特集記事

【2020年最新版】女性に人気がある軽自動車は?人気車種とおすすめ理由を徹底解説

女性に人気軽自動車ランキング

女性にも人気がある軽自動車は、見た目がかわいい車種から燃費性能が高いモデル、また子育てにピッタリのモデルまで様々な車があります。

女性向けに内装や外装がかわいくアレンジされているモデルや、アウトドアに適したデザインの車もあります。

特に女性が車選びをするときは、気軽に乗りこなせるか、また女性にぴったりなかわいいデザインか、ということが選択のポイントでしょう。

では軽自動車で人気があるモデルはどの車でしょうか?女性に人気がある軽自動車とその理由を解説します。

泉本
泉本
私がこの記事を書きました!
泉本 光貴(いずもと こうき)
二級自動車整備士

自動車整備士学校在学中に二級自動車整備士を取得。卒業後カミタケモータースへ入社し整備士歴6年が経過。 期間中飛躍的な成長力でカミタケモータース整備士の中でも、2人目となるシニアトレーナーとして現在活躍しながら お客様にとって安心できるカーライフを送って頂くために、日々腕を磨いております。

軽自動車とは?

軽自動車は、維持費の安さやコンパクトな車体でも広い車内などの理由から人気の高いジャンルです。さらに一定の規格内に収まっているサイズとなっています。

  • 排気量:660cc
  • 全長:3.4m以下
  • 全幅:1.48m以下
  • 全高:2m以下

上記の規格を超えてしまうと、普通自動車としての登録となります。

軽自動車の魅力とは?

画像引用元:スズキ

軽自動車にはどのような魅力があるでしょうか?

  • 維持費が安い
  • 小回りが利く
  • 燃費が良い

上記の魅力があるので、軽自動車は女性にも人気です。

維持費が安い

軽自動車は税金や車検などの維持費が安く済みます。例えば、排気量1L以下の普通自動車は自動車税として年間で25,000円が必要ですが、 軽自動車なら軽自動車税は年間で10,800円です。

軽自動車の消耗品は、普通自動車と比較して安価に販売されていることも多く、故障時や車検のメンテナンスの費用が安く抑えることができます。

小回りが利き運転が楽

ボディがコンパクトで小回りも利きやすく運転がしやすいことも特徴です。全幅は1,480㎜以下と規格で決められていますので、狭い道でもスイスイと運転できます。運転に自信がない方でも、コンパクトなボディであれば不安なく運転できるということも多いでしょう。

トールワゴンやスーパーハイトワゴンなら車高が高いことから、運転席からの視界も良く見切りの良さにもつながっています。

燃費が良い

軽自動車は普通自動車よりもコンパクトで重量も軽いので、燃費が良いモデルが多くあります。ハイブリッドが搭載されていたり、ハイブリッドカーに迫る30km/Lを超える燃費の車種も選択できます。燃費が良ければ、日常の足として使うときでも気兼ねなく運転できるので、車を生活の足とする必要がある地方でも人気です。

なぜ女性に人気なのか?

タント ピラーレス

画像引用元:ダイハツ

なぜ女性にも人気なのでしょうか?ただデザインがかわいいというだけでなく、内装のデザインや女性が使いやすいようにポイントを抑えた設計という機能性も人気の理由です。

例えば、スーパーハイトワゴンではスライドドアを採用しているので、開口部が大きくなっており、子どもを乗せたり、降ろしたりするときに便利です。ベビーカーを載せるときでも大きくドアが開くと簡単に積載できます。

またタントのようにピラーレス構造になっているモデルであれば、大きな開口部がさらに大きくなり、使い勝手が広がります。

デザインがかわいいモデルも多いです。ムーヴキャンパスはスライドドアを採用していて機能性もあるのですが、丸くてかわいいデザインを採用していることが特徴です。かわいらしさと機能性が両立されている車です。

軽自動車の特徴でもあるコンパクトなボディだけでなく、優れた機能性を持ち合わせた車種もあるので、軽自動車は人気を集めています。

部門別!女性に人気の軽自動車ランキングTOP5

ここからは女性に人気の軽自動車をランキング形式でご紹介します。

  • デザイン重視
  • ファミリー向け
  • アウトドア向け

上記の3つのポイントから、おすすめ車種と特徴を見ていきましょう。

女性に人気の軽自動車デザイン部門TOP5

1位 ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

画像引用元:ダイハツ

丸いデザインが特徴のムーヴキャンパスは、スクエアでありながらも角が丸くなっているのが魅力のポイントです。シンプルなデザインでありながら、ツートンカラーがさらにかわいさをアピールしていますね。レトロなデザインですが、ベージュを基調として女性向けになっています。

