり、坂道が続く道路を走行する機会が多かったのであれば、エンジンに与える負荷も多くなります。

メーカーが推奨している期間を交換時期の目安にしながらも、早めに交換しておくのはおすすめです。

エンジンオイルを交換しないと発生するリスク

エンジンオイルが劣化したり汚れたりすると、以下のようなリスクがあります。そのため、定期的に交換する必要があるのです。

燃費の低下

エンジンオイルが劣化してしまうと、摩擦抵抗が増えたり、密封作用の低下が見られたりします。エンジンの効率が低下してしまうので、どうしても燃費低下になりがちです。

交換時期を過ぎていくと燃費が悪くなっていくため、よく確認しておきましょう。燃費をよくチェックする習慣を持っておくと、走行距離に気を配るためエンジンオイルの交換時期にも気がつきやすくなるでしょう。

エンジンから異音や騒音が発生する

エンジンオイルは潤滑作用や密封作用があるため、スムーズに動いています。エンジンオイルが劣化したり、汚れが蓄積したりすると、ピストンとシリンダー内がスムーズに動かなくなります。

摩擦が増えることでエンジンから異音や騒音が発生するケースもあるでしょう。交換目安時期を超えたならすぐに異音や騒音が発生するということはないとしても、放置しておくと徐々に異音が発生することはあります。

エンジン故障

エンジンオイル交換を全くしないでいると、汚れが蓄積して、最悪の場合にはエンジンの焼き付きの原因となります。

エンジンが焼き付いてしまうと、エンジン交換になることが多くなります。エンジン交換になると、何十万円も費用がかかりますし、その間車に乗ることもできません。手間と費用がかかることを考えると、オイル交換を定期的にする方がコスパがよいでしょう。

まとめ

  • 一般的なオイル交換の目安は、5,000kmまたは6ヶ月に1回
  • チョイ乗りが多い場合など、都市部にはオイルに厳しい運転環境が想定されるので、カミタケでは4000kmまたは6ヶ月に1回を推奨しております。

オイル交換のサイクルは、普段どんな乗り方をしているかやターボ搭載車であるかどうかなどの条件によって変わるので、何kmまたは何ヶ月で交換してください!とは一概には決められません。

まずは一般的な目安である5,000kmまたは半年に1回の交換を行って、不安があれば信頼できるショップやディーラーに相談するのが良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい
カミタケのオイル交換|車検特典オイル交換2年間無料&アプリで簡単予約 【カミタケのエンジンオイル交換】 ①わかりやすい価格設定! カミタケのオイル交換はオイル代と工賃をあわせた一律の価格設定です。 料金体系が不透明なお店は不安、オ...
目次
閉じる