かわいさだけでなく、機能性も優れており、荷室が広いこと、後部座席の下に収納があるので便利です。またスライドドアを採用しているので、開口部が広くなっているという機能性も見逃せません。

デザインのおすすめポイント!
・かわいいツートンカラー!
・レトロなデザイン
・角が丸いスクエアスタイル

新車価格:119万円~
燃費:20.6km/L(WLTCモード)

2位 ラパン

ラパン

画像引用元:スズキ

ラパンはアルトをベースに開発されているモデルで、内装と外装がかわいいスタイルになっています。ラパンはフランス語で「うさぎ」という意味。シンボルキャラクターとなっているので、うさぎのモチーフが随所にデザインされています。

デザインがおしゃれなだけでなく、インテリアが自宅にいるようなかわいいスタイルです。燃費性能にも優れており、アイドリングストップを搭載しています。新アイドリングストップシステムでは、減速時に時速約13km/h以下になると、自動でエンジンを停止します。カタログ燃費も25.2km/Lと低燃費でお財布にも嬉しいです。

デザインのおすすめポイント!
・うさぎがモチーフでかわいい
・丸目のヘッドライト
・インテリアもポップでかわいい

新車価格:121万円~
燃費:25.2km/L(WLTCモード)

3位 ハスラー

ハスラー

画像引用元:スズキ

ハイトワゴンとSUVを組み合わせたクロスオーバータイプの車がハスラーです。日常での使いやすさとアウトドアでのアクティブさが似合う車ですが、丸いヘッドライトやツートンカラーを選択できるなどと、かわいさも兼ね備えています。

インテリアもポップなデザインが採用されており、カラーパネルをパイプでつないだようなインストルメントパネルが特徴です。車体色に合わせたドアトリムになっていて、カラフルさがかわいいですね。遊び心があるデザインが魅力となっています。

デザインのおすすめポイント!
・アクティブに使えてかわいい
・インテリアもポップでカラフル
・悪路もしっかり走破できる

新車価格:136万円~
燃費:25.0km/L(WLTCモード)

4位 キャスト

キャスト

画像引用元:ダイハツ

キャストはダイハツのプレミアム軽として、ファッション性を高めたモデルです。プレミアム感がある「スタイル」、アウトドア向けの「アクティバ」、スポーティな「スポーツ」の3種類があります。カラーバリエーションだけでなく、タイプの異なるモデルから選択できます。(現行はスタイルのみです。)

どのスタイルでも丸みのあるデザインで細部までこだわったスタイル、また好みのカラーでカラフルなのが特徴です。スタイルとカラーリングなどを含めたデザインがキャストの魅力です。

デザインのおすすめポイント!
・カラフルなインテリア
・3つのスタイルから選択できる
・丸みのあるデザイン!

中古車価格:2017年式 45万円~
燃費:20.1km/L(WLTCモード)

5位 N-ONE

N-ONE

画像引用元:ホンダ

ホンダのN-ONEは2012年から発売されているN360をモチーフとしたハイトワゴン。丸形のヘッドライトがレトロ差を感じさせながらも、高い走行性能を実現しているモデルです。軽自動車でもワンメイクレースを行うほど、見た目からは考えられないほどの走行性能を持っています。

多彩なボディカラーが設定されているので、自分の好みの色を選択できますし、ツートンカラーもかわいくおしゃれなスタイルです。自分好みの1台に仕上げたい方にぴったりのモデルです。

デザインのおすすめポイント!
・クラシックな見た目
・ツートンカラーでおしゃれ
・プレミアムな質感が魅力

新車価格:159万円~
燃費:23.0km/L(WLTCモード)

女性に人気の軽自動車ファミリー部門TOP5

ファミリーカーとしてもおすすめできる軽自動車を見ていきます。使いやすい機能性が女性にも人気です。

1位 N-BOX

N-BOX

画像引用元:ホンダ

国内での販売台数を伸ばしているN-BOX。スーパーハイトワゴンでスタライドドアと広い車内空間、さらに多彩なシートアレンジや収納などが人気の理由です。スペーシアやタントなどライバルがひしめくジャンルですが、それでもN-BOXの人気は高いです。

ホンダのセンタータンクレイアウトを採用しているので、低床なことから車内空間が十分に保たれており、ミニバンに匹敵するほどの広さになっています。ホンダセンシングを搭載しているので、安全装備の面でも充実しています。

ファミリーにおすすめできる理由
・センタータンクレイアウトで広い
・ホンダセンシングで安全に運転できる
・現行モデルはさらに魅力アップ

新車価格:131万円~
燃費:21.8km/L(WLTCモード)

2位 スペーシア

スペーシア

画像引用元:スズキ

スズキのスーパーハイトワゴンのスペーシアは、女性目線で開発された1台です。女性へのヒアリングを重視して開発されているだけに、ファミリー向けの軽自動車といえます。インテリアの利便性も高くなっていて、インパネにティッシュボックスを用意していたり、ポケットの数が多くなっていたりと、使いやすい車です。

またハイトワゴンではトップクラスの低燃費を実現しているなど、子育てをしているファミリー世帯にぴったりのモデルです。スーツケースをモチーフとしたかわいいデザインも魅力的。

ファミリーにおすすめできる理由
・トップクラスの低燃費
・利便性が高い
・スーツケースのようなデザイン

新車価格:129万円~
燃費:22.2km/L(WLTCモード)

3位 タント

タント

画像引用元:ダイハツ

ダイハツの人気モデルであるタントも、ファミリーにおすすめできる1台です。スーパーハイトワゴン定番のスライドドアだけでなく、ピラーレスデザインを採用しているので、開口口が広くなっていて乗り降りがしやすいです。

降車時に予約していると、車に近づくだけでドアが開く「ウェルカムオープン機能」や「タッチ&ゴーロック機能」も便利。かわいさと実用性の高さが魅力的なモデルです。

ファミリーにおすすめできる理由
・ピラーレスで開口口が広い
・かわいさと実用性のバランスが良い
・低燃費でおサイフに優しい

新車価格:124万円~
燃費:21.2km/L(WLTCモード)

4位 ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

画像引用元:ダイハツ

ムーヴキャンバスはスーパーハイトワゴンほどの車内空間はありませんが、それでも荷物を収納するスペースが多いのでファミリー向けです。例えば、リアシートの下に引き出しがあって収納することができたり、細かな荷物置き場が随所にあるので便利に使えます。

かわいいデザインですので、女性の方にぴったりともいえます。また安全装備もスマートアシストⅢが搭載されているので、万が一の被害の軽減やアクシデントを予防。安心して乗ることができる車です。

ファミリーにおすすめできる理由
・使い勝手が良いインテリア
・かわいいデザインで女性向け
・スライドドアで乗り降りしやすい

新車価格:143万円~
燃費:20.6km/L(WLTCモード)

5位 ルークス

ルークス

画像引用元:日産

日産のスーパーハイトワゴンのルークスは、ファミリーにもおすすめできるモデルです。高機能で使いやすいので、子育て世代はもちろんのこと、大型車が不必要になったファミリーにもおすすめできます。

低床なので後席に乗り降りするときもスムーズですし、スライドドアの開口部もクラス最大級の広さです。車高も十分に高いので、子どもをチャイルドシートに座らせたり、子どもが立ったまま着替えたりすることも簡単にできます。

ファミリーにおすすめできる理由
・広い車内で使いやすい
・随所にある収納が便利
・ハイブリッドエンジンも選択可

新車価格:141万円~
燃費:20.8km/L(WLTCモード)

女性に人気の軽自動車アウトドア部門TOP5

アウトドアに出かけたい女性におすすめの軽自動車をご紹介します。

1位 ハスラー

ハスラー

画像引用元:スズキ

オフロードでも対応できる走破性が魅力のハスラーは、軽自動車の中でも人気モデルです。丸めのヘッドライトでかわいいスタイルですが、ちょっとした悪路でも走破できるので、キャンプ場などで非舗装路があっても安心です。

ブレーキサポートやモニターなどの安心できる装備も充実していること、空間が拡大しているので荷物の積載性や車内を広く使えるようになっていることもおすすめできる理由です。

アウトドアにおすすめの理由
・走破性の高さ
・汚れがつきにくいリアシートの背面
・4WDなら悪路から雪道まで安心

新車価格:136万円~
燃費:25.0km/L(WLTCモード)

2位 ジムニー

ジムニー

画像引用元:スズキ

かっこよいデザインであるだけでなく、本格的な走破性の高さがアウトドアにぴったりです。タフなデザインなだけでなく、実用性の高さからアウトドアを楽しみたい女性におすすめしたいモデルです。

走りやすさを追求したエンジンは、低回転から力強く走れるので、悪路などの過酷な状況でも本領を発揮します。カスタマイズするのも容易なので、自分好みのジムニーを作り上げられます。

アウトドアにおすすめの理由
・本格SUVの魅力
・カラーも豊富で女性にもぴったり
・おしゃれにカスタムもできる

新車価格:148万円~
燃費:16.2km/L(WLTCモード)

3位 タフト

 

タフト

画像引用元:ダイハツ

ダイハツから発売されているタフトは、日常使用からレジャーまでアクティブに使える軽自動車です。武骨でワイルドな表情をしているのが特徴ですが、さらに注目したいのはガラスルーフを搭載していることです。開放感のある景色を楽しむことができ、アウトドアに出かけるときにリラックスできるでしょう。

汚れにくいシートバックが採用されているので、アクティブに遊んだ後でも汚れを気にせずに積載できます。ラゲッジスペースは分割でき、3人乗車とたくさんの荷物という使い方も問題ありません。

アウトドアにおすすめの理由
・アウトドアにピッタリのデザイン
・ガラスルーフの開放感
・アクティブに使える内装

新車価格:135万円~
燃費:20.5km/L(WLTCモード)

4位 ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

画像引用元:ダイハツ

ムーヴキャンバスはかわいいデザインの軽自動車。スタイルや機能性に優れているだけでなく、アウトドアで使うこともできます。載せたい荷物に合わせて自在にシートアレンジを変更できるので、アウトドアで使いたい荷物を簡単偽記載できます。

洗えるシートクロスを採用しているので、アウトドアに出かけて汚れてしまっても取り外して手洗いも可能です。ボディ色とコーディネートして、6タイプから選択できます。

アウトドアにおすすめの理由
・シートクロスは洗える
・多彩なシートアレンジ
・ドライブに便利な収納が多数ある

新車価格:143万円~
燃費:20.6km/L(WLTCモード)

5位 ウェイク

 

ウェイク

画像引用元:ダイハツ

ウェイクはアクティブに使えるスーパーハイトワゴンです。アウトドアに出かけるときには、荷物も多くなりがちですが、ウェイクなら車内や荷室が広いので十分な積載力がありたくさんの道具も問題なく積載できます。

アンダートランクや高さを活かした収納を作ることで、さらにたくさんの荷物を収納できます。車内のアレンジにも優れており、デッキボードを取り外して使ったり、ラゲッジボードを作業台として使うことも可能です。

アウトドアにおすすめの理由
・積載性に優れている
・圧倒的な広さ
・アウトドアで使うことを考えた作り

新車価格:137万円~
燃費:17.4km/L(WLTCモード)

軽自動車を買うなら中古車?新車?

軽自動車を購入するときに、中古車で購入するのか、それとも新車で購入するのか検討するかもしれません。

中古車であれば車体価格が安いことから、コスパが良いと思いがちです。しかし軽自動車は人気なゆえに、中古車で購入してもお得感がないことが多いです。

例えば人気のN-BOXの場合、2020年11月時点で3年落ち、2017年のモデルでも90万円近い価格になっています。走行距離は7万kmを超える車体でも、90万円近い値段です。

数年乗った後には10万kmをゆうに超えることから、車体の価値が大きく下がることは避けられないでしょう。しかし新車で購入するのには予算が厳しいという方におすすめしたいのは、未使用車という選択肢です。

登録されてワンオーナーではないというデメリットはありますが、N-BOXなら車体価格119万円(2020年11月時点)から購入できます。数年後に価値が大きく下落してしまう車であれば、少しの予算を付け足して未使用車を選択するのは賢い方法です。

参考:価格.com

軽自動車はお得に買う方法

軽自動車を買うには、未使用車がおすすめだという説明をしましたが、未使用車はオプションやグレードが自分では選択できないという懸念点があります。そこで在庫をたくさん持っている店舗で車探しをすると良いでしょう。

在庫があれば、自分の好みのグレードを探すことができますし、実車を見て比較検討することも可能です。弊社カミタケモータースでは、総在庫1,000台、常時展示300台の中からお好みの車を選べます!

新車と変わらない状態の車で安心して乗ることができますし、延長保証プランもあるのでより安心です。

変わらない人気がある軽自動車を賢く買いたい方におすすすめの方法です。ぜひ最新の在庫情報をチェックして、好みのモデルを選択できないかご覧になることをおすすめします。

最新の在庫情報はこちらから

枚方店在庫検索
在庫検索奈良店
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。